CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
«お久しぶり!! | Main | 蝸牛庵日乗 2010年1月1日 第14号 続き»
プロフィール

カタツムリさんの画像
カタツムリ
プロフィール
ブログ
<< 2011年08月 >>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
岡山NPOセンター川上
ウォンウィンツァンさんコンサート (08/26)
ソルティはかた
人生、最高の書斎にて (08/15)
ごとう
やっと発刊! (07/14)
pnetねこ
蝶の舞う海 (05/22)
さいとう
絆が苦手 (05/13)
最新トラックバック
NPODay (06/11)
月別アーカイブ
リンク集
加藤哲夫の蝸牛庵日乗 2010年1月1日 第14号 [2010年01月04日(Mon)]
□■□■□加藤哲夫の蝸牛庵日乗 2010年1月1日 第14号□■□■□

皆様、良いお年をお迎えになりましたか?
仙台の新年は、雪がチラつきましたが積もらず寒風の正月です。
今年もよろしくお願いいたします。

◆目次
  ■1.発信力低下と向上?
  ■2.相変わらずの仕事漬け?
  □3.政権交代と日本サードセクター経営者協会の設立
  □4.官僚亡国?
  □5.地域コミュニティ支援とは?
   →□は続きのブログへ

■1.発信力低下と向上?

ご無沙汰お詫び申し上げます。(一部の方は最近やりとりをしているかも知れま
せんが、大多数の方々には本当にご無沙汰していると思います。)
何しろ、ブログもメルマガもさっぱり発信できていませんでしたね。
本もほとんど書けていません。(報告書は書いています。)

年々発信力が下がってきたかも知れません。

その反対に、センター自身の発信力は確実に高まっています。

2008年6月にオープンした「みやぎの公益ポータルサイトみんみん」は、情報開
示と発信の必要性に対する理解が進み、多くの情報ライブラリー登録団体に活用
していただいてブログの情報発信がにぎやかです。

さらに栃木、千葉、京都、島根、岡山など全国的にも情報開示のポータルサイト
が展開され、私たちが宮城県で先駆的に開発・展開してきたものが、全国化して
います。「みんみんポータル」の兄弟が増えていくのは嬉しいですね。

そして、情報の開示と発信によって社会的な注目が集まり、団体が大きく成長す
るのを見ることが増えました。これがもっとも嬉しいことです。

 →みやぎの公益活動ポータルサイトみんみん
         http://minmin.canpan.info/

更に、受託管理をしている各施設のHPとブログによる発信も増え、ようやく全
体での発信戦略を議論できる体制になってきました。

▲せんだい・みやぎNPOセンターHP http://www.minmin.org/
 せんだい・みやぎNPOセンターブログ https://blog.canpan.info/minmin/
 仙台市市民活動サポートセンターHP http://www.sapo-sen.jp/
▼仙台市シニア活動サポートセンターブログ https://blog.canpan.info/sendai-senior/
▼多賀城市市民活動サポートセンターHP http://www.tagasapo.org/
 多賀城市市民活動サポートセンターブログ https://blog.canpan.info/tagasapo/
▼名取市市民活動支援センターブログ https://blog.canpan.info/natori/

▼は新規開店、▲はリニューアル途中です。

うーん、ややこしいですねえ〜
おまけに、それぞれにニュースレター(紙媒体)を5つも発行しているのですよ〜!


■2.相変わらずの仕事漬け?

さてさて、話がずれてしまいました。
毎年のことですが、旧年中はほんとうにお世話になりました。

加藤哲夫は8月31日で還暦
せんだい・みやぎNPOセンターは、11月1日で満12年、13年目に突入です。
仙台市市民活動サポートセンターは、6月30日で満10年
仙台市シニア活動支援センター、多賀城市市民活動サポートセンター、名取市市
民活動支援センターと関わる市民活動支援の公共施設が増えました。

センター内部の会議で、私の出席が必須の会議は合計60回。相変わらずほとんど
出席しました。もちろん多数の内部打ち合わせと行政など対外的な打ち合わせは
無数にしています。

あとは、主催事業のコーディネーター、共催事業や会議の出席、依頼された研修
やワークショップの講師などの仕事で、年間150回以上全国を駆け回りました。
手帳を見直すと気が遠くなる仕事量ですね。数えるのが途中で嫌になりました。

しかし、こんな中でしたが、センターは大きな変化があり、厳しい夏を越えてス
タッフがより責任を持って働く体制が構築できたのではないかと思います。いろ
いろ苦労はありましたが、実はそれが昨年一番の成果だと考えています。なにし
ろ40人近くのスタッフが4つの施設と1つの事務所で働いています。意識を統一し、
組織力を高めるには、それなりのリーダーシップと大きなエネルギーがいります。

私ももう60歳になり、身体もなかなか思い通りに動かなくなっています。いつま
でもこの組織のトップをやっているわけにはいかないと思っています。スタッフ
が育つのは嬉しいものです。

ちなみに誤解のないように書いておきますが、センターは基本的にボトムアップ
型の組織でして、私が一人で決めているものはほとんどないと言っていいのです。
私がしている仕事は、スタッフと幹部が考えたことの修正と追認と対外的な責任
を負うこと、スタッフの研修、方向性と戦略議論の取りまとめ、外部理事への説
明責任、対外的な発言と発信により方向性を示すこと、対外折衝、内部統制シス
テムの確認などです。

いろいろなところで後継者難ということばが語られますが、あまり気にしていま
せん。私の代わりはそう簡単にはいないと思いますが、ちゃんとした組織になっ
ていれば、私が突然いなくなっても、なんとかやっていけるものです。そして、
そういう組織になってきたと思います。

また、人材はそう簡単には出てこないので、京都にならって学生NPOインター
ンシップなどの長期的な地域公共人材育成の取り組みが必要ですね。これは仙台
の大きな課題です。
 → 一般財団法人地域公共人材開発構 http://colpu.org/

続く→https://blog.canpan.info/katatsumuri/archive/129


コメントする
コメント