CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
«今年もあと少しですね。 | Main | 加藤哲夫の蝸牛庵日乗 2010年1月1日 第14号»
プロフィール

カタツムリさんの画像
カタツムリ
プロフィール
ブログ
<< 2011年08月 >>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
岡山NPOセンター川上
ウォンウィンツァンさんコンサート (08/26)
ソルティはかた
人生、最高の書斎にて (08/15)
ごとう
やっと発刊! (07/14)
pnetねこ
蝶の舞う海 (05/22)
さいとう
絆が苦手 (05/13)
最新トラックバック
NPODay (06/11)
月別アーカイブ
リンク集
お久しぶり!! [2009年12月30日(Wed)]
29日の朝日新聞のひと欄を見ていたら、懐かしい顔が載っていた。中野真樹子さん。

もう20年も前のこと、私がやっているカタツムリ社という出版社から、『実験動物の解放』と『野生動物の解放』という2冊の、手描き本を出版させていただいた方です。その頃から動物のことに熱心で、土砂降りの雨の中、自分の身体より大きな怪我をした犬を拾ってきたり、突然アラスカに行ってシロクマと会ってきたり、小さな身体の大物だったのですね。記事の写真につけられた年齢が41歳だから、当時はまだ20歳そこそこだったわけで、動物について私が関心を持ち、自治体職員研修などでも、発言してきたのは、いろいろなことを、なかのさんに教わったからなのです。

その後、仙台から去り、獣医師になり、新聞記事によると、路上生活者が飼う犬や猫のケアをしているというのです。あー、ほんとうに変わっていないですねえ。

先日、このブログにコメントをいただいたのですが、ほんと懐かしい。お元気で何よりです。

『野宿に生きる 人と動物』駒草出版が出るそうです。
買いますね。

うーん、なんで写真が半分になってしまうのか・・・
よかったよかった。小さくしたら、雰囲気はわかるね。

【ひとの最新記事】
コメントする
コメント