CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

2020年05月14日

5月14日(木)

3年生の授業をのぞいてみると、
先日、町たんけんで見つけたことを
地図にまとめる学習をしていました。

その名も「かしまっぷ」!!
DSC06005.JPG

建物や施設を地図記号で表したり、
家がある場所は赤、畑は黄緑…のように
土地の使われ方を色分けしたりしています。
DSC06006.JPG

DSC06007.JPG

鹿島の町には、どんな発見があるのでしょうね。
私たち大人が知らないことに気づくかもしれません。
仕上がりが楽しみです。

そして、先日の表現タイムから後、
子どもたちの様々な発見を俳句にできないか、
私たち職員も思案中です。
そこで、講師を務めてくださった校長先生の作品をご紹介。

「早すぎた? 桜に訪ねた 鯉のぼり」
KIMG1669.JPG

端午の節句を過ぎた頃に、校庭の片隅に咲いている桜の花を見つけたそうです。
元気よく泳ぎ始めた鯉のぼりが、
自分の出番が早すぎたのか?と桜に確かめている句だそうです。

「三密を ご存じないか 鯉のぼり」
KIMG1668.JPG

気持ちよく泳げるようにと、等間隔で設置した鯉のぼり。
いつの間にか雄と雌の鯉のぼりが寄り添うように
ぴったりくっついてしまっていたそうです。
ただ、時はコロナ対策の真っ最中。
「三密」は我慢した方がいいのでは…とアドバイスした句だそうです。

こうやってみると、身近なところに俳句の素材はたくさんあって、
ほんの少し見方を変えてみると、面白いことに気づくものだなと
俳句にチャレンジしてみたくなりました。

今日の給食は、パエリア、ラビオリのトマトソース煮、
ほうれん草のソテー、牛乳でした。
DSC06003.JPG
posted by 国分 at 13:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々の出来事