CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

2021年04月06日

3月31日〜4月5日

ウミネコ留学生の巣立ち,転出児童との別れ,お世話になった教職員の見送り等,鹿島港での別れを行い,寂しさが募る毎日でした。

3月31日(水)に,お一人新しい先生をお迎えしました。
港での歓迎式は,鹿島ならではの思い出に残る素敵な風景です。

HORIZON_0001_BURST20210331134247025_COVER.jpg

4月2日(金),校庭には転入してきた子ども,ウミネコ留学で来島した子どもがさっそく遊んでいました。そこに,地元の子も加わり,あっという間に楽しい遊びの時間になりました。子どもたちの「なじむ」力,大人も見習いたいところです。

IMG_5390.jpg

また,ある職員が転入してきたばかりの子どもたちにリングを貸し出し,ケンケンパの遊びを教えていました。その翌日の夕方,校庭に下の画像のような○が残されていました。おそらく,その遊びを自分たちでもやってみたのですね。子どもたちの「遊びを作る」力,大人も見習いたいところです。

DSC_0189~2.jpg

4月5日(月)は,入学式の準備の日。ここ鹿島小では,中学生も手伝いに来てくれます。また,転入してきてすぐの子も,準備に参加します。みんなで創り上げる入学式,これが伝統になっているのですね。

IMG_5437.jpg

そして,印象的だったのが,体育館玄関に並べられた子どもたちの靴。きちんとそろえて並べています。これも,鹿島の伝統です。

靴をきちんと並べるのが鹿島流.jpg

さあ,いよいよ6日(火)は出会いの日。
新任式,留学生を迎える式,入学式を待つばかりとなりました。
posted by 国分 at 18:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々の出来事
この記事へのコメント
コメントを書く
トラックバックの受付は終了しました

この記事へのトラックバック