CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 伊是名カニある記 | Main | 渡名喜島カニある記»
プロフィール

藤田喜久さんの画像
メニュー
<< 2021年01月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
最新記事
リンク集
最新コメント
宮脇文子
海のクリスマスツリー:イバラカンザシ (01/25) 橋本
論文紹介 (05/24) 吉村圭世
安部オール島 (10/19) 井村
オキナワクダヒゲガニ (09/17) 藤田喜久
沖縄のエビ・カニ類 (07/07) 高江洲カオリ
沖縄のエビ・カニ類 (07/06) ryoko.h
海藻押し葉 (06/11) Calappa
ホソメドクロカシパン (04/01) 赤サンゴで健康に@よしの
首里城など (10/26) 藤田喜久
タガヤサンミナシのお食事 (10/02)
カーキたこ [2017年06月12日(Mon)]
170610_ohgami.jpg

今回の大神島滞在も「おぷゆう食堂」でした。ここしかないので。
今回はヤシガニ調査や干潟のカニ採集などを行いました。

食堂で名物の「カーキたこ(たこの薫製)」の処理をしていたので、
写真を撮らせてもらいました。
ここの「カーキたこ丼」は絶品です。今回ももちろん食べました。

大神島は今回で2回目の宿泊ですが、何人かの島の人には覚えていただいたようで、
調査もしやすくなりました。
次の調査で、予定していた調査が一通りは終わると考えています。
もう一回はカーキたこ丼を食べれる(嬉)。
大神島:神様の道 [2017年04月10日(Mon)]
170328_ogami1.jpg 大神島は、島を一周する道路がありません。でも島の周囲を半分くらいまわる道はあります。島の形状的に陸部を一周させるのは難しいので、海岸線に道路があります。道路は、海岸の岩を壊さないように造られていますが、一部は神様の岩なので、それを避けるようにわざと海に道路を通しているとのことでした。
 海岸の道路には、海に降りる階段が割と沢山ありました。左の写真の場所がそうです。海側に突き出たコンクリートの波除(?)がある部分の海側が階段です。




170328_ogami2.jpg 海岸に沿って歩いていたら、一カ所、階段部分の波除を削っている場所がありました。明らかに造った後に削ったものです。気になったので、島の人に聞いたら、「この場所は神様の道なので、通る時に邪魔になるといけないので削った」とのことでした。これはみな気になるそうで、良く聞かれるそうですよ。
 以前、北大東島に行った時に、道路の縁石を削っているのを見かけたことがあるのですが、これはカニ達が放卵のため海に行きやすいようにということでした。大神島は神様のためということで、さすが神の島です。


170328_ogami3.jpg 陸側の大きい岩の間は御嶽(拝所)になっています。なるほど。
大神島:ゴルフカート [2017年04月09日(Sun)]
170328_ogami_cart.jpg

大神島の島民に必要なカート。
大神島の民家は割と高台にあるので、荷物を運ぶときはカートが欠かせません。
荷物が載ってたり、おばぁが乗ってたり。
大神島は現在人口26名だそうです。
島の人曰く「15人くらいになるかなぁ。それからは暫く減らないとは思うけど。」

カートは2台くらいはあるみたいでしたが、古くなってるっぽいのも見かけました。
維持費とか分からないのですが、こういうのの支援もアリなのかなって思ったりしました。
マングローブ [2017年04月03日(Mon)]
170328_Ogami_mangrove.jpg

大神島にマングローブ(ヤエヤマヒルギ)が生えていました。
島の方の話だと、植えたものだそうです。
10年くらい前だと言っていましたが、それにしては成長してなさすぎる。
多分道路工事の影響だと思いますが、干潟っぽい場所もちょこちょこあって、
シオマネキ類などもいました。意外だった。
大神島うまいもん:カーキたこ丼 [2017年04月01日(Sat)]
170327_Ogami_tako.jpg

大神島には民宿は1件しかありません。
先日滞在した日は、自分しかいませんでした。
宿は、「おぷゆう食堂」として食堂や売店を兼ねています。
カーキたこ丼は絶品でした。
宮古の三大タコ料理に即認定です。
これだけ食べに島に行ってもいいレベル。
でもやはり島の人や文化や自然に触れるべき。
大神島の風景1 [2017年03月29日(Wed)]
170327_Ogamijima.jpg

大神島の砂浜から宮古島と池間島を望む。
宮古島と池間島と大神島を結ぶあたりの海の色は沖縄で一番奇麗だと思います。
大神島 [2017年03月28日(Tue)]
170327_Ogamijima2.jpg

大神島に調査に出かけていました。
宿泊をしてのちゃんとした調査は初めてでした。
大神島は神の島とも言われていて、聖域などもあるので、慎重になっていましたが、
宮古島市や大神島自治会長などの協力もあり調査ができました。
今回は3月下旬なのに夜の気温がかなり低くて苦戦しましたが、
まずまずの成果が得られました。早速記録報告論文を書かないと。