CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 沖縄本島カニある記:目次 | Main | 伊江島カニあるき»
プロフィール

藤田喜久さんの画像
メニュー
<< 2021年01月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
最新記事
リンク集
最新コメント
宮脇文子
海のクリスマスツリー:イバラカンザシ (01/25) 橋本
論文紹介 (05/24) 吉村圭世
安部オール島 (10/19) 井村
オキナワクダヒゲガニ (09/17) 藤田喜久
沖縄のエビ・カニ類 (07/07) 高江洲カオリ
沖縄のエビ・カニ類 (07/06) ryoko.h
海藻押し葉 (06/11) Calappa
ホソメドクロカシパン (04/01) 赤サンゴで健康に@よしの
首里城など (10/26) 藤田喜久
タガヤサンミナシのお食事 (10/02)
海のクリスマスツリー:イバラカンザシ [2014年03月25日(Tue)]
ibara3.jpg 海でサンゴを眺めているとサンゴに埋没して生活している動物が沢山いることに気付きます。イバラカンザシSpirobranchus giganteus Pallas, 1766もそんな一員です。別名「クリスマスツリー・ワーム」とも呼ばれるこの動物は、環形動物門 多毛綱 ケヤリムシ目に属しています。ざっくり言ってしまうとミミズやゴカイの仲間ということになるわけですが、いつも目にするのは「クリスマスツリー」の由来となっている鰓冠(さいかん)と呼ばれる体の一部だけです。ミミズやゴカイの仲間ということなので、当然、似たような体の部分があるはずなのですが、サンゴの中に埋まっていることが多く、なかなか見る事はできません。


ibara2.jpg という訳で、採集して内部を見てみました。イバラカンザシは棲管ごと深くサンゴに埋もれていて、採集が困難な事が多いのですが、時々棲管がサンゴの表面近くに伸びていて、棲管全体が見えるような状態のものもあります。ちょうど小笠原での調査中に、そのような状態のものを見つけたので採集しておいたのです(ちなみに小笠原での調査ではサンゴを採集することも可能でした)。調査で一緒だった他の研究者も気にはなっていたものの、全体を見た事はなかったようなので「おおーっ」ってなってました。
 この標本は全長が4cm程度のものですが、体節構造がはっきりと見て取れるので、ミミズやゴカイの仲間(環形動物)である事が良く分かります。緑色(黄色混じり)の鰓冠の左上に見えるものは蓋(殻蓋)ですね。イバラカンザシは近づくと素早く棲管の中に隠れるのですが、その際に棲管の入り口を塞ぐ役目をしています。


ibara1.jpg 別個体(体長約2cm)ですが、横からも撮影してみました。蓋(殻蓋)や鰓冠の位置関係が良く分かると思います。サンゴに埋もれて生活する動物には、他にヘビガイの仲間、ウミギクガイモドキ、サンゴフジツボの仲間、カンザシヤドカリの仲間、サンゴヤドリガニ類などが有名ですが、サンゴの採捕に厳しい沖縄ではこれらの動物の体のつくりを観察することは簡単ではないですね。幸いにも僕は時折採集可能な機会があるので、今後も色々と紹介したいと思います。
ソーラーシステムをもつウミウシ:チドリミドリガイ [2014年02月16日(Sun)]
140214_tidorimodori1.jpg 私の日常では、講義や講演会、野外の観察会や実習などを行う機会が多いのですが、沖縄の自然や生物の話をしていると、学生や一般の方々の「食いつき」という部分がとても気になります。研究者といえども基本的には自分の専門領域しか詳しくは分からないので、それ以外の話になると、本や論文などをあたることになります。そうして得た知見を話すことになるのですが、やはり自分の眼でも確認して、できたら資料なども自前のものを用意したいと思うのです。というわけで、今回も、ネタとして食いつきが良いにも関わらず、あまり勉強していなかったチドリミドリガイを取り上げたいと思います。
 

140214_tidorimodori2.jpg チドリミドリガイは、軟体動物門 腹足綱 嚢舌目(のうぜつ)チドリミドリガイ科に属している、体長2〜3cm程度のウミウシ類の一種です。最近ではクリーンエネルギーの分野が注目されていると思うのですが、サンゴ礁域の生物には太陽エネルギーを直接的・間接的に利用するものも沢山います。海草や海藻などの植物は当然ながら、(有藻性の)サンゴやシャコガイ類などもとても有名ですね。サンゴやシャコガイ類では、体内に褐虫藻が共生していて、そのエネルギーを貰っているとされています。このチドリミドリガイも葉緑体を体内に取り込むことが知られていて、餌をとらずに光合成エネルギーを使って暮らしていると言われています。写真はチドリミドリガイですが、背中が緑になっているのが分かります(この部分を中腸腺という)。ちなみに、チドリミドリガイの背中部分をこのように開いて麻酔するのはなかなか骨が折れる作業でして、四苦八苦しながら撮影したものです。


140214_tidorimodori3.jpg チドリミドリガイの中腸線の拡大写真をみると、粒々のようなものが多数見えます。これが取り込んだ葉緑体ということです。僕は最初、チドリミドリガイも共生藻が棲んでいるのだと思っていたのですが、調べてみるとそうではないことが分かりました。餌の海藻を食べて、葉緑体は消化せずに溜め込むのだそうです。これを「盗葉緑体」というそうです。でも、その他の部分はもう食べちゃってるし、そこから葉緑体だけ選んで消化せずに蓄える(しかも光合成機能を残したまま)という能力を獲得してるんだから、「盗む」というのはちょっと感じよく無い言い方だなという気もしますが….。あと、最近の研究では、チドリミドリガイは結構頻繁に餌海藻を食べていて、必ずしも光合成生産物に頼っているわけでは無く、非常食的に利用しているようです。そういえば海でチドリミドリガイが背中を全開にしているシーンというのを見かけたことがないのですが、それも納得のような気がします。ウミウシの仲間には、他にも餌資源から褐虫藻を獲得する種もいるようですし、武器(刺胞動物の刺胞)までもゲットする(盗刺胞)種もいるようです。なかなかのやり手さんたちですね。

<参考文献>
Maeda, T., Hirose, E., Chikaraishi, Y., Kawato, M., Takishita, K., Yoshida, T., Verbruggen, H., Tanaka, J., Shimamura, S., Takaki, Y., Tsuchiya, M., Iwai, K., Maruyama, T., 2012. Algivore or Phototroph? Plakobranchus ocellatus (Gastropoda) continuously acquires kleptoplasts and nutrition from multiple algal species in nature. PLoS ONE 7(7): e42024.
海の宝石:サフィリナ [2013年12月06日(Fri)]
131206_Sapphirina.jpg 先日、潜水調査をしていたのですが、船に戻る際の安全停止中にキラキラと光りながら漂うものを見かけました。カイアシ類の仲間(浮遊性の甲殻類)のサフィリナです(属とかまでは同定してないですが)。そういえば写真持ってなかったなぁと思い、採集して顕微鏡下で撮影しておきました。このグループは雄のみがこのように美しく光ることが知られています。この光は、構造色の一種で、平たくいえば反射でこのように見えるということになります(ネットを検索すると、詳細な構造の図なども見ることが出来ます)。体の大きさは写真の個体で約3mmです。
すなじゃわん(砂茶碗) [2013年10月06日(Sun)]
131003_suna1.jpg 先日、イノー実習で生物観察をしたのですが、その際に「すなじゃわん」が見られました。「すなじゃわん(砂茶碗)」とは、巻貝の仲間であるツメタガイ類が卵と砂とを混ぜ合せて作った卵嚢です。干潟やイノーの浅海で良く見られます。イノー観察や干潟観察会では定番ネタで、付近にいるツメタガイ類(やその殻)を捕まえて見せているのですが、ふ〜んという反応はありつつも、実際は「どうなってるんだろう?」と思っているようです。僕も説明はしつつも、ちゃんと見た事がなかったので、そうれ以上は話もできなく、何となくもどかしく思っていました。


131003_suna2.jpg というわけで、採集して持ち帰り、顕微鏡で観察して撮影してみました。すなじゃわんのほんの一部をほぐして撮影したのが右の写真ですが、卵(矢印)は思ったよりもかなり小さいのが分かりました(0.1mmくらいかな)。卵は砂粒にくっついていて(写真ではほぐしてあります)、かつ、砂粒の隙間にさほど密度高くなく存在していました(ただ、すなじゃわん全体となると相当の卵が入っていることになります)。確かにこれだと肉眼では卵がどうなっているのかは分かりませんね。採集した翌日には、凄い数の幼生(ベリジャー幼生)が孵化していました。とりあえず、また一つ生物のしくみを知る事ができました。
イラモ [2013年08月23日(Fri)]
iramo.jpg 先日(2013年8月19日)に名護の安和で甲殻類調査で潜ったのですが、エビ・カニを探しつつもやはり危険生物が気になりました(目にとまる)。このポイントにはやたらイラモがいたので、写真をいくつか撮影しました(意外とイラモの写真持ってなかったので)。その際、白くなったイラモも沢山見かけました。今夏は宮古沖縄本島でサンゴの白化が見られていますので、イラモもかぁ〜と思っていたのですが、そういえばイラモにも褐虫藻いるんだっけかな?と思い少し論文を当たってみたところ、どうやらいるみたいですね(ちゃんとした論文は時間がなくて当たれなかったですが、その旨記述している文献を見つけました)。


iramo1.jpg 確かにポリプを拡大して撮影してみると、茶色い粒々のようなものが見えます。触手もばっちり確認できますね。イラモに刺されると、結構な痛みがあるのですが、まぁそれは特に問題はありません(体質にもよるようで、重傷例もあるみたいです)。こいつがやっかいなのは、その後、水泡ができて痒くて痒くて仕方ない事ですね。危険というよりは不愉快極まりないヤツです。生物採集調査の過程では、窪みなどに潜んでいる生物を採集する際に、コイツがいるのが分かっていても手をつっこまないといけない場合もあって、もう何度刺されたか分かりません。


iramo2.jpg それはさておき、イラモを幾つか持ち帰って顕微鏡で見てみました。麻酔をかけて標本も作成しておきました。観察会なんかに使えると思います。
 さて、イラモのポリプですが、左写真(これは触手の一部)のようにやはり褐虫藻(茶色い粒々)らしきものがありました。触手の縁に沿って並んでいる楕円形のものは刺胞です。この写真だと見づらいですが、いくつかは刺胞を発射しています。文献では見た事がありますが、実際に観察したのは初めてだったので、色々勉強になりました。構造も割としっかり理解できたし、いくつか写真も撮影できました。人に伝える仕事をしている以上、やはり、聞きかじりでは良くないですね。ちゃんと見ないと。
タガヤサンミナシのお食事 [2013年08月17日(Sat)]
130815_maeda1.jpg 先日(2013年8月14日)は、またしても真栄田岬でナイトをしました。この日は夜もミーティングがあったりしたので、もうほとんど夜中のダイビングでした(なので1本だけ)。でも、来週からはますます忙しくなるので、明日辛くても海行くぞって感じです。夏も終わりに近づいていますし。寒がりの僕にとって、快適にナイトができるのは今だけです。
 さて、この日も主に危険生物を探していましたが、タガヤサンミナシを見つけました。どうもいつもと違ってなんかバタバタしてる(呼吸管が激しく動いてる)と思って近づくと、小さな巻貝(タカセガイの子どもかな?)を襲っていました。口吻(オレンジ色のやつ)も伸びていて毒銛を打ち込みそうでした。


130815_maeda2.jpg カメラを覗きつつ観察していると、口吻を殻口に突っ込みました。毒銛を打ち込んだようです。結構早かったので、その瞬間は撮影し損ねてしまいました。巻貝の方は衝撃で一跳し、煙のようなものを2回吐いて全く動かなくなりました。ほぼ即死って奴ですね。なかなか衝撃的でした。タガヤサンミナシも基本的にアンボイナと体の構造は同じですから、この口吻が出てくると危ないってことになりますね。今回観察した限りだと、この口吻、そうとう機敏に動くし、呼吸管の動きに隠されるような感じにもなるので、そのあたりも注意が必要かもしれません。
 ところで、タガヤサンミナシもアンボイナと同様に危険生物としてよく紹介されていますが(沖縄での死亡例ありと書かれています)、貝類食性なので本当に人に効くほどの毒なんでしょうかね?僕はちょっと懐疑的なんですよね。別の種と間違えたのではないかと。ただ、刺されてみる勇気はもちろんありませんが。毒の研究がどれほど進んでいるのか調べてみる必要がありそうです。
サンゴに虹を描こう! [2013年08月13日(Tue)]
130808_niji_sango1.jpg 夏ですね。日差しが眩しいです。外出時にはサングラスが必須ですね(眼を守るためにもオススメします。もちろんUVカットで。)。
 さて、こんな暑い日には海に行くのが最高の贅沢です。海に入ると、海の中も強い光が差し込みます。海の生物を見るのはもちろん楽しいですが、奇麗な砂地に差し込む光をぼんやり眺めるのもまた海の楽しさの一つです。光が波に揺られてとても美しいです。



130808_niji_sango2.jpg ただ、写真を撮るとなると、この強い光はなかなか厄介者です。ノーストロボで撮影すると、このように光が被写体に映り込んでしまって、本来無いはずのまだら模様ができて失敗写真になってしまいます(撮影意図によっては、これはこれで良しとすることもありますが)。ストロボを使えば解決する場合も多いのですが、浅い場所で、かつ、光が強すぎるとなかなか難しいです。これまで何度重要な写真をボツにしたことか(涙目)。



130808_niji_sango3.jpg ところがですねぇ、夕方、そう、沖縄の人たちがビーチに行って泳ぐ時間になると、この光が次第に弱まっていきます。そして、次第に差し込む光が虹色に変わるときがあります。光の屈折の関係ですね。まぁここでは難しいことはおいておきましょう(なぜそうなるかはググってみてくださいね)。ともかく、その時間帯になると、左の写真のようにサンゴにも虹色の光が差し込むようになるのです。これを「いい感じ」のときに撮影すればOKです。以前の写真は、このようにして撮影したものです。


130808_niji_sango4.jpg ただし、太陽が雲に隠れたりすると虹光は無くなりますし、同じ様な「模様」を描いてくれるとは限りません。時間との戦いでもあります。生き物みたいなものです。さらに、今回は素潜りだったので、息ごらえとの戦いでもありましたよ(ごく浅い場所のサンゴなら浮かんだままでも撮影できるので、息ごらえは必要ないです)。
 ちなみに、これらの写真を撮影した日(2013年8月8日)は、日没が19:19時でしたが、大体17:30〜18:30の間にいい感じだったです。太陽の位置、海岸の向き、波などによって見え方や見える時間はおそらく変わるでしょう。

130808_niji_sango5.jpg こんな感じにも撮ってみました。ばっちり「虹」を捕まえています。撮る写真撮る写真、一枚たりとも同じものはないので、とても楽しいですよ。キャンバスのサンゴを違う種にすると、また違った印象になります。塊状サンゴだと虹がはっきりしますし、枝状サンゴだと以前紹介したようにサイケな感じになります。
 日没前に泳ぐ人は少ないですが、少し夕飯を遅らせて、ぜひ試してみてください。そして、あなた好みの虹を捕まえてください。あと、帰ってから虹とか光とかを少し調べてみると良い学びにもなりますよ。

 海はいろんなことを教えてくれます。海で遊び、海から学びましょう。
どこにいるか分かるかな? [2013年08月09日(Fri)]
 今回も先日(2013年8月5日)のナイトダイビングから。引っ張りますよ。

 さて、今回は、ガレ場での写真を2枚並べてます。上側の写真にはガレバヒシガニが、下側の写真には(おそらく)トゲナガヒシガニ がいます。ガレ場環境の話をするのに使おうと思って、あえて引きの写真を撮影していました。

130727_gareba.jpg これはレベル1ですね。












130805_hishi.jpg これはレベル3〜4くらい?
サンゴガニ頑張る [2013年08月06日(Tue)]
130806_sangogani.jpg 昨日(2013年8月5日)は、夜に潜りに行きました。最近、危険生物を集めているのですが、行こうと思ったポイントが思ったより荒れていたので、無理せず予定変更。当初狙っていた生物もあきらめ、SCUBAをしつつオオマルモンダコを狙える別のポイントに行きました。狙って獲れるとは正直思いませんでしたが、無事ゲットしました。やるねぇ、俺。
 その他色々採集して、そろそろ上がろうとしていた際に、この光景に出くわしました。オニヒトデを撃退するサンゴガニです。本や映像とかでは見ていましたが、実際に見るのは初めてでした。テッポウエビも加勢することは初めて知りました。小さいオニヒトデだったせいか、いとも簡単に撃退していましたよ。最後は2匹で持ち上げてしまっていました。最近、小型のオニヒトデをやたら見ますが、大抵、被覆状の群体のサンゴ(サンゴガニはいない)を食べていました。やはりサンゴガニが共生することはサンゴにもメリットがあるのでしょうね。ただ、僕はカニも棘皮も大好きな動物なので、どっちも頑張れって思ってしまいました。
アンボイナ [2013年08月03日(Sat)]
130803_anboina1.jpg 今日(2013年8月3日)は、久々の休みということで、先日久米島で採集してきたアンボイナの解剖をしてみました。沖縄の危険生物として名高いアンボイナですが、生態写真や貝殻などは結構持っているものの、毒矢(毒針)とかその周辺の構造についての資料が乏しかったので、標本を解剖して一通り揃学んでおこうと思っていました。
 まず、凍らせておいたアンボイナを解凍して、軟体部を取り出します。なかなか上手く抜くのは難しいのですが、足の部分にピンセットを突き刺して強引に回し抜くと上手くできました。左写真の貝殻と軟体部の下にある小さな楕円形のものが蓋のようです。小さいね。


130803_anboina2.jpg 口を解剖バサミで切り開いて行くと、内部に「口吻(ここから毒矢が出てくるはず)」が見えます。右写真の一番右にある茶色いのが口吻ですね。さらに切り開くと、「毒球(右写真の一番左端にある白くて楕円形のやつ)」や「歯舌嚢(写真中央付近にある黄色の袋)」などが見られました。アンボイナの毒セット一式ってことになりますね。ちなみに、死んでるので毒矢は発射はされないですが、冷凍死した状態のものに誤って刺さってしまったらどうなるのか良く分からないので細心の注意を払いつつ解剖しましたよ。



130803_anboina3.jpg 歯舌嚢を顕微鏡下で注意深く切り開くと、多数の毒矢(歯舌)が多数が収容されていました。毒矢を顕微鏡で観察すると、先端部には上下1つづつの返しがついていて「銛」のようになっていて、さらにノコギリ歯状の小さな棘も多数並んでいました。アンボイナはこの毒矢を使って魚類を捕食しています。イモガイ類はアンボイナに限らず、毒矢を持っていて、何かしらの生物に打ち込んでから食べるという習性を持っています。アンボイナは魚類食ということでその毒が人間に効くのでしょうね。
 今回紹介した以外にも、水中での生態写真から、毒矢(歯舌)の先端部構造の顕微鏡写真まで、色々な写真を撮影しました。とても良い資料が作成できたと思います。あとは捕食の瞬間の写真が要るなぁ。20年近く昔に撮影したけどスライドごと某出版会社に売ってしまったからなぁ。時間さえあれば、こういう作業を他の生物でももっとできるんですがね。誰かこういう仕事くれないですかね。
| 次へ