CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
«宮古の活動アーカイブス vol.3:宮古島市役所でのパネル展 | Main | ムチヤギカクレカニダマシ»
プロフィール

藤田喜久さんの画像
メニュー
<< 2020年02月 >>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
最新記事
リンク集
最新コメント
宮脇文子
海のクリスマスツリー:イバラカンザシ (01/25) 橋本
論文紹介 (05/24) 吉村圭世
安部オール島 (10/19) 井村
オキナワクダヒゲガニ (09/17) 藤田喜久
沖縄のエビ・カニ類 (07/07) 高江洲カオリ
沖縄のエビ・カニ類 (07/06) ryoko.h
海藻押し葉 (06/11) Calappa
ホソメドクロカシパン (04/01) 赤サンゴで健康に@よしの
首里城など (10/26) 藤田喜久
タガヤサンミナシのお食事 (10/02)
生き物アート8 [2008年08月02日(Sat)]



 今回の作品は、トゲツノメエビ Phyllognathia ceratophthalma (Balss, 1913)です。腹部の模様を背側から撮影してみました。ちょっと小型の個体ですが、美しい模様が見られます。
 トゲツノメエビは、フリソデエビ科に属する2〜3cm程度の小型のエビです。眼の先端が尖っていることが名前(和名・学名ともに ! )の由来です。美しい体色と特徴的な体形で、ダイバーにとても人気のあるエビですが、残念ながら個体数はさほど多くないです。
 僕の経験では、ガレ場の転石下に生息しているウミシダ類の側にいるのを良く見るので、何か関係があるのかなと思っているのですが、今のところ良く分かりません。フリソデエビはヒトデ類を食べますが、もしかしたらトゲツノメエビも棘皮動物などを食べるのでしょうか?今度見つけたら試してみようかと思います。
トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました

コメントする
コメント