CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
«エビ・カニグッズ | Main | 宮古島での活動記録»
プロフィール

藤田喜久さんの画像
メニュー
<< 2021年01月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
最新記事
リンク集
最新コメント
宮脇文子
海のクリスマスツリー:イバラカンザシ (01/25) 橋本
論文紹介 (05/24) 吉村圭世
安部オール島 (10/19) 井村
オキナワクダヒゲガニ (09/17) 藤田喜久
沖縄のエビ・カニ類 (07/07) 高江洲カオリ
沖縄のエビ・カニ類 (07/06) ryoko.h
海藻押し葉 (06/11) Calappa
ホソメドクロカシパン (04/01) 赤サンゴで健康に@よしの
首里城など (10/26) 藤田喜久
タガヤサンミナシのお食事 (10/02)
沖縄のエビ・カニ類 [2008年04月20日(Sun)]
 沖縄には実に多種多様な生物が暮らしています。僕の愛する十脚甲殻類(エビ・カニ・ヤドカリ類)も沢山の種がいます。最近では、ダイバーやアクアリストさんたちにも人気の生物となってきていて、良い図鑑も増えてきました。しかし、沖縄には、それらの図鑑に載っていない種や未知の種がまだまだ数多く存在しています。ここでは、沖縄の陸域・河川・地下水・海域に生息している十脚甲殻類の珍種・稀種を紹介していこうと思います。
 ここでは、専門的表現を極力避けるよう努力していますので、説明が不足する場合があるかも知れません。より専門的な情報を知りたい方は,著者の藤田(galatheids◎yahoo.co.jp ←◎を@に換えて下さい)までご連絡ください。また、沖縄の十脚甲殻類の研究はまだまだ始まったばかりと言っても過言ではないような状態ですので、ここで紹介したエビ・カニ類を目撃したり、ここにも出てこないような珍しそうなエビ・カニを捕まえたときにはぜひご一報くださると嬉しく思います。
トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました

コメントする
コメント
ご連絡ありがとうございました。

写真、私の以下のパソコンメールなどに送っていただけると見る事ができると思います。種類にもよりますが、陸に住むカニ達は、日中は、穴の中や石の下などに潜んでいます。

galatheids*yahoo.co.jp
「*」を「@」に変えて送信ください。
Posted by: 藤田喜久  at 2014年07月07日(Mon) 22:31

腹側の半分の画像しかないのですが、見ていただけませんか?

昨夜、夜中2時にベランダ網戸に引っ掻くような音がして、見ると蟹のようでしたが、腹側しか見えない為か、リストから探せません。
大きなハサミ持っていたら…と怖かったので、放置して朝起きたらそこにはいませんでした。
蟹は夜行性と聞いたのですが、夜が明けるとどこかにじっとしているものでしょうか?
Posted by: 高江洲カオリ  at 2014年07月06日(Sun) 05:57