CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
«論文紹介 | Main | 論文紹介»
プロフィール

藤田喜久さんの画像
メニュー
<< 2021年01月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
最新記事
リンク集
最新コメント
宮脇文子
海のクリスマスツリー:イバラカンザシ (01/25) 橋本
論文紹介 (05/24) 吉村圭世
安部オール島 (10/19) 井村
オキナワクダヒゲガニ (09/17) 藤田喜久
沖縄のエビ・カニ類 (07/07) 高江洲カオリ
沖縄のエビ・カニ類 (07/06) ryoko.h
海藻押し葉 (06/11) Calappa
ホソメドクロカシパン (04/01) 赤サンゴで健康に@よしの
首里城など (10/26) 藤田喜久
タガヤサンミナシのお食事 (10/02)
「2019年の注目すべき海洋生物10種」に選ばれました。 [2020年04月09日(Thu)]
 以前、オーストラリア領のクリスマス島に調査に行ったことがあるのですが、その時に同島の海底洞窟で採集したクモヒトデの新種が昨年、ようやく記載されました。

(論文)Okanishi, M., Oba, Y., & Fujita, Y., 2019.A new luminescent brittle star Ophiopsila xmasilluminans (Echinodermata: Ophiuroidea) from submarine cave of the Christmas island, northwestern Australia, with notes on its biology. Raffles Bulletin of Zoology, 67: 421-439.

 この論文で新種記載されたクモヒトデは、発光する種であるため、「ドウクツヒカリクモヒトデ」の和名になりました。ちなみに、学名は「xmasilluminans(クリスマスイルミナンス)」で、クリスマス時期の街のイルミネーションをイメージしています。

 先月末、このドウクツヒカリクモヒトデが、「国際海洋生物種目録WoRMS(海洋生物のデータベース)」に関係する研究者ら(600人ほどがいるそうです!)の投票によって、「2019年の注目すべき海洋生物10種」に選ばれました。大変喜ばしいことです。

 このページにて、詳細が確認できます(発光の様子も見れます)。
トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました

コメントする
コメント