CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
«ああ | Main | 沖縄生物学会»
プロフィール

藤田喜久さんの画像
メニュー
<< 2021年01月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
最新記事
リンク集
最新コメント
宮脇文子
海のクリスマスツリー:イバラカンザシ (01/25) 橋本
論文紹介 (05/24) 吉村圭世
安部オール島 (10/19) 井村
オキナワクダヒゲガニ (09/17) 藤田喜久
沖縄のエビ・カニ類 (07/07) 高江洲カオリ
沖縄のエビ・カニ類 (07/06) ryoko.h
海藻押し葉 (06/11) Calappa
ホソメドクロカシパン (04/01) 赤サンゴで健康に@よしの
首里城など (10/26) 藤田喜久
タガヤサンミナシのお食事 (10/02)
海藻押し葉 [2014年05月18日(Sun)]
140518_miyako.jpg 2014年5月16日〜18日の日程で宮古島に行っていました。現在(5月2日〜27日の日程)、宮古島市総合博物館にて開催されている企画展「伊良部島・下地島の生きもの展」の関連イベントとして、子ども向けのワークショップと一般向けの講演会を実施してきました。子ども向けワークショップは海藻押し葉とスポンジ塗り絵を実施しました。海藻は宮古産にこだわりたいとの想いから5月16日に海でとってきました。海藻押し葉イベントは作品が後日送付になるケースが多いので、なんかイマイチだと思っていたのですが(仕事を残すという意味でも問題あり)、最近、アイロン法を知ったので、子ども達にラミネートまでして持ち帰ってもらうことができました。父兄の方々もとても楽しんでいただけたようで、今後は家庭や子供会でもできるように、コツとかも伝えておきました。講演会は伊良部・下地島の調査結果の報告を中心に、生物多様性について話しました。環境教育とかはぶっちゃけ誰でもできると思いますが、それに加えて生物の講演会までやるあたりは、なかなか他者にはできないのではないでしょうかね(自画自賛)。病み上がりでイベントと講演会というかなり厳しいスケジュールでしたが、なんとかやり遂げました。

新聞掲載もされました。
宮古毎日
宮古新報
沖縄タイムス
【宮古カニある記の最新記事】
トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました

コメントする
コメント
大変遅くなりましたが
お誕生日おめでとうございます
Posted by: ryoko.h  at 2014年06月11日(Wed) 22:39