CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
«高知と海塾 | Main | 別れの季節»
プロフィール

藤田喜久さんの画像
メニュー
<< 2021年01月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
最新記事
リンク集
最新コメント
宮脇文子
海のクリスマスツリー:イバラカンザシ (01/25) 橋本
論文紹介 (05/24) 吉村圭世
安部オール島 (10/19) 井村
オキナワクダヒゲガニ (09/17) 藤田喜久
沖縄のエビ・カニ類 (07/07) 高江洲カオリ
沖縄のエビ・カニ類 (07/06) ryoko.h
海藻押し葉 (06/11) Calappa
ホソメドクロカシパン (04/01) 赤サンゴで健康に@よしの
首里城など (10/26) 藤田喜久
タガヤサンミナシのお食事 (10/02)
モモイロドウクツガザミ("Z"保留) [2013年03月27日(Wed)]
Atoportunus.jpg
 

Atoportunus2.jpg 今回は、2013年に伊良部島・下地島で行われた海底洞窟調査で得られたモモイロドウクツガザミ Atoportunus gustavi Ng & Takeda, 2003 を紹介します。本種は、ガザミ(ワタリガニ)科ドウクツガザミ属に属する甲幅3cm程度のカニです。久米島や沖縄島の海底洞窟に生息するクメジマドウクツガザミAtoportunus dolichopus Takeda, 2003 に近縁な種です。
 本種は過去にNg & Takeda (2003)によって与那国島の海底洞窟から1個体が報告されていて、今回が国内2例目の発見となります。国外では、グアムとクリスマス島(オーストラリア領)から知られています。海外では、堆積した死サンゴ礫(ガレ場)の間隙からも採集されています。今回調査した伊良部島・下地島の海底洞窟には割と個体数がいるようですので、今後も、類似の環境を持つ海底洞窟で発見されることもあるかもしれません。
 さて、今回提唱された和名「モモイロドウクツガザミ」ですが、本種の体色の記録がいずれも赤みを帯びたピンク色、薄いオレンジ色、暗赤色などを呈していて、これが果物の桃の様々な品種(白桃や黄金桃など)を連想させることから名付けられました。決して今流行の某アイドルグループとは関係ないものと思われます。

<論文>
Ng, P. K. L. and M. Takeda, 2003. Atoportunus, a remarkable new genus of cryptic swimming crab (Crustacea; Decapoda; Brachyura: Portunidae), with descriptions of two new species from the Indo-West Pacific. Micronesica, 35/36: 417–430.
藤田喜久・成瀬貫・山田祐介, 2013. 宮古諸島下地島の海底洞窟で採集されたカニ類 2 稀種. Fauna Ryukyuana, 1: 1–9.
 *藤田ら(2013)の論文は、Fauna Ryukyuana からフリーでダウンロードできます。
トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました

コメントする
コメント