CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

プロフィール

江花圭司さんの画像
最新記事
最新コメント
第一回喜多方新本庁舎基本設計市民ワークショップ [2011年12月26日(Mon)]


第一回喜多方新本庁舎基本設計市民ワークショップ




ナスカ一級建築士事務所 古谷 誠章

市役所新本庁舎基本設計 第一回 ワークショップ


時代にフレキシブルに対応できる市庁舎(人口減少、都市計画の変化)
市庁舎は未来に対するプレゼント(負の財政負担を残してはいけない)

地元産材を活用し世界に誇れる市庁舎を!


ワークショップの意義、誰もが完成を心待ちになるようにするための手法で




【事例】
●世界一美しい広場「イタリア シエナ カンポ広場」
 市民が自然に集う広場を提案

●高知県香北市 アンパンマンミュージアム
 市立やなせたかし記念館
 http://www.anpanman-museum.net/

●小布施町立図書館 「交流と創造を楽しむ、文化の拠点」まちとしょテラソ
 まち歩きで通り抜けできるオープンガーデン
 http://machitoshoterrasow.com/
  タイムシェアリング(キッズ開放時間、大人の時間)

●長野県茅野市
 建設中に合併を迎え、中里町役場庁舎は図書館文化ホールに
 
●島根県雲南市 商店街
 http://www.co-unnan.jp/
 100mテーブル商店街ケータリング
 民家オーベルジュ(中国地方の学生ワークショップにて完成)
 縁側交流館(廃校耐震対策費を活用)


【質疑】

五十嵐 哲弥
敷地が広がる要素があるのか?ない

冠木 紳一郎
ワークショップにて取り入れられる意見は?例えば御清水公園を区画に入れる内容の意見が出たら。

星 宏一
心待ちにする市役所新庁舎、女性、市民の多くの意見を聞くのに短すぎではないか?
合併特例債に関して5年間延長されたのだから。 長ければ良いということではない、長野県茅野市では半年で行った。

澤井 清衛
災害に強い建造物で備蓄などできるようになっているのか?
基本構想、防災計画に準拠して計画してきた。防災拠点にしなくてはならない。

関本 みきこ
グリーンの広場など、喜多方の各施設をみると完成時に打ち上げ花火のように立派に作るが結局維持メンテナンスに不備が出てくる。本庁舎の木々や草花など維持軽減を求む。
逆にシンボリックにするために光の演出、浮かび上がる庁舎をコンセプトにしたらどうか。
市庁舎へ何を求めるか、文化的な部分は喜多方プラザがあるので求めていない、不必要部分を削ぎ落としコンパクトな庁舎にし予算も低減化してほしい。

金親 丈史
ワークショップの意見は、どこまで反映されていくのか?

風間 常義
都市マスタープランにおいて、人口減少の推移があるが、人口減少の中で職員、議員も減るが将来においても活用できる庁舎が求めらられている。
再生可能自然エネルギーを活用すること世界に誇れる庁舎を、視察交流が多くなるようなエネルギー活用のシンボルとなってほしい。

大竹 一永
雪害に関しては技術を結集する

佐藤 彌右衛門
喜多方プラザ、体育館は猛烈な維持費用がかかっている、人口減少に伴う対策と三割自治、二割自治と言われる喜多方の財政状況を考え、予算規模と建設規模を縮小させなければならない。根本的に今回の基本構想から基本計画に至るまで都市マスタープランや市基本計画との整合性が取れていないので、私のような意見が出る。分棟方式、1/3カットにする考えは?
ここでの議論ではないので違う場で。

江川 正則
支所との役割仕分けを行ったうえでの本庁舎建設か?規模についても、支所とも一体的な計画をもって全体最適化を図ってほしい。
調査していきたい。(だから、調査をするにも時間が短すぎではないか?)




【課題・宿題】
・ワークショップの周知集客広報(ナスカ風フライヤー)
・グループ分けによるWS(4班15名ずつ 60名程度が適当)
・地元建築士会とのボランティア連携
・質問を前もってML回覧
・庁内ワーキンググループ構成
・女性、学生のWS参加を促す
・WS開催日以外のWSお問合せ窓口を「喜多方まちづくりセンター」に
・監査委員を選定
空間線量計の貸し出し及び運用に関する要望書 [2011年12月26日(Mon)]

先日、山口信也 市長宛で

空間線量計の貸し出し及び運用に関する要望書が提出されました。

放射線に対する市民の安全・安心の確保のため、空間線量計の市民貸し出しとその運用が示されましたが、空間線量数値が低いから安全・安心であるという目線ではなく、市民個々の日常生活の不安解消が行政の役割であることを認識し、下記の内容を考慮し対処されるよう要望します。

 ● 年間1ミりシーベルトを目標とした除染対策を実施すること。

 ● 空間線量の測定にあたっては、玄関、居間及び任意の場所などのデータ収集に努めること。
 ●高い線量の場所の除染対応に努めること。


-------以下、私見-------------
数値的根拠を公開し知ってもらうことが不安低減の近道。。
喜多方の観光はこれで良いのですか? という、問題提起から始まる清水慎一 氏の講演会がはじまりました。 清水氏は、福島県の復興ビジョン策定委員の一人でもあり福... [2011年12月25日(Sun)]

喜多方の観光はこれで良いのですか?

という、問題提起から始まる清水慎一 氏の講演会がはじまりました。

清水氏は、福島県の復興ビジョン策定委員の一人でもあり福島を見つめてきました。

喜多方とはディスティネーションキャンペーンから関わりを持たせていただいております。

今の課題問題に檄を飛ばします。

さて、講演結果はどのような問題解決策が見いだせるのか!

毎年恒例の目の不自由な方々に音のでる信号機をおくる通りゃんせ基金、無事に届けることができました。 設置させていただいた、会津喜多方商工会議所レトロミュージアム宮... [2011年12月24日(Sat)]

毎年恒例の目の不自由な方々に音のでる信号機をおくる通りゃんせ基金、無事に届けることができました。
設置させていただいた、会津喜多方商工会議所レトロミュージアム宮城さんありがとうございました!

わが大沢消防団のポンプ車 日本造機CD-1 サファリ改 のグランドパッキン劣化で吸水できなかった故障メンテナンス。 これから納会です。 [2011年12月23日(Fri)]

わが大沢消防団のポンプ車 日本造機CD-1 サファリ改 のグランドパッキン劣化で吸水できなかった故障メンテナンス。
これから納会です。

第一回喜多方新本庁舎基本設計市民ワークショップの結果報告と次回予定 人口減少、都市マスタープラン、支所との役割仕分けを含め全体最適化しなくてはいけないとの結... [2011年12月23日(Fri)]

第一回喜多方新本庁舎基本設計市民ワークショップの結果報告と次回予定


人口減少、都市マスタープラン、支所との役割仕分けを含め全体最適化しなくてはいけないとの結果を次回ワークショップ24年1月15日に引き継ぐ事に。

何はともあれ!
時代にフレキシブルに対応できる市庁舎!
市庁舎は未来へのプレゼントである!

基本設計説明 ナスカ 古谷氏

第一回喜多方喜多方新本庁舎基本設計市民ワークショップ開催中。 地域産材をふんだんに、地元業者さんと連携防災の拠点に 1/7モデルの模型で、ワークショップ開催!... [2011年12月23日(Fri)]

第一回喜多方喜多方新本庁舎基本設計市民ワークショップ開催中。
地域産材をふんだんに、地元業者さんと連携防災の拠点に

1/7モデルの模型で、ワークショップ開催!

合併特例債の活用延長を考え市民と交流の場 の庁舎を建設して欲しいですね!

まちづくり喜多方で東京港区Cafe10で「喜多方カフェ」開店! [2011年12月22日(Thu)]

まちづくり喜多方で東京港区Cafe10で「喜多方カフェ」開店!

喜多方から東日本大震災で被災した企業の事業再開を支援するため「Microsoftオフィス復興支援パック」発信!  喜多方市の東日本大震災被災等企業立地支援事業... [2011年12月21日(Wed)]

喜多方から東日本大震災で被災した企業の事業再開を支援するため「Microsoftオフィス復興支援パック」発信!

 喜多方市の東日本大震災被災等企業立地支援事業で
2011年12月15日に福島県喜多方市に開設した「東北リユースセンター 喜多方」において

「オフィス復興支援パック」(日本マイクロソフト)が「Office 365」のライセンス料を無償で提供、リコージャパンは再生処理されたカラー複合機を本体無償(保守料金、消耗品代は別途)で提供する。

リコージャパンと日本マイクロソフトは20日、東日本大震災で被災した企業の事業再開を支援するために、両社の連携により実現した「オフィス復興支援パック」の提供を、12月21日より開始すると発表した。

 これにより、オフィス機器やオフィス家具も組み合わせた「支援パック」の月額レンタル料金は、通常の約1/6となる月額約1万円からの価格を実現。レンタル期間は最長で1年間を目処にしており、事業が軌道に乗るまでの経費を大幅に軽減。

 リコージャパンと日本マイクロソフトは、クラウド分野における両社の協業に基づき、今年6月からマイクロソフトのクラウドサービス「Office 365」にリコーのサポート&サービスを付加した「クラウドサービス for Office 365」を提供している。今回の取り組みは、両社の密接な協力関係により実現したもの。
「喜多方の観光はこれで良いのですか?」特別講演会 本年の東日本大震災により福島県の観光は大打撃を被りました。喜多方市が受けた影響も大きなものがありました。これ... [2011年12月15日(Thu)]

「喜多方の観光はこれで良いのですか?」特別講演会

本年の東日本大震災により福島県の観光は大打撃を被りました。喜多方市が受けた影響も大きなものがありました。これからの、喜多方観光はどうあるべきか。内在する課題をどう克服すべきなのか。これまで、喜多方市の観光推進に誰よりも深く関わって来られました清水慎一氏が、大いに語りそして檄を飛ばします。市民の皆様と共に、喜多方の観光を熱く語りあいましょう。

日 時;平成 23 年 12 月 25 日(日)午後4時から
演 題;喜多方の観光はこれで良いのですか?
会 場;北方風土館 昭和蔵
参加料;講演会(無料)、懇親会あり
申込先;蔵の会事務局 0241−22−2233

清水 愼一(シミズ シンイチ)氏
プロフィール;立教大学観光学部観光学科特任教授。
1948年生まれ。
東京大学法学部卒業。
主な経歴;JR東日本旅客鉄道且謦役仙台支社長。
鰍iTB常務取締役。
喜多方市政策推進顧問などを歴任。