CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

«チビ松田優作だ!!(環境フェスタ番外編) | Main | 毎日新聞-毎日夫人10月号に記事掲載»
プロフィール

江花圭司さんの画像
最新記事
最新コメント
あの黄色いリストバンドはなんだ!? [2005年09月27日(Tue)]

喜多方のベロタクシードライバーも自転車をこぐ人、基金に参加したいとの思いでLIVE STRONGをつけています。
livestrong.JPG

【基金に参加し購入する】

live1.jpglive2.jpg

アテネオリンピックで、多くの選手、特にアメリカ人選手がつけていた黄色いリストバンド。サッカー代表の小野伸二選手もつけており、オリンピックの試合にわずか16分しか出場機会のなかった平山相太選手に、それをプレゼントしたそうです。
 その黄色いリストバンドには「LIVESTRONG(強く生きよ)」と書いてあります。

=======================================
ガンから再起した男、
ランス・アームストロングが建てた基金
=======================================
 あの黄色いリストバンドは、アメリカ人のランス・アームストロングという自転車選手が建てた、ガン患者のための基金に関連するもの。日本で言うと「赤い羽根共同募金」のようなもので、1ドルを募金すれば、黄色いリストバンドがもらえるという仕組み。収益金はガン患者やその家族など、ガンと闘う人への支援に使われます。
 実はこのランス・アームストロングという選手、25歳(1996年)にガンと診断され、生存率30%という死の淵から這い上がった男。そして復帰2年目の1999年には、世界一過酷なレースといわれるツール・ド・フランスで総合優勝し、2004年の今年、前人未到の6連覇を達成したというすごい人なんです。その姿は、元気な私たちはもとより、ガンで苦しむ人たちの希望の光となりました。だから「LIVESTRONG」=「強く生きよ」なんです。そして黄色は、ツール・ド・フランスで勝者だけが着られる「マイヨ・ジョーヌ(フランス語で「黄色いジャージ」)」の象徴。アームストロングは、レース以外でもエールを送る方法を見つけ出したのでした。
コメントする
コメント