CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

«★会津喜多方が水面に変わる日★会津一望!恋人坂からの眺め! | Main | ★★★なんでもない美しさ、ニッポンの美しい原風景を広く伝えるアレックス・カーが来喜!★★★喜多方講演会開催!»
プロフィール

江花圭司さんの画像
最新記事
最新コメント
★ニッポンの原風景★「何でもない喜多方の美しさ」鏡面美 from 菅原町 [2010年05月09日(Sun)]

早くも田んぼに水が入りました!



一番は!菅原町の南部の田んぼです。



毎年、ニッポンの原風景がココにあると思い6年間!

ついに、カメラに残すことができました。


思っていても、次にいったら稲穂が大きくなって水が少なくなってたりするのでタイミングをはずしていましたが、ようやくのショットです!










【菅原町の歴史】

 昔、菅原町は「塚原村」でした。
 芦名の時代、塚原館というヤカタが築かれ地域の中でも要所だった場所です。そこに、会津藩主3代目の蒲生氏郷が近江から多くの職人を連れてきました。その職人とは、漆職人でした。その多くがこの会津北方塚原の地で会津塗りの産業を起こしました。
 当時、会津若松は黒川といい、蒲生氏郷が会津に入り自分の故郷である近江日野の若松の森を懐かしんで、黒川を改め若松としました。
 今でもその当時の文化がこの喜多方菅原町には残っております。

詳しくは、マルキタ本店(北見八郎平商店)の東側石碑をご覧ください。
コメントする
コメント