CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

«★喜多方キューバ交流会★きたかた清水ネットワーク | Main | ★アレックス・カー講演会 in 喜多方★ 講演会要旨まとめてもらいました。»
プロフィール

江花圭司さんの画像
最新記事
最新コメント
★アレックス・カー氏と喜多方の方々が熱い約束をかわしました★ [2010年05月21日(Fri)]

アレックス・カー氏と喜多方の方々が熱い約束をかわしました。


あの日本人よりも日本人らしい外国人。


アレックス・カーが喜多方に来ました!


あの一言

「なんでもない魅力」


2007年7月TBSの情熱大陸で、この強烈な言葉に惹かれました。




さて、昨晩の5月20日(木)18時30分からの講演会のためアレックス・カー氏が喜多方に来られました。



その前に、「NPO法人 まちづくり喜多方」は、会津若松にて「会津・米沢観光圏推進協議会」の総会に出席していました。

今回の講演会は、おなじみのJTB清水常務も登壇されることもあり、上記の総会に出席されていましたもので、喜多方まで送ってきました。



14:30から会津ワシントンホテルで開催された総会も15:30には終了することができ清水常務をきたかたFMの隣のお食事処FUNABAに無事に送り届けることができました。

すでに、アレックス・カー氏は先に入っていました。

憧れの人の前で司会進行を務めることになり、前打ち合わせで一緒になることができました。思わずアレックス・カー、清水常務と一緒にスリーショットいただきです!






さて、講演会が始まります。

北方風土館の席が満員になりました。

地元の来場者の数名は、1995年2月の「芸術新潮」で、白州正子さんとアレックス・カー氏の「“ほんもの”とは何だろう?」という特集で感銘を受けた方々で当時の書籍を持ってサインをいただいておりました。


(司会進行 喜多方蔵の会 NPO法人まちづくり喜多方 江花圭司)

●主催者あいさつ 喜多方蔵の会 会長 上野利八氏より

●お二人のプロフィール紹介
 アレックス・カー氏
  2007年7月にTBS系「情熱大陸」で紹介
  著書「犬と鬼」「美しき日本の残像」など

 清水慎一氏
  鰍iTB常務取締役
  喜多方ふるさと大使
  会津ディスティネーションキャンペーン、極上の会津の火付け役

●アレックス・カー氏 講演
 1.日本の対する問題提起
 2.chiori「アレックス・カーの見つけた桃源郷“chiori”」
 3.庵「美しい日本を残したい」



なんと、アレックス・カー氏は今から20年前に見たNHK「新日本紀行“蔵住まいの町喜多方」を見て喜多方を訪問したい思いを抱いていたそうです。

その念願が今回叶ったと言っていました。

午後、喜多方のまちなかを案内しましたが、全国でも喜多方のまちなみは奇跡と言うくらい蔵と文化が残っていると絶賛していました。。



●質疑応答

ボクの友人で先生の東山雅広さんが郡山から駆けつけました。
率直な質問をされたことに感激。
「全国で好きな地域を3つ挙げるとしたらどこですか?」

 徳島県祖谷(いや)
 京都(きょうと)
 長崎県小値賀町(おぢか)
 福島県喜多方
 タイ

3つ以上挙げられましたが、喜多方も入っておりました。さらには、今回を契機に様々なプロジェクトで関わっていきたいと思っても見ない力強い言葉をいただきました。


「次回、アレックス・カー氏が喜多方に来られるまでに『何でもない喜多方の魅力』をピックアップしておいてください。」と最後に、講演会にお集まりいただいた皆さんに江花圭司から宿題を出させていただき、来年また喜多方に来ていただく約束をして大きな歓声のもと盛会に講演会を終え、お決まりの喜多方流大懇親会となりました。



懇親会では、うちのNPOの在日タイ人(^_^;)武藤くんがタイにいた経緯をアレックス・カー氏に紹介し「ろくさい」から持ってきた小ネタを装着して記念写真を撮りご満悦です。





【最近、美しいと思う東洋】
麗江旧市街(リジャン)
コメントする
コメント
お疲れさまです!!!
行きたかったです…
予定していたのにぬけていました。
後悔しています…
Posted by: 那知上  at 2010年05月22日(Sat) 01:49