CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

公益社団法人神奈川県聴覚障害者協会

公益社団法人神奈川県聴覚障害者協会のブログです。協会の活動、聴覚障害者及び手話に関する情報を載せていきます。よろしくお願いします。
ウェブサイトもよろしく。
http://www.kanagawa-a-deaf.org/


神奈川県内自治体の特別定額給付金申請受付状況更新のお知らせ [2020年06月16日(Tue)]
 神奈川聴覚障害者新型コロナウイルス危機管理対策本部Facebookの神奈川県内自治体の特別定額給付金申請受付状況が更新されました。
 今回の更新内容は以下の通りです。
 @ 藤沢市の申請期限(8月31日)の記載
 A 座間市の問い合わせ先のF A X番号の記載
 
 申請期限は申請受付から3ヶ月ですので、期限を確認して早めに申請してください。
 わからないことなどありましたら、お住まいの市町村に問い合わせるか、神奈川聴覚障害者新型コロナウイルス危機管理対策本部または神奈川県聴覚障害者協会まで連絡願います。

神奈川聴覚障害者新型コロナウイルス危機管理対策本部Facebook
https://www.facebook.com/KFD.COVID19/
ロータリークラブからフェイスシールドを寄贈していただきました。 [2020年06月16日(Tue)]
 6月10日(水)、神奈川県聴覚障害者福祉センターにおいて、国際ロータリークラブ第2780地区より公益社団法人神奈川県聴覚障害者協会へのフェイスシールド240枚の贈呈式が行われました。
 新型コロナウイルスの感染防止のため、マスク着用が必要となっていますが、聴覚障害者、特に手話でコミュニケーションするろう者の場合は、マスクをされると表情や口元が見えず、コミュニケーションがしにくくなってしまいます。そのため、手話通訳者はマスクを外して通訳を行わざるを得ず、感染の危険が大きくなることが問題となっていました。この手話通訳者の通訳時の感染の危険性を少しでも減らすためには、透明マスクやフェイスシールドが必要ですが、なかなか入手することが難しく、困っていたところ、このことを、以前から当協会を支援してくださっている藤沢北ロータリークラブが知り、今回フェイスシールドを寄贈してくださいました。
 いただいたフェイスシールドは、市町村で活動している手話通訳者、高齢ろう者の支援活動をしているヘルパーなどに配布して有効に使っていきたいと思っております。
贈呈式の様子
写真左:藤沢北ロータリークラブ渡邊昭氏
同 右:当協会理事長 渡邊千城
検索
検索語句
タグクラウド
プロフィール

神奈川県聴覚障害者協会さんの画像
https://blog.canpan.info/kanagawa-a-deaf/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/kanagawa-a-deaf/index2_0.xml