CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

公益社団法人神奈川県聴覚障害者協会

公益社団法人神奈川県聴覚障害者協会のブログです。協会の活動、聴覚障害者及び手話に関する情報を載せていきます。よろしくお願いします。
ウェブサイトもよろしく。
http://www.kanagawa-a-deaf.org/


−全日本ろうあ連盟創立70周年記念映画「咲む」県域上映会活動のお知らせ(11/25更新)− [2020年11月25日(Wed)]
映画「咲む」の県域上映会活動が始まります。
限界集落での若いろう女性の奮闘を描いた誰もが楽しめて笑顔になる至極のエンターテインメント作品です。
「咲む」の公式ホームページはこちらです。
【チケット】1,200円(高校生以上)/500円(小中学生)※乳幼児無料

 

【上映会場・日程】
2020/11/28(土)  相模原市あじさい会館 ホール
2020/12/6 (日)⭐︎ 藤沢市市民会館 大ホール
2021/1/17 (日)⭐︎ 平塚市中央公民館 大ホール
2021/1/31 (日)  秦野文化会館 小ホール
2021/2/7 (日)  逗子市文化プラザ なぎさホール
2021/2/14 (日)  横須賀市はまゆう会館 ホール
2021/3/6(土)  相模原市あじさい会館 ホール
2021/5/4(火)  茅ヶ崎市民文化会館 小ホール
詳しくは 「上映会計画」を参照願います。
【チケット購入方法】
日付の後に☆マークがついている上映会のチケットはこちらで購入できます。
それ以外の会場については、下記の問合わせ先までお問い合わせ願います。
※できるだけFAXまたはメールでお願いします。
【その他】
・手話、日本語字幕、音声ガイドがついています。
・入場制限など新型コロナ感染対策を行っての上映会となります。席が限られているため,早めのチケット購入をおすすめします。
【問合せ先】公益社団法人神奈川県聴覚障害者協会
TEL 0466-26-5467/FAX 0466-26-5454/kana_d5454@rondo.ocn.ne.jp
12月6日(日)、GO!デフ・ワールド21を開催します。 [2020年11月25日(Wed)]
 感染拡大のためしばらく休止していたGO!デフ・ワールドを再開します。
 今回は、zoomによるオンライン形式で行います。講師は那須英彰さんです。
旅が大好きな那須さんがこれまでにいろいろな訪問した国々の自然や文化を魅力ある手話で面白おかしく話していただきます。どんな話が出るか、お楽しみに!
 友人、家族をお誘いあわせの上、いらしてください。

日  時: 2020年12月6日(日)14:00〜15:20
場  所: 神奈川県聴覚障害者福祉センター大講習室
チケット: 2,000円(神聴協・バッジ協・県サ連会員1,000円)
定  員: オンライン100名 モニター視聴15名
申込締切: 11月29日(日)23時
※申し込み方法:11/29までに神奈川県聴覚障害者協会(kana_d5454@rondo.ocn.ne.jp)にメールにてお申込みください。入金方法及び詳細をご連絡いたします。
(1)オンライン(Zoom)での参加か、(2)神奈川県聴覚障害者福祉センターでのモニター視聴参加のいずれかを書いてください。
※詳細については事務所までお問い合わせください。
※詳しくは以下のチラシをご覧願います。
GO!デフ・ワールド21チラシ
新型コロナウイルスの受診の相談方法の変更について [2020年11月10日(Tue)]
 これまで、発熱、せきやのどの痛みがあり、新型コロナウイルス感染の疑いがある場合は帰国者・接触者相談センターに連絡して、センターからの指示に従って受診または自宅待機していましたが、11月2日からこの相談体制が変わりました。
 今後は、発熱、せきやのどの痛みがあり、診療を希望する場合は、まずはかかりつけ医(いつも診てもらっている近くの医者や病院)に診療可能かどうか相談し、可能ならばそのままかかりつけ医で受診することになります。
 しかし、かかりつけ医がいない、またはかかりつけ医で診療ができない場合は、県が設置する「発熱等診療予約センター」へ診療希望の相談をし、医療機関を予約してもらう方法になります。
 詳しくは神奈川聴覚障害者新型コロナウイルス危機管理対策本部Facebookをご覧願います。

神奈川聴覚障害者新型コロナウイルス危機管理対策本部Facebook
https://www.facebook.com/KFD.COVID19/
神奈川県聴覚障がい児等手話言語獲得支援事業スタッフ募集 [2020年07月01日(Wed)]
当協会の上部団体である、一般社団法人神奈川県聴覚障害者連盟は、神奈川県手話言語条例に基づく事業の神奈川県聴覚障がい児等手話言語獲得支援事業を神奈川県から委託を受けて実施することになりました。
現在、今年の秋以降の開催にむけ、この事業の運営を担うスタッフを募集しています。

皆さんもぜひ応募してくださるようお願いします。

------------------------------------
<募集案内> 
募集人数20名程度
【条件】
ろう者:日常生活で手話を使用している方
聴者:手話通訳者またはろう者と手話コミュニケーションができる方
共通:子どもとふれあうのが好き/毎月2回の交流会に参加できる/スタッフ研修に参加できる
※研修後、個別面談し、条件に合う方を登録します
【待遇】
謝礼・交通費支給
<今後のスケジュール>
スタッフ研修:9月5日・26日 ※その他未定(全5〜6回予定)
※大阪の「こめっこ」での実地研修を含む場合あり
交流会開催予定:11月〜
※コロナウィルスの収束状況により予定変更あり
------------------------------------
詳しくはチラシを参照願います。
聴覚障害児言語獲得事業スタッフ募集チラシ
神奈川県内自治体の特別定額給付金申請受付状況更新のお知らせ [2020年06月23日(Tue)]
 神奈川聴覚障害者新型コロナウイルス危機管理対策本部Facebookの神奈川県内自治体の特別定額給付金申請受付状況が更新されました。
 今回の更新内容は以下の通りです。
  @ 座間市のメールでの問い合わせ先に「問合せフォームメールあり」の記載
  A 大和市の問い合わせ先のF A X番号の記載
 
 申請期限は申請受付から3ヶ月ですので、期限を確認して早めに申請してください。
 わからないことなどありましたら、お住まいの市町村に問い合わせるか、神奈川聴覚障害者新型コロナウイルス危機管理対策本部または神奈川県聴覚障害者協会まで連絡願います。


神奈川聴覚障害者新型コロナウイルス危機管理対策本部Facebook
https://www.facebook.com/KFD.COVID19/

危機管理対策本部Facebookに動画が追加されました [2020年06月17日(Wed)]
 神奈川県聴覚障害者新型コロナウイルス危機管理対策本部Facebookに手話動画「聴覚障害者の皆さんへ〜新型コロナウイルスに感染したかもと思った時は・・・〜(神奈川県内在住の方対象)」の作成時(5月25日)以降の変更点を説明する動画が掲載されました。

変更点は以下の通りです。
@ 県内全域で、新型コロナウイルス指定医療機関の受診の際に、遠隔手話通訳を利用できるようになりました。
A インターネット受信可能なタブレットまたはスマートフォンを持っている場合は、新型コロナウイルス指定医療機関の受診の際に、そのタブレットまたはスマートフォンを持っていく方法になりました。
B FAX相談票の様式の一部が変わりました。

神奈川県内の聴覚障害者の皆さんへの情報提供をお願いします。
 わからないことなどありましたら、お住まいの市町村に問い合わせるか、神奈川聴覚障害者新型コロナウイルス危機管理対策本部または神奈川県聴覚障害者協会まで連絡願います。

神奈川聴覚障害者新型コロナウイルス危機管理対策本部Facebook
https://www.facebook.com/KFD.COVID19/
神奈川県内自治体の特別定額給付金申請受付状況更新のお知らせ [2020年06月16日(Tue)]
 神奈川聴覚障害者新型コロナウイルス危機管理対策本部Facebookの神奈川県内自治体の特別定額給付金申請受付状況が更新されました。
 今回の更新内容は以下の通りです。
 @ 藤沢市の申請期限(8月31日)の記載
 A 座間市の問い合わせ先のF A X番号の記載
 
 申請期限は申請受付から3ヶ月ですので、期限を確認して早めに申請してください。
 わからないことなどありましたら、お住まいの市町村に問い合わせるか、神奈川聴覚障害者新型コロナウイルス危機管理対策本部または神奈川県聴覚障害者協会まで連絡願います。

神奈川聴覚障害者新型コロナウイルス危機管理対策本部Facebook
https://www.facebook.com/KFD.COVID19/
ロータリークラブからフェイスシールドを寄贈していただきました。 [2020年06月16日(Tue)]
 6月10日(水)、神奈川県聴覚障害者福祉センターにおいて、国際ロータリークラブ第2780地区より公益社団法人神奈川県聴覚障害者協会へのフェイスシールド240枚の贈呈式が行われました。
 新型コロナウイルスの感染防止のため、マスク着用が必要となっていますが、聴覚障害者、特に手話でコミュニケーションするろう者の場合は、マスクをされると表情や口元が見えず、コミュニケーションがしにくくなってしまいます。そのため、手話通訳者はマスクを外して通訳を行わざるを得ず、感染の危険が大きくなることが問題となっていました。この手話通訳者の通訳時の感染の危険性を少しでも減らすためには、透明マスクやフェイスシールドが必要ですが、なかなか入手することが難しく、困っていたところ、このことを、以前から当協会を支援してくださっている藤沢北ロータリークラブが知り、今回フェイスシールドを寄贈してくださいました。
 いただいたフェイスシールドは、市町村で活動している手話通訳者、高齢ろう者の支援活動をしているヘルパーなどに配布して有効に使っていきたいと思っております。
贈呈式の様子
写真左:藤沢北ロータリークラブ渡邊昭氏
同 右:当協会理事長 渡邊千城
新型コロナウイルス関連動画(6/7更新) [2020年06月07日(Sun)]
新型コロナウイルスについての知識、感染防止や給付金等の制度などについて説明している動画のURLを集めたものを下の場所に保存しました。
(6/7、「平塚市特別定額給付金の申請方法について(手話付き動画)」を追加しました。)
https://kanagawa-a-deaf.org/covid19-mov/
今年度の神奈川労働局の障害者就職面接会は中止に [2020年06月05日(Fri)]
 2020(令和2)年度の神奈川労働局の障害者就職面接会は、新型コロナウイルスの影響で中止になったとの連絡がありました。
 詳しくは神奈川労働局からの通知「令和2年度障害者就職面接会の開催中止について」を参照願います。
| 次へ
検索
検索語句
タグクラウド
プロフィール

神奈川県聴覚障害者協会さんの画像
https://blog.canpan.info/kanagawa-a-deaf/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/kanagawa-a-deaf/index2_0.xml