CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
関西小安協ブログ
>(社)関西小型船安全協会のブログへようこそ。 私たちは第五管区海上保安本部の認可の下に設立されている公益法人です。 当協会はマリンレジャーを楽しむ方々のために活動しています。
このブログで情報交換して、快適で、安全なマリンレジャーを楽しもうではありませんか!!!
« 関東小型船安全協会の活動状況をご紹介します。 | Main | FRP船リサイクルシステムの案内 »
<< 2016年12月 >>
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
山田邦雄会長からの年頭のご挨拶を掲載致します。[2011年12月31日(Sat)]
山田邦雄会長からの年頭のご挨拶を掲載致します。


2012年・年頭のご挨拶
  
                          2012年1月1日



                            関西小型船安全協会
                            会長 山田邦雄  

 会員の皆様、関係諸団体の皆様、新年あけましておめでとうございます。

 昨年3月の東日本大地震、被災されました方々への改めてのお悔やみを申し上げるとともに、着実な復興への本格スタートをされますことを祈念しております。

 さて、今年もわれわれ協会の使命としましてプレジャーボートの安全の向上活動に専念致しますが、冒頭にその背景を皆様にご理解頂きたいと思います。
 海上保安庁で毎年集計されている海難統計によりますと船種別の海難隻数では、2006年にそれまで最大のグループだった漁船をプレジャーボートが上回り、それ以降最大グループのまま持続されています。
 最近の10年間に、社会の変化に伴って漁船もプレジャーボートも登録隻数は年々低下していており、漁船は1998年のおよそ11万隻から最近では約8.5万隻(20トン以下の動力漁船)ですが、プレジャーボートは1998年の43万隻から29万隻へとその低下率はプレジャーボートのほうが著しくなっています。
 そしてこの間に漁船の海難隻数は明らかに減少しましたがプレジャーボートではそうはならなくておよそ横ばいの状態にあります。
 プレジャーボートがアマチュア・ユーザーによるウイークエンド主体の稼動なのに比べ、漁船はプロによってはるかに高い稼動状態にあることは間違いありませんが海難隻数は減少が続いています。
 またプレジャーボート海難のほとんどが人為ミスによるものであるといっても過言ではありません。
 
このような実情にあることを皆様にご理解を頂き、あらゆる機会を捉えてプレジャーボートユーザーの安全意識の向上を図って行くことが我々に課せられた活動のキーポイントであると考えております。
この活動を支援する目的で、昨年末に現場指導用に「海のレジャーは自己責任で」というリーフレットを作成しました。
必要部数を協会宛ご連絡頂きましたらお送り致しますのでご活用下さい。

年頭に当たり皆様方には、ぜひこれまで以上にご支援・ご協力を頂きたく宜しくお願い致します。

 
この記事のURL
http://blog.canpan.info/kan-shoankyo/archive/484
トラックバック
ご利用前に必ずご利用規約(別ウィンドウで開きます)をお読みください。
CanpanBlogにトラックバックした時点で本規約を承諾したものとみなします。
この記事へのトラックバックURL
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
http://blog.canpan.info/tb/234982
 
コメントする
コメント
プロフィール

関西小型船安全協会さんの画像
リンク集
http://blog.canpan.info/kan-shoankyo/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/kan-shoankyo/index2_0.xml