CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

2022年06月06日

5/22 川村ミチルさんの朗読ワークショップ

劇団そらのゆめの川村ミチルさんをお迎えして朗読ワークショップを開催しました。

最初は参加者の自己紹介。
いつもの自己紹介では緊張するからという事で、すり足で真ん中に進み、「われこそは〜」と狂言のような口調で、自分の好きなところを3つ発表しました。

roudoku01.jpg

roudoku02.jpg

なかには笑いを誘う内容もあり、みんなの緊張もとけて和やかな雰囲気になりました。


その後は、2つのグループに分かれて「島ひき鬼」という朗読劇に挑戦!グループの中で、誰がどこを読むのか担当を決め、順番に読んでいきました。

roudoku03.jpg

今までだったら、ただ文章を読むだけだったのですが、川村さんに「驚いた場面では自分も尻もちをついて読んでみるといいよ」など、聞いている人に伝わるように指導してもらいながら読んでみると、自分も作品に入り込む事ができて、読んでいてとても楽しくなりました。

roudoku05.jpg

参加したお子さんで、最初は恥ずかしくて大きな声を出せなかった子も、川村さんのアドバイスを受けるうちに、大きな声を出しながら体全体を使い表現できるようになった事で、みんなの前での発表の時には、とても堂々とした姿になっていました。

roudoku04.jpg

大きな声を出すという機会が少なくなっているときですが、久しぶりに大きな声を出し、みんなで1つの作品を作りあげるという経験ができて、とても良かったです。

アンケートより
・音読とはちがっておもしろいと思いました。(小学生)
・楽しかった。声を出して劇をするのはむずかしいと思った。(小学生)
・初めて本かくてきなげきをやった。(小学生)
・朗読は見たことも当然やったこともなかったので、すごく面白いんだなと知れてよかった。セリフがあったわけではないけど、役に合わせて話すのが楽しかった。(中学生)
・自己紹介からびっくりの展開で、ワークショップ全体が流れるように進んでいき、ミチルさんの声と動きにどんどんひきこまれてあっという間の時間でした。日常から離れて元気をたくさんもらえました。ありがとうございました。(大人)
posted by 各務原子ども劇場 at 15:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 鑑賞

2022年05月09日

4/29 大きな紙にお絵かきしよう 手形・足形アート

予定していた日程が雨予報だったため、
急きょ、おだやか荘をお借りしての開催となりました。
たくさんの小さな芸術家さん(*´▽`*)

1.jpg

2.jpg

3.jpg

4.jpg

5.jpg

6.jpg

7.jpg

8.jpg

9.jpg

10.jpg

思い思いの作品ができ上がりましたね〜
この日は、ボードゲームやカードゲームする姿もみられました(^o^)
家ではなかなか出来ないので楽しかったです、という声もきかれました。
posted by 各務原子ども劇場 at 12:25| Comment(0) | TrackBack(0) | プレーパーク

2022年04月16日

3/27 中学生以上例会『トッケビー鬼ヶ島と呼ばれた島ー』

新型コロナウイルス感染症のため、以前の生活には戻れぬまま社会がポストコロナに向けて動き始めています。その中、中学生以上例会も人数の制約や感染症対策に十分注意しながら開催することができました。

地元の劇団むすび座さんによる人形劇「トッケビ −鬼ヶ島と呼ばれた島−」は中学生以上の未来の大人に向けたメッセージ性の強い作品だったなあと感じました。

tokkebi02.jpg

お話の舞台がお隣の国、韓国ということで、体育館のステージを背に作られた平土間の舞台と黒の暗幕と竹素材を生かした舞台の背景素材は、アジアのイメージでしょうか。今作品は鹿児島子ども劇場の子ども青年が参加したプロジェクトから出来上がった作品で近代韓国と日本の歴史を下敷きに桃太郎のお話を設定に用いたものです。 

近代韓国と日本といえば李氏朝鮮時代から始まる明治日本との関り、第二次世界大戦時の植民地政策といった歴史的にもとても重く、考えていかなければならないことがたくさんあります。平成令和といった時代のなか「冬のソナタ」のように韓国のK-POPを中心とした音楽・ドラマ・映画などの文化交流も盛んです。華やかな文化交流の陰に隠れがちですが、韓国との歴史には悲しい過去があり、それを忘れてはいけないのだと、考えさせられました。

tokkebi03.jpg

演者さん四人で人形を操り、村人を演じの大忙しでしたが、人物たちが生き生きとし人形に表情が見えてきて、引き込まれる舞台でした。

tokkebi09.jpg

手柄を立てるため「タロの国」からやってきた桃太郎一行ですが、トッケビとともに生きていた島人たちを巧みに誘導し植民地化していく姿とそれに流されていく島人、そしてそこに淡々と生きていこうとするおばあさん。あっという間に島人たちの意識も変わっていく様子や桃太郎たちの姿が恐ろしく、人とは何かを考える助けになったのではないかと思います。


看板

tokkebi01.jpg

今回は切り絵風の看板に。
透明感ある作品が、もの悲しさを伝える劇のイメージにぴったり。
陵南ブロック作品です!


プレゼントプレゼント

tokkebi10.jpg

tokkebi04.jpg

旅に出るような堤の中身は手作りブックマークと韓国&桃フード


小夜食

tokkebi05.jpg

✿春がテーマの小夜食は緑陽ブロック作
デザートは那加ブロック作




tokkebi08.jpg

tokkebi07.jpg

劇団さんの食卓を華やかに飾ったバラの花は会員の青年が生けてくれましたぴかぴか(新しい)

tokkebi06.jpg
posted by 各務原子ども劇場 at 21:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 鑑賞

2022年04月15日

3/20 尾崎ブロック活動

今年度はコロナ禍の中で楽しい活動がなかなかできなかったので、尾崎団地から車で5分の所にある、岐阜市岩滝の「陶房蟲蔵」さんにお邪魔して陶芸体験をしてきました。

02.jpg

いろいろな作り方があるので「これも作ってみたい…色はどれにしようかな…」など悩むのが楽しかったです。

01.jpg

お茶碗、マグカップ、小鉢、立ち雛、お地蔵様、手びねりの花瓶、お皿など、様々な作品ができました。

03.jpg

楽しくて、あっという間の3時間☆ 焼き上がりは1か月後なのでどんな作品ができあがっているか楽しみです(^^♪  
posted by 各務原子ども劇場 at 21:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ブロック活動

2022年04月14日

3/20 大野さんのお話を聞いてみよう

『トッケビ』事前企画
第2部「大野さんのお話を聞いてみよう」

第1部でキンパを作った後は2階の部屋で第2部スタートexclamation

前半はむすび座の大野さんと1時間ほどのワークショップを参加者全員で楽しみましたるんるん

ワークショップの内容は、実際に鹿児島と韓国のこども劇場の中高青が楽しんだ交流です。言葉が通じないので、大野さんがその場で知恵を絞って考えたそうです。

@円になって「わたし」「あなた」とお互い言い合う

b01.jpg
わたし→あなた→わたし→あなた・・・

<ポイント>
・意思をはっきり伝える
・受け止める側もしっかり返事をする

A円になって相手の名前を言う&手振りをつける

b02.jpg

<ポイント>
・呼んでほしいニックネームをおなかに貼る
・テンポよく指さしも加える

Bエアバレーボール(6名グループで空想のバレーボールをする)

b03.jpg

b04.jpg

<ポイント>
・対戦試合
・名前を呼びボールを渡す
・しっかりアイコンタクト

エアバレーボールは本当に対戦しているような気分になりました。5ポイントを先に取ったら勝ちで、相手の名前を呼んできちんと伝えることが大切です。失敗したときはお互い「どんまい!」と言い合い、点が取れた時はチームで喜び合うことが大切です。

ワークショップ後は制作時の裏話や、鹿児島のこども劇場の中高青と大人の韓国取材ツアーの話を大野さんより聞きました。

トッケビは中高青を対象とした人形劇で、中高青のプロジェクトチームをつくって、台本・脚本・作曲といろんな人が関わって制作されました。想像力を搔き立てる人形劇に仕上がっているそうで、1週間後の例会がとても楽しみです。

質疑応答では大野さんの「むすび座」に入るいきさつ、「ほげ」(大野さん)のなぞ、人形の制作費用や時間など、大野さんの人柄の良さと面白さに引き込まれました。

トッケビの人形は他の例会の都合でこれませんでしたが、代わりにピノキオが来てくれました。

b05.jpg

b06.jpg

b07.jpg

チャレンジしてくれた3人!素晴らしい人形遣いでした!
posted by 各務原子ども劇場 at 21:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 鑑賞

2022年04月12日

3/20 キンパを作ろう!

『トッケビ』事前企画
第1部「김밥(キンパ)を作ろう!」

我が家のレシピを紹介させて頂きました(^^)
具の準備の説明後、テーブル毎に調理スタート!

b01.jpg

b02.jpg

b03.jpg

皆さんとても手際が良く、どんどん具も仕上がっていきます。
確認しながら丁寧に仕上げるグループ、具をきっちり等分するグループなど、見ていても楽しかったです♪
巻き巻きした김밥、会場が飲食禁止でみんなで一緒に食べられず残念・・・。
早くみんなでわいわい食事ができる日が来るといいですね(^^)
posted by 各務原子ども劇場 at 21:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 鑑賞

2022年04月11日

3/19 いのちの授業 中学生対象

3月19日、『ここいく』さんによる中学生対象「いのちの授業」がありました。

b03.jpg

最初に、手洗いや鼻呼吸など免疫力についてのクイズをしたあとは、男女それぞれの体のお話です。これまでも何度か耳にしてきたお話ですが、聞いていて毎回思うのは、もしこんな機会がなく、男女の体のしくみや妊娠出産について娘に聞かれたら、私はこんなに明確に、大切なこととして伝えることができるかな?ということです。きっと照れてしまって、何となくごまかしてその場を過ぎてしまう。そして、大人がそうやってやり過ごしてしまうことで、子どもは、何となく聞きにくいと感じてしまうのかもしれない。こんな風に「大切なことだよ」と伝えてもらえるチャンスがあってよかった!と思っています。

b01.jpg

『思春期のあなたへ』というテーマの中で、「大好きな人ができたとき」というお話もありました。まぁいいかな…と思っての行動でも、もう妊娠することができる体になっている。もしそうなったら、大好きな相手に相談できますか?相談できる大人はいますか?というお話は、親として聞いていてもハッとさせられました。まだまだ子ども…ではなく、1人の人として自分で判断できるようにサポートしていくことが、これからの私の役割なんだなぁと感じました。

b02.jpg

そして、いのちの成り立ちのパネルシアター。歌や朗読の声が優しくて…「生まれてきてくれてありがとう」のメッセージは、娘が小さかった頃の、ただ笑っているのを見るだけで幸せだった気持ちを思い起こすことができて、いつも心があたたかくなります。

参加していた子ども達は、下を向いていたりして、何を聞かれてもシーン…って感じでしたが、後ろからその姿を見ていて、心はちゃんとこの話に向いているんだなと感じました。一人一人色んな葛藤があり、たくさんの情報がある中で、今回の話を聞いてすぐに「そうか、わかった!」とは言えないくらいに成長しているんだと思います。この「いのちの授業」をきっかけに、子どもから成長を遂げる思春期のあなたを見守ろう、と決意を新たにしました。でもまたすぐに「部活の水筒洗ってないじゃん!」って、怒っちゃうんですけどね…。今回も、素敵なお話をありがとうございました。
posted by 各務原子ども劇場 at 21:00| Comment(0) | TrackBack(0) | いのちの授業

2022年04月10日

3/13 山のぼり

3月13日(日)蘇原自然公園にて、山登りをしました。

b01.jpg

幼児〜大人まで、一般親子の参加もあり、頂上まで頑張りました。

b02.jpg

いい眺め〜

b03.jpg

b04.jpg

b05.jpg

b06.jpg

山を降りるころには、幼児と高校生も仲良くなり手をつないで降りていきましたよ。

公園には梅が咲き、春を感じられましたね〜

b08.jpg

山を降りてからも鬼ごっこをしたりしながら遊んでいました。
幼児と高校生の鬼ごっこ、遊ぶのに年齢は関係ありませんね〜。

b07.jpg

次回のプレーパークは4月29日(日)
浄水公園でお絵描きする予定です♪

nami
posted by 各務原子ども劇場 at 21:00| Comment(0) | TrackBack(0) | プレーパーク

2022年04月09日

2/27 いのちの授業コンサート

b0227pm6.jpg

人がたくさん集まることができない、
入場制限がありチケットも定員の半分しか売れないがく〜(落胆した顔)

残念な条件ばかりだけど、
今伝えたい、命の大切さと、楽しむということを
音楽、舞台芸術の力を借りて私達でできることをと
子ども劇場の会員でもあるここいくのメンバーと取り組みましたグッド(上向き矢印)

岡田健太郎さん、劇団風の子中部さんのご協力で
すきま風がスースーの村国座もあたたかい空間となりましたぴかぴか(新しい)

まるしぇと同日開催でありながら、
お手伝いいただいたみなさんもありがとうございましたぴかぴか(新しい)

b0227pm1.jpg  

b0227pm2.jpg

b0227pm3.jpg

b0227pm4.jpg
↑おそらくリハーサル風景です

メモコンサートアンケートより

かわいい赤ちゃんは、こうやってあーやってうまれてくるんだな。大人もがんばってうんでいるんだなって思った。(小2)

かわいい言葉と言葉が心に沁みました。生の授業なのでよく伝わりました。卵巣の映像も神秘的でなかなか見られないものなので良かったです。(大人)

かわいい最後の曲を聴いていたら、自然に涙があふれてきました。男の子・女の子・普通って?考えさせられました。(大人)

b0227pm5.jpg
posted by 各務原子ども劇場 at 19:00| Comment(0) | TrackBack(0) | いのちの授業

2022年04月07日

2/27 あったまるしぇ

初めて屋外マルシェを主催exclamationあったまるしぇ、スタート〜るんるん

b0227.jpg

オープニングは各務原市ラジオ体操連盟さんによる
ラジオ体操第一でみんなであったまろうるんるんるんるん

b022701.jpg

みんなで体操、健康的わーい(嬉しい顔)

b022700.jpg

ラジオ体操なんて久しぶりだわ〜(勝手にアテレコ)

b022702.jpg

小学生のアイディアが形になった、射的ガチャガチャのお店るんるん

b022703.jpg


b022715.jpg

アクティブK(子ども劇場の中・高・青年)のお店。
ストラックアウトは会員の高校生が文化祭のために作った力作ぴかぴか(新しい)

b022712.jpg

魚つり星座(うお座)こちらも子どもの手作りでするんるん

b022705.jpg

b022707.jpg

フリーマーケット演劇掘り出し物ありますよ〜

b022713.jpg

handmadeるんるんの手芸品はいつも大人気黒ハート

b022706.jpg

いらっしゃいませ〜
CRAMBONさん(関市)のパン、あしたの会さんのクッキーですよわーい(嬉しい顔)

b022708.jpg

竹林救援隊さんのお店はバラエティに富んでますexclamation

b022709.jpg

b022719.jpg

竹あかり作り体験コーナーグッド(上向き矢印)

b022717.jpg

ラジオ体操連盟さんのわなげも大人気るんるん

b022710.jpg

コこ弧さんはカフェインレスの珈琲を販売喫茶店

b022704.jpg

レストラン具だくさん豚汁(子ども劇場・中央ブロックのお店)
レストラン里芋の唐揚げ(cafeFROGさん(岐南町))
どちらも絶品でしたよるんるん

1649459987868-0.jpg

他にも古民家えんがわさんは杵つきお餅のぜんざい、
子ども劇場・鵜一ブロックのお店ではスープを販売してましたわーい(嬉しい顔)
村国会館の中ではフットセラピーも営業いい気分(温泉)ぴかぴか(新しい)

大勢のお客さんが遊びに来てくれましたるんるん

b022711.jpg

雨が降ったり止んだり。

b022714.jpg

コロナ禍だけどできる劇場まつりを、と実行委員が集まって、
外でやる「まつり」=村国神社での開催に至りました。

他団体やお店ともつながることができて、
会員だけではできない形の、あったかいまるしぇになったと思います。

ご縁、ご協力、子どもたちの笑顔、お天気
いろんなことに恵まれました。(天気はギリギリ!)
ありがとうございましたぴかぴか(新しい)
posted by 各務原子ども劇場 at 21:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 地域とのつながり