CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 2006年07月 | Main | 2006年09月»
目 次
https://blog.canpan.info/kaizokudan/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/kaizokudan/index2_0.xml
Google

CANPAN全体
このブログの中
<< 2006年08月 >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
リンク集
月別アーカイブ
風の影(カルロス・ルイス・サイフォン著)(集英社文庫) [2006年08月11日(Fri)]
久しぶりに、書は元気の源に記事アップです!

今日ご紹介するのは、

風の影

カルロス・ルイス・サイフォン著
集英社文庫



です!

といっても、書の内容そのものではなく、ふと心にとまった一文について書きたいと思います。

この書の上巻の141ページに、

「この世は溲瓶とおんなじだ、たったいちどでいいから、バルセロナのサッカーチームがリーグ優勝するのを見とどければ、このおれも心おきなく死ねるだろう、」

という一文が出てきます。

バルセロナのサッカーチームといえば、今では、FC Barcelona(FC Barcelona)が超強豪&超有名ですよね。あの、Ronaldinho(ロナウジーニョ)もいますし。

でも、この一文の舞台である1950年代のバルセロナでは、今のFC Barcelonaの活躍は夢にも想わないような状況だったんでしょうか!?

バルセロナには一度も行ったことがないけれど、なんだか自分の中で親しみのある存在になり、書を読みながら勝手にMyバルセロナのイメージを膨らませています。

こういう一文に触れるたびに、書って本当に素敵だなって思います!まる
| 次へ