CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
«2011年2月17日今日の空 | Main | 2011年2月20日今日の空»
目 次
https://blog.canpan.info/kaizokudan/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/kaizokudan/index2_0.xml
Google

CANPAN全体
このブログの中
<< 2019年03月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
リンク集
月別アーカイブ
【開催案内】助成金活用の基礎&ノウハウ提供セミナー(3月2日(水)18:30〜20:30@CANPANセンター) [2011年02月18日(Fri)]
日本財団セミナー3.0プロジェクトによるセミナーが始まります!

第一弾は助成金に関するセミナーです。

日本財団は、毎年約4,000件の事業に助成を行っています。そして、1993年度より開始したボランティア支援制度では、NPO法人や任意団体を対象に、累計で9,526事業に対して約159億円の助成を行ってきました。

この助成実績に加え、日本財団は、審査から事業管理、申請相談などまで、すべてを職員自身が行う方式を取っております。

つまり、私たち日本財団の職員には、助成金に関する様々な情報やノウハウが詰まっているのです。特に、実際に審査を行う立場だからこそのノウハウは、助成金の活用を検討されるみなさんのお役に立つこと間違いなしです!!

そこで、この助成金に関する基礎的な情報やノウハウを、広くみなさんにお伝えする機会を、セミナーという形で提供したいと思います。

さらに!!今回のセミナー講師は、あの!荻上健太郎がつとめます。(自分であの!って言ってすいません(笑))

私、荻上健太郎は、これまでに全国各地で80回以上、助成金に関するセミナーを開催してきました。(過去の開催実績はこちら

今回は、これまでに培ってきたノウハウを、惜しげもなく(笑)すべて提供いたします!

助成金の活用を検討されているNPO等のみなさんはもちろん、助成財団等のスタッフのみなさんも、ぜひご参加ください!!


<開催案内>

■タイトル:
助成金活用の基礎&ノウハウ提供セミナー

■趣旨:
助成金の基礎や申請書作成時のポイント、助成する側の考え方や付き合い方など、助成金を活用する際に必要となる基本的なノウハウをお伝えするセミナーです。

また、このセミナーをこれまでに全国各地で80回以上開催してきたノウハウ自体の検証と改善もしたいと考えおりますので、NPO等の助成金活用を検討している方だけでなく、助成財団等のスタッフのみなさんにもぜひご参加いただければと思います。

■日時:
2011年3月2日(水)18:30〜20:30

■場所:
CANPANセンター(東京都港区虎ノ門1-15-16海洋船舶ビル8階)
(地図:http://canpan.info/information/index.html#access

■対象:
助成金活用を検討しているNPO等のスタッフ、助成財団のスタッフなど

■定員:
30名

■参加費:1000円(資料代込み)

※参加費は、日本財団の寄付プロジェクト「夢の貯金箱」へ寄付させていただきます。

■講師:
荻上健太郎(日本財団海洋グループ)
※講師のブログはこちら⇒晴耕雨読

■主催:
日本財団セミナー3.0プロジェクト

■お申し込み方法:
お申し込みはこちらのフォームからお願いします。
お申し込みフォーム

※定員を超えた参加申し込みがあり、ご参加できない場合のみご連絡させていただきます。

■お問合せ先
荻上健太郎(日本財団海洋グループ)
電話:03-6229-5111(コールセンター)
メール:k_ogiue@ps.nippon-foundation.or.jp

以上
トラックバック
ご利用前に必ずご利用規約(別ウィンドウで開きます)をお読みください。
CanpanBlogにトラックバックした時点で本規約を承諾したものとみなします。
この記事へのトラックバックURL
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
トラックバックの受付は終了しました

コメントする
コメント
今年の4月にNPO法人健康・環境研究協会を設立したものです。「助成金活用の基礎&ノウハウ提供セミナー」をネットで知り、受講したいと思ったのですが、残念ながら3月に行われており、知るのが遅すぎました。今後、開催されるご予定がありましたら、ぜひ、参加いたしたいのでご連絡をお願いいたします。なお、このメールは、現在、勤務中の会社より送信いたしております。このメールに対する返信は、「sp884k59@hyper.ocn.ne.jp」、またはこのメールに直接、返信いただければありがたいです。よろしく、お願いいたします。
Posted by: 林原典生  at 2011年08月03日(Wed) 14:05