CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
«2008年7月の無料出張セミナー・巡業予定(イベント・セミナーのスケジュール) | Main | 2008年7月3日 今日の空»
目 次
https://blog.canpan.info/kaizokudan/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/kaizokudan/index2_0.xml
Google

CANPAN全体
このブログの中
<< 2019年03月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
リンク集
月別アーカイブ
【レポート】総会記念講座「NPOの資金調達−助成金活用のツボ」in倉敷 [2008年07月02日(Wed)]
先日、岡山県倉敷市で、くらしきパートナーシップ推進ひろばさん主催により開催されました、

総会記念講座
NPOの資金調達−助成金活用のツボ


のレポートをお送りします。

【レポート】総会記念講座「NPOの資金調達−助成金活用のツボ」

この講座は、ひろばさんの総会の前段として、記念講座という位置づけで開催されました。

講座のポイントは、

<講座のポイント>
(1)NPOの資金源の一つとしての助成金活用法
(2)助成する側の視点を学ぶ
(3)助成金を申請する際に考えること
(4)日本財団の助成制度

をお話し、学んでいただくことです。

今回の講座ので印象的だったことは、ファシリテートの大切さです。

主催者の佐藤さんが、私の発表を受けて、こんな風にまとめてくれました。

「助成金は、プロポーズと一緒ですね。相手のことをよく知らないでアタックしても、うまくいくことはまずない。お互いによく理解しあっていれば、幸せなゴールにたどりつくことができる(かも)。」

そして、参加されている地域の方にとって分かりやすいように、視覚化をしてくださりました。



このように佐藤さんがうまくファシリテートしてくださったので、参加された方の理解度、腑に落ちる度もグっとたかまったのではないかと思います。

地域の中間支援をする場合、この講座のように外部の力をいかに地域の人の力につなげるか、そのつなげるファシリテート力が重要になるなぁ、ということを改めて感じました。

余談ですが・・・

その後の総会にも参加させてもらいましたが、そこから一言。

くらしきパートナーシップ推進ひろばさんは、年間予算50万円程度の小さな団体で、しかも任意団体です。

ですが、総会に提出された事業報告書は約30ページもあり、内容もとてもしっかりしたものでした。

NPOの情報開示の惨憺たる状況を考えると、この規模でもここまでできるんだということで、もっと見習って欲しい団体が多いなぁと思いました。

■講座のレジュメ


■講座の模様
○会場は倉敷市民会館


○講座の模様


以上
トラックバック
ご利用前に必ずご利用規約(別ウィンドウで開きます)をお読みください。
CanpanBlogにトラックバックした時点で本規約を承諾したものとみなします。
この記事へのトラックバックURL
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
トラックバックの受付は終了しました

コメントする
コメント
さとうたかひろさん

コメントありがとうございました!

事業報告書については、本当に多くのNPOにもみならってほしいなと思い、ブログにも書いてしまいました。

ぜひぜひこれからもCANPANも使い倒してください。

またご一緒できる日を楽しみにしてます!

荻上
Posted by: 返)→さとうたかひろさん  at 2008年07月19日(Sat) 09:19

荻上さま

「事業報告書」までお褒めいただいて恐縮ですー。
実は、きちんと書くのは初めてなんです。初心者

今年度はCANPANの情報開示5つ★をめざそうという事で、まずは事業報告書を書いてみました。

でも、それで力尽きてしまい、事業計画書は書けなかったという、笑える?団体です。笑顔

3年ほどかけて、まっとうなNPOになっていく予定です♪
Posted by: さとうたかひろ  at 2008年07月09日(Wed) 01:35