CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 2011年06月 | Main | 2011年08月 »
<< 2011年07月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
月別アーカイブ
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
ネパールとザンビアのスタディツアー[2011年07月25日(Mon)]
同じく、AMDAさんからネパールとザンビアのスタディツアーの案内をもらってますので
転載しますね〜。

〆切間近です!

========================================================================
♪秋のスタディツアー 参加者募集中
国際協力の最前線で本当に役に立つ支援を考えてみませんか?
http://www.amda-minds.org/index.php/studytours2011/
募集期間:2011年7月31日(日)必着
※先着順にていずれのツアーも最大15名で締め切ります

◆ザンビア 「結核とたたかう子どもたちに笑顔を」
NGOの活動現場で様々な人と交流し、学び、そして体験する。
日時  :2011年9月18日(日)−25日(日)8日間
発着空港:関西空港⇒南ア経由
旅行代金:
【会員の方】 315,000円+燃油料、空港税(61,580円見込み)
【新規会員の方】320,000円+燃油料、空港税(61,580円見込み)※会費別
その他 :AMDA-MINDSザンビア担当本部職員全日程同行
ツアーの見どころ:
○受益者やスタッフとの交流
 非計画居住地域(コンパウンド)ツアーやボランティアスタッフの自宅を訪問
○ザンビア料理教室
 地域住民が栽培している野菜を使い、ザンビア料理の教室を開催
○世界三大瀑布のひとつ、ビクトリアフォールズの見学
 リビングストン国立公園を見学

◆ネパール「タライ平野に生きる母と子の今を知る旅」
8年ぶりの開催!村落での母子保健活動や、母子専門病院を視察。
日時  :2011年9月18日(日)−25日(日)8日間
発着空港:関西空港⇒バンコク経由
旅行代金:
【会員の方】 205,000円+燃油料(23,600円見込み)
【新規会員の方】210,000円+燃油料(23,600円見込み)※会費別
その他 :
ツアーの見どころ:
○受益者やスタッフとの交流
 村で母子健康活動を推進している母親グループのメンバーや母子専門病院の医
療スタッフと交流
○JICAネパール事務所NGOデスクを表敬訪問
 ネパールにおける援助動向、人々のニーズ、JICAや現地NGOの活動を学ぶ
○世界遺産、古都バグタプルの見学
 中世の街並みを今に残す古都バグタプルにて、ダルバールひろばなどを見学

詳しくはAMDA-MINDSのホームページをご覧ください。
http://www.amda-minds.org/index.php/studytours2011/
AMDA ザンビア報告会 8/3(水)[2011年07月25日(Mon)]
皆さま

東北支援でも大活躍のAMDAさんですが、以前にかいわれ勉強会にもゲストとして参加してもらい、ちょっとした繋がりがあります。

その、尊敬するAMDAさんから、報告会の案内を頂いたのでブログに掲載しておきます。
興味のある方は是非、お気軽に参加されるといいと思います。

私も、以前参加したことがありますが、知ることから始める自分への良い問いかけの時間となりました。会議室の扉を開けるまでは勇気がいりますが、参加してみれば気軽な感じで参加できるのもいいと思います。

以下、転載です。

================================

 AMDA社会開発機構 活動報告会のお知らせ
「がんばれザンビアの子どもたち!」
ザンビア結核プロジェクト活動報告会

【日時】2011年8月3日(水) 19:00−20:30
【会場】オルガビル 5階会議室スカーレット
岡山市北区奉還町1-7-7(岡山駅西口から北へ徒歩7分) 
Tel)086-256-7244 
http://www.okayama-coop.or.jp/ps/kaigishitu.htm

【主催】AMDA社会開発機構


HIV/エイズと結核が人々の健康に大きな被害を与えているザンビア共和
国では、
子どもたちもその脅威にさらされています。
ザンビアにおいて1995年より支援を続けてきたAMDA-MINDSは、今年度よ
り小児結
核プロジェクトを開始しました。このプロジェクトを中心としたザンビ
アにおけ
る結核・エイズへの取り組みを、一時帰国中のザンビア事業統括の工藤
ちひろが
報告します。

本報告会では、日々献身的に活動を行う地域ボランティアの活躍から、
ザンビア
国政府や国際機関との連携に加え、ザンビアでの暮らしまで幅広くお伝
えできれ
ばと思います。

 また報告会終了後には、外務省より委嘱を受けたNGO相談員が、国際協
力やNGO
活動に関する様々な質問に答えるコーナーも設けます。多くの皆さまの
ご参加を
お待ちしております。

【工藤ちひろ(くどう ちひろ)のプロフィール】
看護師/臨床検査技師
2010年5月より、事業統括としてAMDA 社会開発機構(AMDA-MINDS)ザン
ビア事業
に従事。 同国にて結核対策プロジェクトを行う。
過去のAMDAグループにおける活動としては、パキスタン緊急救援活動
(2001年)、
インドネシア緊急救援活動(2009年)等がある。また、青年海外協力隊
員として
マラウィ共和国への派遣(1992年)や、スーダンにおける活動といった
他NGOで
の活動経験を持つ。

【参加のお申し込み・お問い合わせ】
AMDA社会開発機構 担当:山上・梶田 
Tel)086-232-8815 
E-mail)info@ml.amda-minds.org
※参加無料。なお会場の定員は60名です。参加ご希望の方は電話あるい
はE-mail
にて事前にお申し込みください。

================================
本日 延期になりました[2011年07月19日(Tue)]
当日のご連絡で申し訳ありません。

本日のかいわれの会は、台風のため、参加者の身の安全を考慮し、延期することとしました。

また、開催日を調整して、ご案内します。
19日勉強会の内容[2011年07月15日(Fri)]
19日の勉強会、現在、事前申込みは30名ほどです。いつものメンバー、懐かしい人、新しい人、様々で多様性に富んでいます。

まだ受付けていますので、興味ある方はお気軽にどうぞ〜まる

と言うわけで、直前となってしまいましたが、19日の勉強会の内容になります笑い

【タイムスケジュール案】
18:15〜18:25 Introduction(趣旨説明:資源循環の背景、概要など)
18:25〜19:05 講演(川本社長)
19:05〜20:00頃 質疑及び参加者とのクロストーク

その後、懇親会。

【紹介文】(プロデュースしてくれた環境省の方より)
今回の会が、ぜひ岡山の意欲ある人が将来を見つめ、みんなで支え合い高めあうきっかけの一つになってほしいと思います。御参加お待ちしております!興味ありそうな方(学生なども大歓迎ですので紹介していただけるとありがたいです。)と一緒に来ていただければ!

●勉強会『ごみを減らし、資源を大事にする持続可能な社会へ』
 時間:平成23年7月19日(火)18時15分〜20時15分
 場所:国際交流センター5階 会議室(2) http://www.opief.or.jp/oicenter/access.html
 内容:ゲストの活動紹介と参加者クロストークなど
 ゲスト:株)カンサイ社長兼「きなり村」村長 川本 義勝氏
会費:500円程度(ゲストの宿泊費、交通費、会場費をカンパします)
参加フォーム:http://form1.fc2.com/form/?id=418134
【企画意図(ちょっと長いですが)】
東日本大震災もあって、皆さんの価値観が今まで以上に揺さぶられているところもあるかと。
私自身は特に、利益を受けているものがコストも負担するという基本的な価値観を改めて一人一人が持つべきだと強く思い過ごしております。

廃棄物(ごみ)というのは、人が捨てるもの、目の前からなくなってくれさえすればいいもの。
仕事で携わっていない限り、多くの人がごみやごみ処理について興味を持たないでしょう。
毎週決まった場所に置いておけばゴミはなくなっているのですから。

しかし、世の中の目につかないごみ処理の世界ではどのようなことが起きているか?
ごみを出す人の多くは、ごみ処理についてできるだけ安く、問題にならなければいいとだけ考える人が多いのではないかと想像します。
その結果、ごみ処理について携わる人たちの生活に十分な費用が払われず、ごみ処理量そのものも先細り、
不法投棄がはびこり、ごみ処理の世界から地域の環境、日本の環境が崩れ去ってしまう。
豊島の問題など廃棄物業者というのはとかく悪いイメージがありがちですが、その背後には一人一人の心理から生まれる社会構造もあると思います。

廃棄物処理業界は、しっかりと価値あるもの、資源を循環させる業界として、声を上げなければならない、そうした問題意識で、会社や産業廃棄物処理協会を資源循環型に向けてひっぱり、ある日思い立って(?)村づくりをはじめて、自分が肥料をつくり野菜や鶏を育て、資源循環を行動に移されているのではないか!!

今までごみだったものが持続可能な形で自然の中で循環されて新しい価値になるとしたら・・・
誰も「処理する」仕事より「つくる」仕事のほうが楽しいはず!!

つい数年前世界エネルギー機関もピークオイルを宣言し、資源の価値は高まり続けています。今普通に使っているものの材料がある日突然なくなることも十分ありえる社会です。

循環型社会、持続可能な社会って実際いくつくらい想像できるんだろうか?
どんな形があるんだろうか?わくわくする社会にできるんだろうか?
皆さんで一緒に考えられる機会になればと思います。

ゲストの川本さんは、この前広島知事と対談して新聞号外に出てたような立派な方なんですが、そんなことを意に介さない笑顔の絶えない楽しく、パワフルな方です。
積極的な参加、意見をお待ちしております。


●参加希望される場合下記フォームから申込みください!
【参加フォーム http://form1.fc2.com/form/?id=418134 


プロフィール

かいわれの会さんの画像
リンク集
https://blog.canpan.info/kaiware2/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/kaiware2/index2_0.xml