CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 2010年08月 | Main | 2010年10月 »
<< 2010年09月 >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
月別アーカイブ
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
表町で公開ミーティング[2010年09月24日(Fri)]
昨日、9月23日は、表町で行われたイベントに”かいわれの会”としてゆるーく出展してきました笑い

僕たちの動きを、こういうふうに外のイベントでPRするのは3年してきて初めてのことでしたが多くの通りすがりの人が興味を持ってくれて温かい応援の言葉なんかもいただいて、とてもうれしく、楽しい一日となりましたハート

かいわれの会の活動は、地域の人と人を繋げるというコンセプトを持っていますが、地域自体と繫がるという大切さ実感できました♪

というわけで、当日の様子ですペンギン

午前中は、12月に行う、一大イベント”だっぴ”の公開ミーティング
 

通りすがりの人が興味津々に見ていってました(笑)。いつの間にか置いていた活動紹介パンフレットがなくなっていたりと、こういう魅せ方もあるんだなぁ。と新鮮な驚き。

さて、午後からは、メンバーの持ち寄り企画。
チームはるはるさんのイベント紹介&アカペラライブやCOP10生物多様性折り紙、かいわれ的通行人アンケートなどなどキラキラ

COP10 生物多様性折り紙コーナー


かいわれ的、通行人にアンケート。(メンバーで考えた質問を通行人にアンケート。

結果は下記のとおりでした笑い

Q1:エコって楽しい? Yes(31人)  No(10人) どちらとも言えない(4人)
Q2:岡山って好き?  Yes(14人)  No(2人)
Q3:環境系イベント参加したことありますか?  Yes(4人)  No(5人)
その他、COP10って知ってますか?僕たちの活動ってどうですか(笑)、など色々な質問をしました〜走る


   
かいわれ的な広げ方♪[2010年09月14日(Tue)]
こんにちは。
さて、岡山では8月末まで木下大サーカスが来てましたね。
私も見に行きましたが、魅せる手法があるというのはスゴイことだなぁと思いました笑い

一方で、私たちが求めているのは、伝える手法、広げていく手法太陽

パッと弾ける花火的なものは集客も派手さもありますが、じわじわと広がる人と人の繋がり的なものが、やっぱりいいなぁと思ってます。それがかいわれ的な広がりかなと・・山

さて、かいわれの会もそんな感じで進めてきたわけですが、最近、メンバーや周りの人から継続できているコツや、自分たちの地域でも同じように展開するにはどうすればいいかを相談されることがあります。

そこで、いい機会なのでこれまでをふりかえりながら、広がってきたポイントを分析してみました。星

以下、いくつか私が立ち上げ時に考えていて、今でも注意しているポイントについてです。音符

@会の目的を一つに絞る
  かいわれの会の目的は、シンプルに一つだけにしています。
 それは「10年繋がれる仲間を作ること」。
 
 それ以外は、声を出して求めていかないように心がけていました。
 たとえば、若い人への波及を目指すとか、自分たちのモチベーションを上げるとか色々と表に出すことも出来たのですが、敢えてそれらは出していません。

A継続できることを優先
  @の目的にも関係するんですが、会自体は、ある程度、継続しないと10年繋がれる仲間は作れないと思っていました。
 だから、その頻度も、目的も欲張らずに、どの程度なら自分、もしくは自分たちに負担にならないかを測りながらこれまでやってきました。
 (まぁ、まるっきり負担にならないことはないので、負担を楽しめるラインを自分自身でがどこまで分析できているかも重要だと思います)

Bターゲットを絞る
  ターゲットの絞り込みとしては、明確に「若手」に絞っています。
 これは、会の目的、趣旨が若手の繋がりにポイントを置いていて、逆にそれを実現したいと思っていたから。
 
 ただ、次に問われるのが、どんな分野でもいいのか?ということでした。
 これについては、「環境分野」とザクッと括っていますが、理由は、広げすぎると最初から負担が増して継続していくのが困難だと思ったからです。

 結果、自分で広げるのではなく、参加した人たちが、だんだんと分野を広げていってくれている流れとなっていますねウインク

C一本釣り
  あと、参加者や巻き込み先ですが、最初は、ほとんど一本釣りでした。乾杯
 声かけをするときに感覚として持っているのは、話してて、この人面白い、そしてニュートラルだ!と感じた人に声をかけるようにしています。特に大事なのはニュートラスさだと思っています。

D参加者に何を提供でき、共有できるか
  かいわれの会も、最初はただの名刺交換会や飲み会を1〜2回行ってました。ですが、これでは、 10年は続かないとすぐに気付いたので、今の形のようにゲストを呼ぶ勉強会に変えました。

 要するに、その会で何を参加者に提供できるのか。それが魅力あるものか。については検討した方がいいと思いますね。

E団体の色(ブランド)を作る
  以上のような感じで、団体の色(ブランド)を作ってきました太陽
 今から思うと、大体のイメージはあったので、最初から今のような色を目指していたように思います。
 上手くいっているのは、その色に共感してくれる人が沢山いたこと、そして目的をシンプルに 「10年繋がれること」にしていたので、悩んだときに判断がしやすかったことが良かったのではと思います。

長々と書きましたが、これまでの流れとポイントは以上のような感じです。

最近はトランジションタウンなど世界的な動きも出てきていますね。
考え方は、かいわれの会ととても似ているので、同調した展開も面白いかもしれないなと思っています。

県内にいくつも拠点が出来るて、それらが日本中と繋がると思うとワクワクしますね!泳ぐ

-------
かいわれ代表 かしはら  
【自然エネルギーの町 エコツアーのご案内】[2010年09月08日(Wed)]
こんにちは笑い
さて、岡山を自然エネルギーのまちに変えて行こうと様々な活動をする老舗のエネミラというNPO団体があります。
かいわれな人たちも良く知っている、とてもきちんとしたポリシーと実績を持つ団体です。

この代表の方からエコツアーの案内をもらいました。
自然エネルギーで自給自足を目指す町の取り組みを見に行く1泊2日のものです。

内容をブログにも記載しますので、興味がある方は是非この機会をご利用ください♪
詳細は団体のHPにもありますのでご確認ください。

エネルギーの未来を考える会

(以下、案内文)
------------------------------------
10月9(土)〜10(日)の2日間、
中四国地方で唯一の環境モデル都市・高知県梼原町へ行きます。
四国カルスト頂上(標高1400m)に立つ風車をはじめ、
太陽光発電、小水力発電、バイオマス利用、地熱利用など、
豊かな自然を活用して低炭素な地域づくりを目指す
町の取り組みを伺い、施設を見学することにしています。

梼原町は「坂本龍馬」が脱藩した際に駆け抜けた町であることでも知られ、
役場向いの歴史民族資料館では、
現在「土佐龍馬であい博」(サテライト会場)が開かれています。
四国カルスト頂上の国民宿舎「天狗荘」に宿泊した翌日は、
近くのセラピーロード(津野町)散策、「龍馬脱藩の道」や町中の探訪など、
自然エネルギー施設の見学とともに、歴史に触れ、
心身をリフレッシュしていただける内容にしています。
ご都合がつけば、どうぞご参加ください。募集は30名です。
また、周りの方にも参加を呼びかけていただけますよう、
お願いいたします。

【開催日時】:2010年10月9日(土)〜10日(日)
【宿 泊】:国民宿舎天狗荘(四国カルストの頂上にあります)
【定 員】:30名
【締め切り】:9 月27 日
【参加費】 :無料
 ただし、この事業は寄附金により運営いたします。
 実費の半額相当(9,000 円)のご寄附にご協力ください。
 また、夕食と昼食2食分(5,000 円)は自己負担となります。
【申込方法】:以下の項目を記載して、enemira@okayama.email.ne.jp まで。
 ※氏名(ふりがな) ※申込動機
 ※生年月日 S・H 年 月 日
 ※住所
 ※電話 ( )
 ※携帯電話(お差支えなければ)
 ※E-mail
------------------------------------------------

認定NPO法人
おかやまエネルギーの未来を考える会
【重要】勉強会延期のお知らせ[2010年09月01日(Wed)]
皆さま

柏原です。本日予定していました、かいわれ勉強会ですが、先ほどゲストの
高井氏ご本人から電話があり、代表選対応でどうしても東京を離れることが出来なくなったと
連絡を受けました。

当日ギリギリの延期で、参加の連絡をもらっていた方、参加を予定されていた方など
本当にすいません。

お知り合いの方などに声かけされていた人もいると思うのですが、本当にすいません。
その方にも連絡をしていただければ幸いです。。

どうぞよろしくお願いします。

本当に、すいません〜悲しい
プロフィール

かいわれの会さんの画像
リンク集
https://blog.canpan.info/kaiware2/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/kaiware2/index2_0.xml