CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 明日のかいわれ勉強会 受付終了 | Main | 寄付&だっぴイベント »
<< 2013年01月 >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
月別アーカイブ
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
先日の勉強会 大盛況でした♪[2011年04月25日(Mon)]
先日の勉強会、おかげさまで大盛況笑い

懇親会も盛り上がり、新しい面々もいたり、学生たちの状況も聞けたり、
いたるところで新しいつながりができていて、いい時間とできました。

参加してくれた皆さんありがとうございました。

なお、当日参加者の皆さんから頂いた東日本大震災の義捐金ですが、
講師の方からの寄付と、それにかいわれの会からのお金も合わせて10,000円が
現地の活動するNPO等に送れそうです。

皆さん、ありがとうございましたラブ

懇親会で、も少し話題に上がったのですが、震災への義捐金が増えている分、NPOなどへの寄付などは減っている状況があるようです。

それについて、良し悪しを早急に議論するべきではないですが、復興支援も長い目での持続可能性が必要だと思います。

そんな中、HOPE100という東日本チャリティセミナーのプロジェクトを先日知りました。
セミナーのゲストも会場もすべて無料で提供され、準備もボランティア。つまり経費は主宰する側の労力と善意のみ。

それに参加した人達が、セミナーで得た知識や交流のお礼に、対価としてセミナー費を払う。その全額が被災地の復興に役立てられる。

う〜ん。なんともシンプルでWin-Win。

開催がボランティアベースってところが、少し限界も感じたりしますが、とってもいい考え方で共感できます星

かいわれの会は、何気に個人ベースな所もあるので、そう頻繁には開催できないですが、この考えは継続して真似ていこうかなと思ってます。

金額は、一度につき1万円程度ですが、それでも、そういう場があることが大切かなと。

以下、当日の写真です


ちなみに、当日の内容は、ゲストのこれまでの履歴と価値観などを話してもらいましたが、
敷かれたレールの上を歩くのは嫌だと誰しも一度は思ものです。

それでも実際はシステム化された社会に出ると、敷かれたレールの上を歩くのは嫌だといってられない。

目をつぶればそこがレールの上であることを考えずにすむかもしれない。

だけど、横でレールに乗らずに自由に道を作っていっている人をみると心がざわめく。不安にもなる。

今回のかいわれの会はそんなことを問いかける時間でしたね。
この記事のURL
https://blog.canpan.info/kaiware2/archive/76
トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました
 
コメントする
コメント
プロフィール

かいわれの会さんの画像
リンク集
https://blog.canpan.info/kaiware2/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/kaiware2/index2_0.xml