CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« お知らせ | Main | つぶやき »
プロフィール

JNANさんの画像
カテゴリアーカイブ
最新記事
リンク集
https://blog.canpan.info/kaikei-tantou/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/kaikei-tantou/index2_0.xml
第3回労務講座[2012年03月23日(Fri)]
3月17日(土)に第3回労務講座が無事終了いたしました。第3回目ともなると少し段取りもつかめてきて結構スムーズに講義は流れ、また受講者の方々から実践に基づいた質問なども活発に行われたので、活気に満ちた講座となりました。またそれだけ関心の高い方々にお集まりいただいたのだと思います。

事後のアンケートなどを読ませていただくと紙面いっぱいに感想や日々感じている疑問点などを記載されている方もあったりして、できるだけ講師の先生と連絡を密にとって実のある講座にしないといけないと気を引き締めております。

スムーズに流れて行ったとはいえやはり内容が豊富なので、1時間半では消化しきれず申請書作成は宿題となりました。改めて労務事務の複雑さを実感した次第です。
第2回労務講座[2012年03月07日(Wed)]
第2回労務講座が無事終了しました。

2月18日にJNAN主催の第2回労務講座が前回同様神戸市勤労会館にて午後6時30分から8時まで開催されました。
当日は大変寒い中17名の出席を得て開催することが出来ました。

今回もボリュームのある講義内容であったため、少々消化不良の感が否めなかったです。。

そこで、次回の第3回講座の1時間前に補講を行うことになりました。お時間のある方は是非参加していただきたいと思います。

この1時間は質問を受け付けていただける時間でもあるので、どしどしと質問をしていただきたいとも思います。

今回から受講者の方々からアンケートを頂くことに致しましたが、労務という仕事の持つ特性ゆえか、その複雑さのために沢山の質問や疑問が寄せられておりました。

『労務講座』参加しました![2012年02月14日(Tue)]
会員の太田です。
とっても遅くなりましたが...参加したので感想を。


講座内容は報告があった通りですが、
感想としては、『労務』って奥が深い!の一言ですね〜

基本的に「労働基準法」に基づいて、色々なきまりがあるようですが、
その他いろいろな法律が絡まっているようで...何とも、思っていたより複雑でした;


あと、ものすごく驚いたことが1つ!

今回の講座に参加された方に、テキスト的に冊子が配られまして。
けっこう立派な冊子で、内容も「労基法」について、とてもわかりやすく書かれていたのですが...

なんとこの冊子、各労働局より無料でもらえるもんなんですって!
(タイトルはそれぞれの労働局で多少違うようです)

私はもちろん、今まで全く知らなくて;
その場に参加されていた方も、日常的に利用されている人は1人も居ませんでした。

こんなにわかりやすいのに!
これさえあれば、イチイチつまらない所で悩まなくて済むのに〜!!

なぜ私は知らなかったの??
みんなはナゼ使ってないの???と思ったら...やっぱり!!

“自動的に”配ってはくれないんですよねぇ〜
もらいに行かないといけないそうですが、ぜひ活用されることをオススメします!

もちろん「名乗り出た人だけに配る」ことには、色んな理由があるのかもしれませんが、
せっかく良いものがあるのに「活用しない」「知らせない」
こういう“行政のやり方”...よくありますよね〜〜
全くもったいないし、腹立たしく思います! うんざりしてるのは私だけではないハズ!!


あっ...すっかりグチってしましましたが;


なので、全7回のこの講座。
1回1回がかなり内容の濃いものになると思います!
ついて行けるか心配ですが、くじけずがんばります!!
第一回労務講座[2012年01月25日(Wed)]
先日1月21日の土曜日午後6時半から三ノ宮にある神戸市立勤労会館にて第一回目の労務講座が開催されました。

当日は冷たい雨の振る中、申込された方々は全員遅刻もなく出席されました。


講師の高先生は大変熱心に講義をしてくださいました。先生のプロフィールから始まり、労務事務を行ううえでは、のちのちのトラブル回避のための書類の作成などについて、先生の経験をまじえながら講義が進行していきました。


最後には受講者たちで先生のアドバイスを受けながら、@労働者名簿の作成、A労働条件通知書の作成、 B給与明細書の作成をして終了となりました。

今回は予定時刻よりも1時間延長するという高先生の熱意が伝わってくる講義となりました。


事務局としては少々課題の残る講座となりました。今後の講義に反省材料として生かしていきたいと思います。
労務講座開催のお知らせ[2012年01月20日(Fri)]
NPO法人のための労務講座を21日に開催します

第1回「採用と労働法定帳簿について」〜労働契約を中心に〜

講座内容な実務的で初心者の方にも分かりやすい内容になっています。

講師
社会保険労務士 高龍弘さん

日時
平成24年1月21日(土) 18:30〜20:00 

場所
神戸市中央区雲井通5丁目1−2
神戸市勤労会館 会議室307号室п@078−232−1881
JR・阪神・阪急・市営地下鉄・ポートライナー各三ノ宮駅から東へ徒歩3分
労務講座のご案内[2011年11月21日(Mon)]
【NPO法人のための労務講座】
  〜分かりにくい労務がクリアになる〜

講師:社会保険労務士 高 龍 弘 さん

開催時間:18:30〜20:00

開催場所:神戸市勤労会館

定員:20名(先着順)

対象:NPO法人実務担当者

開催日:全7回(毎月第3週目の土曜日)

【講義内容】

第1回:「採用と労働法定帳簿について」 平成24年1月21日(土)
     〜労働契約を中心に〜

第2回:「労働保険の実務」       平成24年2月18日(土)
     〜雇用保険の手続きを中心に〜

第3回:「社会保険の手続きその1」    平成24年3月17日(土)
     〜事業主が行う手続き〜 

第4回:「社会保険の手続きその2」    平成24年4月21日(土)
〜各種給付の手続き〜

第5回:「給与計算その1」        平成24年5月19日(土)
     〜労働時間の考え方〜

第6回:「給与計算その2」        平成24年6月16日(土)
     〜支給額と控除額〜

第7回:「修了テスト」         平成24年7月21日(土)
      〜4回以上受講し修了テスト受験者には修了証授与〜

受講料:全日程受講 30,000円(第1回目の受講時に徴収)
    1講座受講 各回  5,000円

講座申込方法:
下記メールアドレスへ「NPO法人のための労務講座」受講希望(全講座受講か受講希望の回を明記のこと)と書いて、お名前、ご住所、電話番号、メールアドレスを記載いただき送信下さい。後日受付完了のご連絡をいたします。
  
  全国NPO法人会計担当者ネットワーク
  兵庫県宝塚市米谷2‐2‐24
  代表荻野携帯:090−8162−5543
  e-mail:info@npokaikei-tantou.org
URL:http://www.npokaikei-tantou.org/
  共催:NPO会計支援センター

  問い合わせ先: 080-3769-4094(担当者古寺携帯)
事業計画[2011年10月30日(Sun)]
秋が深まっていく気配の今日この頃ですが、皆様いかがお過ごしでしょうか?
今回担当させていただきますのは、来年の手帳を買いに行こうと思っている、S.K.です。

さて、10月29日(土)にメンバーのNPO法人の事務所をお借りして運営委員会を行いました。運営委員の他にも正会員の方にも参加していただき前期の決算書の承認及び当期の事業計画の打ち合わせを行いました。当期のJNANの事業計画をお知らせいたします。



◎労務講座
皆でどんな内容の講座をしたらよいかと意見を募ったところ一番多かったのが労務講座でした。
組織で働く人に関心のある分野は現代ではやはり雇用問題なのでしょうか?
社会保険労務士の先生ををお呼びして6回の講座をしていただき、修了テストもしていただきます。
テスト終了者には修了証も授与する予定です。

◎ファンドレージング講座
 寄付金の集め方について講師を招いてお話していただきます。
社会的ミッションのあるNPOも資金の悩みはつきないものですが、認定NPO法人の取得も容易になり、また寄付する人にも税制面で優遇される改革が行われています。


◎コミュニケーション講座
 現代では会計集計業務などは会計ソフトが行うことがほとんどですが、 NPO会計担当者は、事務方作業を一手に引き受けていることも多く、正確かつ効率的に作業を行っていくためには、人とのコミュニケーションがかかせません。伝えるコツを講師を招いてお話していただきます。

◎冊子の発行予定
 財務分析手法を日々の会計業務に利用できるようにした冊子を製作、販売する予定です。
 会計報告についての研究を行い、参考にできる冊子を製作、販売する予定です。

地域福祉を担うNPOには、税務も法律も行政も後押ししているようですので、我がNPO会計担当者ネットワークも様々な活動を行っていく予定です。

全国のNPO会計担当者集まれ!
勉強会「会計報告の仕方」[2011年03月31日(Thu)]

こじんまり勉強会「会計報告(総会での報告の仕方)について」を実施

●日時:2011年3月26日(土) 6時15分〜8時15分

●場所:神戸市東灘区民センター

●参加者:7名

総会で会計報告をする!という想定で、発表をしてみて、参加者から意見をきく。



Kさん
@2009年度収支計算書(予算対比)の会計報告         

Oさん
A2010年度決算報告書(特定非営利活動法人わんだふる)の報告





参加者(聞く立場からの)のコメント




 (わかりやすいと思った点)  

◆支出の部に予算との執行率が入っている

◆事業決算額の内容説明・最初に資料の説明があった

◆違う項目の説明や、予算対比・次年度予算を並べてあってわかりやすい

◆予算額との違いの説明があり、どのようにして赤字をうめるかの説明もあった

◆貸借対照表の説明・字の大きさと色分けが見やすい

◆比較貸借対照表(期首、期末)で解りやすい

◆人件費とその他費用に区別していてわかりやすい

◆グラフが色分け・グラフがあると良く分かる

◆資産と負債の説明が具体的にあってよかった


(改善した方がいいと思う点)  

◆次期繰越収支差額があるほうが良い

◆財産についての説明があると良い

◆ポイントに色付けをすると良い

◆前年度実績も見せたほうが良い

◆次年度予算もあれば良い

◆注記をもっと活用すれば良い


(参考になったので取り入れようと思った点)

◆予算があると来年の展開を言える

◆決算額の内容説明欄がある

◆予算との執行率がある

◆全部を説明するのではなくポイントをしぼって説明するのがいい

◆年度毎の推移をわかりやすいグラフで表すのはいい

◆過去5年間の収益比較とグラフがあっていい

◆冊子にして、表紙をつけ、資料のもくじがあったのがいい

                                                    
当日の資料の一部です。
以下、皆に好評だった「表紙」と「グラフ」です。







実際の会計資料は、次に!


会計報告資料[2011年03月30日(Wed)]

勉強会「会計報告の仕方」での資料

ご自身が総会で説明する際の参考にしてみてください。

★活動計算書・貸借対照表・財産目録★




★部門別計算書★




★資産明細★




★財務諸表の注記★




★グラフ★






小さな勉強会[2011年03月05日(Sat)]

「会計報告のあり方についての勉強会」

会計担当者にとって「会計報告」は非常に重要です。

*理事会・スタッフ会議等で会計報告をする

*総会で、会計報告をする

*ニュースレターやHPで、会計報告をする

いろんな場面で、いろいろな「会計報告」があります。

それぞれの状況によって、また、報告をきく側のメンバー等によって、会計報告のあり方は違ってきます。

会計報告とはいったいどうあるべきか」について、少人数限定で勉強会を実施します。

日程:3月26日(土)6時15分〜8時15分(2時間) 

場所:神戸市内