CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 「財務諸表の注記」【借入金の増減の内訳】 | Main | 在宅勤務で、お金の管理をどうする? »
プロフィール

JNANさんの画像
カテゴリアーカイブ
最新記事
リンク集
https://blog.canpan.info/kaikei-tantou/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/kaikei-tantou/index2_0.xml
現金の管理は、しておこう![2020年04月07日(Tue)]
現金管理と現金出納帳のポイント

さまざまな事情があり、事務所内がバタバタしているときです。
落ち着かない状況であることは充分、理解できます。
でも、もし、今、業務を行うことができる状態であれば、
会計担当者として最重要事項として、
現金管理及び現金出納帳の記帳は、その手でその日に
おこなっておきましょう。

1)現金の動きがあったときは、必ず、
 その日のうちに現金出納帳に記載すること

2)現金の実際有高については、証拠資料として
 「金種表」を作成して保存しておくこと

3)明確な理由がないまま残高が多くならないように
 できるかぎり一定額になるように、また、
 可能な限り残高を減らすようにする

4)差額が生じてしまって、その原因がわからない場合でも、
 必ず、正直に現金出納帳に記載すること(現金過不足)

NO238.png

そして、現金出納帳は「きちんと」書きましょう。
支出だけを列記して、残高を計算していないノートを
よく見かけますが、それでは現金出納帳といえません。


現金出納帳の日付は、管理している金庫(財布)から
お金が実際に「出た」「入った」日付です。


立て替えていた費用を精算したときは、領収証の日付ではなく、
「精算した日」で、現金出納帳に記載して、残高を確認します。

NO239.png

会計は「事実!」が大切です (^^♪
がんばりましょう!

(参考:NPO法人会計力検定テキスト入門編「W日々の業務」 )

この記事のURL
https://blog.canpan.info/kaikei-tantou/archive/191
トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました
 
コメントする
コメント