CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

2020年03月08日

社会保険料支払い時の処理

給料から預かった社会保険料を毎月、支払(引落)
するときの処理について、間違いが多いので、
しっかりと内容を確認します。

社会保険料の仕組みを知っていないと処理ができません。
社会保険料は「本人負担分」と「事業主負担分」の合計を
翌月末に支払いします。

たとえば、4月分は5月末に支払します。
5月末に支払う額の内訳は、次のように、
AAA円+BBB円+CC円の合計額です。

4月分 本人負担額 AAA円
4月分 事業主負担額 BBB円
    事業主負担額(子ども子育て拠出金)CC円

ここで、本人負担額AAA円と、事業主負担額BBB円は
必ず、同額となります。
CC円=子ども子育て拠出金は、標準報酬月額×0.34%です。
(2020年3月現在)

注意するべきなのは「標準報酬月額」を把握しておくことです。
その月の給与の額ではありませんので、気を付けましょう。

NO173.png

この事例の場合には、4月分本人負担額は、
9633円+1643円+17385円=28661円です。
この松田さんの標準報酬月額は、190,000円です。

したがって、5月末に納付する金額は、
本人負担額 28661円
事業主負担額 28661円
子ども子育て拠出金 646円(19万×0.34%)
合計 57,968円 です。

年金事務所から届く「引落お知らせ」は、かならず、
この金額と一致します。
人数が増えると、端数1円、2円は、切上げ、切捨ての関係で
金額に違いがでますが、100円以上の違いが出る場合は、
給与からの預かり額に、間違いがある可能性があるので
確認する必要があります。

勘定科目は、以下の2つに分かれます。

本人負担額は、預り金ー社会保険料
事業主負担額は、法定福利費 

NO175.png

振替伝票にすると、以下のようになります。

NO176.png



この記事へのコメント
コメントを書く
トラックバックの受付は終了しました

この記事へのトラックバック