CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

2020年02月29日

給料の処理(超初心者編)− 昼食代のみ控除

給料を支払った時の処理は、内容によって
いくつかの方法があります。
ここでは、以下の条件のときの
「超初心者向け処理方法」を説明します。

条件
*給料から税金は引いていない
*交通費を一緒に払っている
*社会保険料・雇用保険料は引いていない
*昼食代を給料から引いている

給料と交通費の合計から、昼食代だけ控除して
現金で本人に渡した場合を考えてみます。
5月31日に払った給料明細です。

NO157.png


現金で支払ったので、現金出納帳に書きます。
このときに、39760円、と書かないように!
このように書いてしまうと、給料の金額が39760円に
なってしまいます。

NO158.png


現金出納帳に書く時は、次のように考えて書きます。

「給料38,000円と、交通費3,360円を、松田さんに支払い、
すぐに、松田さんから昼食代1,600円を、もらった。」

NO159.png


このように3行にわけて書くことで、それぞれの項目の金額が
正しく表記されます。

会計ソフトを使う場合は、3行にわけて入力します。
トラックバックの受付は終了しました

この記事へのトラックバック