CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

2020年02月23日

必ず「残高の確認」を!(預り金)

決算で行うことのシリーズの続きです。

資料を準備、作成し、仕訳伝票をつくって
ソフトでデータ入力したのち、貸借対照表に
表示される各勘定科目の残高を、必ず
再確認します。

現金や預金通帳の確認はもちろんのこと
特に大切なのは「預り金」の残高の確認です。

「源泉所得税」は預かっている税金です。
預かっている残高が正しいかどうか、について
「人に説明できる資料」作成と共に確認します。

1)毎月、源泉所得税を納付している場合

(例1)毎月預かって、同日に納付している場合には、
預り金残高は、ゼロ円のはずです



(例2)毎月預かって、翌月10日までに納付している
場合には、預り金残高は、直近1か月分の預かり額だけに
なっているはずです。


NO151.png

この金額が、直前の給料からの預かり額と一致しているのか、
給料明細で確認をして、表を作成します。

NO152.png



2)納期の特例(6か月ごと)を適用している場合

6か月ごとに納付する場合には、6か月分の残高が
残っているはずです。
ここでは、3月末を例にします。

(例1)12月末に年末調整の還付をし、残りを
納付してしまい、1月から3月までの3ヶ月分が
残高である場合


NO149.png

NO153.png


(例2)12月末に年末調整の還付をしたとき、
預り額から控除しきれずに、マイナスが残っている
場合には、1月から3月までの預かり額から、マイナス分
を、控除した金額が、残高となります。



年末調整時の、6か月分の納付書
NO155.png

NO156.png

講師謝金の残高も、同時に確認します。

NO154.png

残高と一致しているか、確認!

NO150.png

預り金は、かならず、このように「スッキリ」と
残高が一致するはずです。

もし、一致しない場合は、いろいろな理由が
考えられます。

*納税したときの科目が間違っていないか
*預かり処理がもれていないか
*納税額が間違っていないか

決算時には、必ず確認しましょう。
posted by JNAN at 17:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 決算
この記事へのコメント
コメントを書く
トラックバックの受付は終了しました

この記事へのトラックバック