CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

2020年01月08日

税金を還付したとき(年末調整)

年末調整を終えて、スタッフ個人個人に
所得税を還付することがあります。

そのときの「還付額」の勘定科目について
悩む方が多いかもしれません。

勘定科目を何にすべきか、は、
「還付額」が、何なのか、ということになります。

年末調整、というのは、スタッフそれぞれの
年間の給与額を確定させて、それに対する
「正しい年税額」を計算する作業です。

この「正しい年税額」と、1年間給与から
控除して(預かって)きた年税額とを、比較して、
多く預かり過ぎていたら、本人に返金、
預り額が足りなければ、追加で預かる、という
作業をします。

そのときの、返金、あるいは、追加徴収
する額を指して「還付額」といいます。

つまり、この還付額は、源泉所得税です。
したがって、返金するときも、追加徴収するときも、
「預り金」で処理をします。


ここで「えっ、すでに税務署に納税して残っていない
のに、本人に返金するの?」とか思う人もあるかも
しれませんね。

そうなんです。すでに一年間、納税してしまっている
のに、スタッフに返金したら、法人としては、
「支払ばかり」になってしまいますね。

でも安心してください。支払ばかりになるのではなく、
還付した金額は、翌月以降に納付する金額と相殺を
することで、税務署から返してもらうことになるのです。
この記事へのコメント
コメントを書く
トラックバックの受付は終了しました

この記事へのトラックバック