CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« NPO会計 キホンの「キ」から | Main | 昨年度の処理に間違いを発見したとき! »
プロフィール

JNANさんの画像
カテゴリアーカイブ
最新記事
リンク集
https://blog.canpan.info/kaikei-tantou/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/kaikei-tantou/index2_0.xml
税率変更後の会計処理[2019年12月07日(Sat)]
軽減税率制度が導入されてから、はや2ヶ月が経ちました。
皆さま、食料品の購入処理について、問題なく日々、
過ごせているでしょうか?

NPO法人の中には、法人内部で食材を購入して
昼食などを提供しているところが多くあります。
そのうち、消費税の申告があり、本則課税で計算を
している法人にとっては、今回の軽減税率制度は
面倒なことですよね。

笑い話のようですが、以下のように
「本みりん」は10%になるので、軽減8%の食品とは
分けて会計処理をする必要があります。

NO5.PNG

合計は、1,592円ですが、仕訳は次の2つになります。

食材(軽8%)1,265円(1172+93円)
食材(10%)327円(298+29円)

そのほか、最近は多くの法人様で見かける
「ウォーターサーバー」の料金支払についても注意が必要です。
水の代金は、軽8%ですが、サーバーレンタル料は10%です。
いままでは、合計で、福利厚生費とか食材費にしていた法人も
多いのではないでしょうか。

悩み深いですね〜ほんとに。

消費税申告に関係のない皆様は、ホッと胸をなでおろして
おられるかもしれませんね。
ただ、5年後には、そうも言っていられない消費税改正があり、
影響があるかもなので、ちょっと心配です。
この記事のURL
https://blog.canpan.info/kaikei-tantou/archive/161
トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました
 
コメントする
コメント