CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

« 2018年07月 | Main | 2018年09月»
海保 新長官に岩並氏 [2018年08月08日(Wed)]

岩並秀一氏.JPG


 政府は7月24日の閣議で、海上保安庁の中島敏長官(62)が退任し、後任の第45代長官に岩並秀一・海上保安監(59)が就任する国土交通省の人事を承認した。
 発令は31日。
 海上保安大学校卒の「生え抜き長官」が3代続くことになる。
 
 岩並氏は1981(昭和56)年海保大卒。二管本部長、本庁警備救難部長を経て2017年4月に海上保安監に就任した。
 
 中島長官は2016年6月、国土交通省のキャリア官僚が歴代務めていた長官に現場出身者として初めてなった佐藤雄二氏の後任として就任。尖閣諸島問題、北朝鮮問題など緊迫する国際情勢に対応した海上保安庁の業務・組織強化に尽力してきた。     (滝川徹記者)
西日本豪雨で海保 救助や捜索、給水 [2018年08月07日(Tue)]

 7月5日夜から西日本を襲った記録的な豪雨は各地で山崩れや河川の氾濫(はんらん)などの災害をもたらし、広島や岡山、愛媛、京都などの15府県で死者220人、行方不明者12人(7月23日現在)にのぼる大惨事となった。
 海上保安庁は翌6日から24日までに延べ数で巡視船艇494隻、航空機86機(固定翼33機、回転翼53機)の勢力を投入し、被災者の救助や行方不明者の捜索、被災者支援として患者や医師などの搬送、給水支援や物資輸送などに全力を注いだ。
 さらに海上漂流物の警戒にも当たり、これまでに小型船舶45隻を撤去したほか、岡山、愛媛両県のガス会社から瀬戸内海に流出したLPガスボンベ147本を回収した。

豪雨の@救助.jpg
           写真は愛媛県宇和島市で透析患者を吊り上げ救助し、病院に搬送する巡視船「やしま」搭載ヘリ乗組員ら=7月8日


 同庁(保安部・署)の主な対応状況は次の通り(合計人数は7月24日正午現在)。

【行方不明者捜索】〈広島〉似島、海田、倉橋島など〈呉〉江田島〈尾道〉佐木島〈松山〉下伊台〈福山〉芦田川〈岩国〉長崎県松浦など計対応34件9遺体収容

【救助・人員輸送】〈徳山〉笠戸島孤立者30人(住民27人、市職員3人)救助〈宇和島〉自衛隊・消防・警察など、被災者・関係機関計244人

【患者・医師等搬送】〈呉〉透析患者21人、医療関係者19人〈宇和島〉吉田町透析患者1人、負傷者4人など計67人

【給水支援】〈尾道〉18日「でじま」給水80d・ポリタンク配布217個、19日「とさ」給水140d・ポリタンク配布283個〈今治〉岩城島給水(9回)など計1028d(給水車479回、住民2153人)

【物資輸送】〈呉〉呉市食料〈広島)坂町支援物資〈徳山〉下松市食料〈尾道〉佐木島・小佐木島支援物資など計21回

【漂流物対応】漂流小型船舶計45隻撤去、LPガスボンベ147本回収

【安全情報】航行警報など158件、海の安全情報93件