CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

« 2016年08月 | Main | 2016年10月»
巡視船「かとり」36年の任務に幕 10月15日に最後の公開 [2016年09月26日(Mon)]

905かとり投稿  03_銚子 巡視船「かとり」36年の任務に幕 最後の一般公開を実施.jpg

 銚子保安部の巡視船「かとり」(片山貴巳船長、23人乗り組み)が10月21日をもって36年間にわたる巡視船としての任務を終えることになった。
 これに伴い、同保安部は「かとり」の最後の勇姿をファンの皆様にご覧いただくため、最後の一般公開を10月15日に行う。
 
 「かとり」は昭和50年代に、新海洋秩序対策の一環として建造された通称「しれとこ」型と呼ばれる1000d型巡視船28隻のうちの1隻。
 この船型は長年の間、海上保安庁の主力巡視船として活躍し、多くの人々に親しまれてきたが、「かとり」が現役最後の1隻となる。
 
 また、「かとり」は海上保安庁ではめずらしく一度も配属替えすることなく36年間、銚子保安部所属として業務を遂行してきた。奇しくも就役日(昭和55年10月21日)と同じ10月21日にその任務を終える。
 
 一般公開は10月15日(土)午後1〜4時(最終受付午後3時30分)まで、銚子港の銚子ポートタワー下で行う(予約不要)。「かとり」の船内見学や、制服試着会、保安官体験コーナーなどを設ける。(ただし、事件事故などの発生時や悪天候の際は、中止となる場合がある)

海保 概算要求  漁船対応の巡視艇9隻新造 [2016年09月26日(Mon)]

◎漁船対応で巡視船艇9隻新造
◎海保29年度予算 概算要求2005億円
◎五輪テロ対策 監視取締艇さらに8隻


 海上保安庁は8月29日、平成29年度予算の概算要求を公表した。
 要求総額は今年度当初予算比7%増の約2005億円で、概算要求としては過去4番目の規模となる。
 尖閣諸島などの離島・遠方海域での外国漁船対応として200d級小型巡視船や30b級大型巡視艇など計9隻を新造(代替)するほか、4年後の東京五輪・パラリンピック開催に向けたテロ対策として、28年度補正予算案に5隻計上した監視取締艇をさらに8隻導入する。
 また、東京湾での海上交通管制の一元化に伴い、海上保安学校に管制官の育成課程を整え体制の充実化を図る。
 
 今回の概算要求では、@戦略的海上保安体制の構築A法の支配に基づく海洋秩序維持のための支援B一元的な海上交通管制の構築など――が3つの柱。
 
 「戦略的海上保安体制の構築」では、尖閣諸島や小笠原諸島周辺などでの海上保安業務の執行体制を強化するために20億6000万円を計上。今年10月に保安部に昇格する宮古島保安部や、小笠原保安署の整備、尖閣領海警備の専従職員らの宿舎整備を行い、離島・遠方海域での拠点機能を強化する。
 さらに、平成30年に福島県・相馬港に国内最大級のLNG(液化天然ガス)基地が完成するのに伴い、福島保安部「相馬保安署」を新設し、そのための施設整備などを行う。

 巡視船艇などの整備では、今年度当初予算とほぼ同じ309億7000万円を計上。PS型(200d級)小型巡視船1隻、PC型(30b級)大型巡視艇4隻、同(23b級)大型巡視艇1隻、CL型小型巡視艇3隻を代替整備する。また航空機要員の教育訓練に必要な小型ヘリ1機を宮城分校に新しく導入し、平成30年度に既存機と合わせた4機体制とする。
 
 テロ対応能力の強化では今年度当初予算の5倍近くの15億8000万円を計上。機動力のあるFRP製の監視取締艇をさらに8隻(計2億4000万円)導入し、警備資機材の整備(5億円)を要求している。
 
 このほか、海洋権益や海上安全の確保のために、日本沿岸や島しょの低潮線などの測量船による調査費として27億8000万円を盛り込んだ。
 
 「法の支配に基づく海洋秩序維持のための支援」として、重視したのは昨年10月に創設した海上保安政策課程(修士)の充実。これはアジア諸国の海上保安機関の若手職員を受け入れて、能力向上の支援や協力強化を図るもので、同課程の基盤強化として4億1000万円を計上。
 海上保安大学校に研修宿泊施設(3階建て)を建設し、海上保安に関するワークショップなどを開催する。
 
 「一元的な海上交通管制の構築など」では58億6000万円を計上。平成30年1月からの東京湾での管制一元化の運用開始を目指すほか、同年4月から海上保安学校で管制業務のシミュレーターを使った研修課程を開講し、管制官の育成を図る。航路標識の防災対策に52億2000万円を充てている。      
                      (小野信彦記者)


船飯 巡視船「たかとり」 アジのなめろう丼 [2016年09月15日(Thu)]

 まだまだ暑い日も多いこのごろ。
 皆様にこそ紹介したい巡視船「たかとり」自慢の船飯は「冷汁ぶっかけアジのなめろう丼」。
 藤浪克明・主計士補(35)の数あるレシピの中でも安くて簡単、家庭で作りたくなる激うまメニューです。

船飯1.jpg
 
 今回の料理は、神奈川県で捕れたアジを使って、「夏バテで食欲のない人が、さらさらと食べられるように」と乗組員に出されたものです。主計科職員は、普段からこのように乗組員の体調を気遣ってくれています。

船飯2補藤浪克明.jpg

 食事中は、さきほどまで疲れた顔をしていた乗組員も「うまい、うまい」と喜んで食べ、元気になります。船内という厳しい環境で勤務をしている乗組員にとって、主計科職員の作る食事が唯一の楽しみなのです。

 最近、海上保安学校を卒業して「たかとり」に配属されたばかりの機関士補は、 筋トレを続けているにもかかわらず、「激うま」な船飯を食べ続け、4`太るというある意味“幸せ太り”を遂げました。

【冷汁ぶっかけアジのなめろう丼】
▼材料(4人前)
・アジ4匹、ご飯、みょうが2個、ナガイモ1/2本、ショウガ1/2個、玉ネギ1/3個、万能ネギ1/5束、カツオブシ、大葉、きざみのり、みそ、白ごま
▼作り方
@みょうがを小口切りにする
Aナガイモをすりおろす
B沸騰させたお湯720ccにカツオブシで出汁を取り、みそ汁を作って冷蔵庫で冷やす
C新鮮なアジを3枚に下ろす
D下ろしたアジ、ショウガ、タマネギをみじん切りにする
E切った具材にみそを混ぜ、たたきにする
F万能ネギを小口切りにする
Gどんぶりにご飯をよそい、大葉、なめろうの順にのせ、万能ネギ、きざみのりを振りかける
H冷えたみそ汁にすりおろしたナガイモを混ぜ、みょうが、白ごまをふりかけ、豪快にご飯へかける

 以上、写真のように盛り付ければ完成です。

 付け合わせは焼きナスとキュウリの漬け物に三浦半島産のスイカ。
 調理のコツは、冷汁はできるだけキンキンに冷やすこと、なめろうはねばりが出るまでしっかりたたくことです。
 また、冷汁を別に盛り付け、なめろう丼を味わってからかけることで2度おいしい食べ方もあります。
 
 今回の「冷汁ぶっかけアジのなめろう丼」は静岡県の郷土料理である「とろろ汁」と、 千葉県の郷土料理である「なめろう丼」を合体させた藤浪主計士補の創作料理です。 みそと薬味のパンチが効いていて、冷やし茶漬けのようにさらさらと食べられる、正に夏にぴったりなメニュー。ぜひお試しあれ。             (巡視船「たかとり」通信士補・中澤誠)

◇         ◇        ◇      ◇

船飯表紙.png

  海上保安庁の巡視船艇の乗組員の活力のもとになっている料理を紹介した「海上保安庁のおいしい船飯」(扶桑社刊)が、全国の書店やネット書店で好評発売中だ。

 海上保安新聞に昨年5月から連載中の「自慢の船飯」のコンセプトを生かして、海上保安庁の全面協力のもと独自に編集されたレシピ集。(公財)海上保安協会が監修している。

 「みんなの大好き!船飯ベスト10」「海保のご自慢!とっておきカレー」「ひと皿で満足!どんぶり&麺」「ご飯がすすむ!和・洋・中のおかず」など、計52品のレシピがカラーの料理写真入りで紹介している。
 B5版80n、本体価格1400円。アマゾンでも購入できます。


海上保安庁の「船飯(ふなめし)」が本になりました [2016年09月01日(Thu)]

船飯2.jpg


 日夜、過酷な業務に励む巡視船艇の乗組員。その日常を支える巡視船艇の料理「船飯(ふなめし)」を紹介した本が8月27日、発行された。
 「海上保安庁のおいしい船飯(ふなめし)」(扶桑社刊)。
 全国の書店やネット書店で好評発売中だ。

 海上保安新聞に昨年5月から連載中の「自慢の船飯」のコンセプトを生かして、海上保安庁の全面協力のもと独自に編集されたレシピ集。(公財)海上保安協会が監修している。
 
 「みんなの大好き!船飯ベスト10」の章では、北は巡視船「いしかり」(釧路)から南は巡視船「みずき」(石垣)までの厳選船飯メニューを紹介。「海保のご自慢!とっておきカレー」の章では、牛すじ肉のカレー(田辺こうや)や骨つき鶏のスープカレー(横浜はまなみ)など12品のおいしいカレーを掲載している。

 さらに「ひと皿で満足!どんぶり&麺」の章や「ご飯がすすむ!和・洋・中のおかず」の章もあり、計52品のレシピを料理のカラー写真とともに紹介している。

 また、宮城保安部の巡視船「くりこま」潜入記では、乗組員の1日に密着し、その仕事ぶりや主計科職員の作る「牛タンシチュー」の作り方の秘訣などを載せている。
 「主計士は見た!海保『キッチン』事件簿」など楽しいコーナーもある。
  B5版80n、本体価格1400円。