CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

« 2016年07月 | Main | 2016年09月»
中国公船 5日間で28回領海侵入 [2016年08月26日(Fri)]

◎漁船72隻に退去警告

 沖縄県・尖閣諸島の周辺海域で多数の中国公船と中国漁船が活動を続けている問題で、海上保安庁は、8月5〜9日の5日間に計延べ15隻の中国公船が計28回の領海侵入を繰り返したことを明らかにした。
 中国公船は17日と21日にも各4隻が領海に浸入。さらに領海外側の接続水域には3日から23日までの連日、計延べ129隻が入域している。

 尖閣諸島周辺に断続的に出没している中国公船は、8月は初めて3日に3隻が魚釣島西北の接続水域に出現。5日にはそのうちの2隻が、複数の中国漁船とともに領海に侵入した。

  当時、尖閣諸島周辺の接続水域では200〜300隻の中国漁船が操業し、中国の「海警」と「海監」「漁政」名の公船も約20隻が集結した。
 中国漁船は5日から9日までに延べ72隻が領海に侵入し、それに合わせて延べ15隻の中国公船も侵入した。中には1日に複数回侵入した公船もあった。
 
 領海侵入の中国公船や漁船に対し、海保の巡視船は直ちに領海を出るよう警告。さらに、接続水域や我が国の排他的経済水域(EEZ)で中国漁船が公船に横付けし漁船員が移乗したような場合には、公船に「漁業に関する管轄権の行使は認められない」と警告した。
 
 領海侵入の中国漁船に対する昨年の退去警告は計70隻。今年は8月23日現在、計104隻と大幅に増加し、その7割をこの5日間だけで数えた。中国漁船は10日以降、領海に侵入していない。

「海フェスタ東三河」で巡視船「みずほ」体験航海 [2016年08月03日(Wed)]

 海や港に関する様々なイベントを開催する「海フェスタ in 東三河」(7月16〜31日)が開幕した。四管本部は7月23日、巡視船「みずほ」の体験航海を3年ぶりに三河港で行い、市民ら約1400人が乗船した。

 海フェスタは、「海の日」の意義を周知するため昭和61年に「海の祭典」として始まり、平成15年に「海フェスタ」に改称された。全国の港湾都市で持ち回りで開催しており、今年は愛知県三河港周辺の豊橋市や豊川市など8市町村で開催。海上自衛隊の護衛艦や気象庁の観測船の一般公開、海に関するシンポジウムなど多彩なイベントが開かれる。

海フェスタ甲板.jpg


 7月16日には豊橋市の「ライフポートとよはし」で開会式が開かれた。手筒花火をはじめとする地元の伝統行事が紹介され、東三河の各首長や平田友一・四管本部長が壇上でテープカットし、開会を宣言した。
 
23日に体験乗船を行った「みずほ」は、ヘリ2機搭載型(PLH)で四管最大の巡視船。「みずほ」の体験航海は平成25年以来となる=写真は「みずほ」甲板から中部空港保安基地のヘリを見送る参観者たち、吉野悠撮影。
 
当日は薄曇りの天候だったが、午前は651人、午後は741人の計1392人が乗船し、子供連れの家族などでにぎわった。
沖合で四日市保安部の巡視艇「あおたち」による放水訓練や、中部空港保安基地のヘリによるつり上げ訓練を見学。機動救難士が、海中で溺れている人を無事ヘリに救助すると大きな拍手がわいた。
また海洋少年団が「みずほ」と岸壁の間で手旗信号を実演、「みずほ」格納庫でヘリの展示を行ったほか、関空基地のプロペラ機も飛び入りで顔を見せた。

 24日には岸壁に係留中の「みずほ」の一般公開を行った。四管本部ではこのほか、三河港の展示施設「カモメリア」にブースを設けて海上保安業務についてのPRを実施。30日にはボートレース蒲郡(蒲郡市)で海上保安庁音楽隊のコンサートを開く。(四管、編集部)
続きを読む・・・