CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

« 体験航海 一般公開 | Main | 海上保安新聞»
種子島保安署が新設 [2016年11月08日(Tue)]


 種子島(鹿児島県西之表市)に10月1日付で新たに「種子島保安署」が設置され、その開所式が同23日、西之表市のホテルで開かれた。式には三反園訓・鹿児島県知事や長野力・西之表市長などの来賓と、岩本一夫・十管本部長や同署員ら約40人が出席した。
 海上保安庁に保安署が新設されるのは12年ぶり。
 
 鹿児島県の大隅半島と種子島などの間の「大隅海峡」は国際海峡で、大型船が頻繁に往来する輻輳海域となっている。しかし、大隅半島佐多岬から奄美大島までの約350`の間には海上保安部署が置かれておらず、地元からも「種子島に保安署を」という強い要望が寄せられていた。

 これを受け、宮崎保安部から巡視船「たかちほ」(195d)が配属替えとなり、職員22人体制で鹿児島保安部種子島保安署が発足。外国漁船などの監視や、海難への迅速な対応体制を整えた。

 開所式では糸井一幸・鹿児島保安部長が「種子島保安署が管轄する海域は外国船舶が航行する海上交通の要衝で、好漁場でもある。また昨年大噴火した口永良部島など自然災害への備えも必要だ。保安署の発足で、周辺海域の『海の安全・安心』に大きく貢献できる」と式辞を述べた。

 続いて岩本本部長が「周辺海域では近年、外国漁船も多数確認されている。離島・遠方海域の拠点として、職員一同一丸となって業務に邁進して参ります」と中島敏長官のあいさつを代読した。
 
 三反園知事、長野市長らの祝辞の後、山本慶・種子島保安署長が「地元自治体や関係機関の皆様からの期待の大きさを実感している。これに応えるため、地域ニーズを吸い上げ、きめ細やかに対応していく所存です」と謝辞を述べた。                  (種子島)