CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

«来年春入学の海上保安学校 申し込み4069人 | Main | 国内最大の「チムニー群」発見»
関空基地10周年を祝い 格納庫とエプロン一般公開 [2014年10月10日(Fri)]

N4726.jpg

関空保安基地は9月20日、設立10周年記念事業として、発足以来初めてとなる格納庫とエプロン(駐機場)を開放しての一般公開を行った。

 当日は、来場者に記念のオリジナルタオルをプレゼントした。
 エプロンではヘリコプターや飛行機の展示、格納庫では機動救難士の訓練展示や大型3D海底地形図展示、制服試着などのイベントを行い、約5000人の来場者が楽しんだ。

 また、国土交通省航空局が主催する「関西国際空港開港20周年記念イベント」とタイアップし、関空展望ホール「Sky View」で機動救難士の訓練展示を実施し、機動救難士の活躍の一端を見てもらった=写真は米田堅持撮影。                                (関空基地)
                             (「海上保安新聞」10月2日号)
           ☆            ☆
 関西国際空港には、開港後、2,3年して見学に行きましたが、早くも20周年ですね。米田堅持カメラマンが現地に行き、写真撮影してきました。
コメントする
コメント