CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

«六管が創設70周年  海上保安展と「くろせ」一般公開 | Main | 金見埼トンバラ岩照射灯が廃止 »
海上保安学校 門司分校で修了式  16人が修了 [2018年07月10日(Tue)]

◎海保の理念大事に
◎同期の絆、命綱に


 海上保安学校門司分校は6月22日、岩並秀一・海上保安監や渡邉晃久・七管本部長らが出席して、研修科船艇職員等初任者課程第78期生16人の修了式を行った。
 
 修了生は航海科4人、機関科7人、通信・技術科1人、飛行科3人、整備科1人で、全員が男性。

  同校は海技免許などを持っている経験者が、海上保安庁に入庁後、学ぶ教育機関。
 
 式には、小石佐織・北九州市門司区長や高祖健一郎・西部海難防止協会会長など多数の来賓や、修了生の家族らが出席した。
 まず、山本雅司・分校長が修了生一人ひとりに修了証書を授与した後、「海上保安官が共有している同じ理念が語れ、胸に収めておいてこそ、海上保安庁という組織が結束固く一丸となって国民の負託にこたえることができる。その理念を整理し、大事にし、忘れないでください」と式辞を述べた。
 
 続いて、岩並海保監が「それぞれの持てる力をいかんなく発揮し、法の支配による秩序のもと、人々が平和に安心して暮らせる海を未来に継承していけるよう、大いに活躍することを祈念する」と訓示した。
 
 これに対し、村田秀典・修了生総代が「正義仁愛の理念のもと、いかなる困難にも立ち向かい、同期の絆を命綱として使命を全うすることを誓います」と力強く答辞した。努力賞には、村田秀典、田誠の両修了生が選ばれた。 (門司分校)