CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

«七管本部が海保70周年記念の総合展示訓練 | Main | 海上保安学校 門司分校で修了式  16人が修了»
六管が創設70周年  海上保安展と「くろせ」一般公開 [2018年07月09日(Mon)]


六管海保展1.jpg

六管海保展2.jpg


◎延べ1300人が参観

 六管本部は6月2日、同本部創設70周年企画として広島県呉市の大和ミュージアムで「海上保安展」を、また隣接する大和波止場で巡視船「くろせ」の一般公開と展示訓練を行った。海上保安展には約600人、一般公開には約730人が訪れる盛況ぶりだった。

 このイベントは同本部と呉保安部、広島航空基地が昨年度末から準備を進めた。

 当日は天候に恵まれ、快晴のもとでの開催。海上保安展の会場には、開場時刻の午前10時前から行列ができた。展示はパネルや写真、特殊救難隊の制服のほか、海上保安大学校所蔵の「最初の海上保安庁旗」や、貞明皇后(大正天皇の后)から昔の灯台守に下賜されたラジオと壺など、貴重な資料がそろった。

 中でも人気だったのは、倉敷市在住の中村吉富氏が製作し、海保に寄贈された約50隻の巡視船艇の模型。開催前から各報道機関が告知したこともあり、来場者たちは熱心に模型に見入ったり、写真に撮っていた。

 「くろせ」の一般公開では、職員による「オリジナル缶バッジ作成コーナー」に、多くの家族連れらが詰めかけた。また午前と午後の計2回、「くろせ」を座礁船に見立てたレンジャー救助訓練が行われた。うみまる、うーみんの兄妹も、海上保安展と一般公開の会場を往復しながら、子供たちとの握手や記念撮影に応じていた。 (六管)