CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

«日本とロシアの海上保安機関が小樽市で合同訓練   | Main | 六管が創設70周年  海上保安展と「くろせ」一般公開»
七管本部が海保70周年記念の総合展示訓練 [2018年06月27日(Wed)]

放水訓練.JPG

巡視船艇8隻 航空機1隻

「やしま」に1735人


 七管本部は5月25、26日、海上保安制度創設70周年記念の「七管本部展示総合訓練」を北九州門司港で行った。訓練には海保から巡視船艇8隻と航空機1機が参加、2日間で1735人が福岡保安部の巡視船「やしま」に乗船し見学した。

 訓練は、海難やテロへの事案対応能力向上を目的に実施。巡視船は「やしま」のほか、門司「くにさき」、対馬「あさじ」の3隻、巡視艇は門司「はやなみ」「さとざくら」、大分「ゆふぎり」、若松「さたかぜ」、宇部「やまぎく」の5隻が参加、やしま搭載のヘリMH908「はなみどり」も加わった。
 さらに、海上自衛隊のミサイル艇、福岡県警察警備艇、門司税関監視艇、九州地方整備局清掃兼油回収船なども参加した。
 
 また、「やしま」には訓練総指揮を務めた渡邊晃久・七管保安部長ら海保幹部をはじめ、関係機関招待者や全国からの一般公募者、友の会会員らが乗船した。
 乗船者には、海上パレード訓練、高速機動連携訓練、吊上げ救助訓練、テロ容疑船対応訓練、「やしま」とのすれ違い訓練、放水訓練を見学してもらい、全ての訓練で拍手喝采をいただきました。
 
 また、「やしま」船上では、うみまる・うーみんとのふれあいコーナーや制服試着、船内クイズラリーや縁日コーナー、ビンゴ大会など多彩なイベントが開かれた。
 環境・防災コーナーや3D海底地形図展示、新測量船船名募集コーナーなどもあり、家族連れなどでにぎわった。
 
 乗船者からは「昨年の訓練の際にも乗船したが、今年の訓練も大変感動した」「海上保安庁の訓練を間近で見ることができて貴重な経験だった」などの好意的な意見をいただいた。
 
 また、展示総合訓練は門司港で開かれた「第75回門司みなと祭」(5月26、27日)とコラボレーションして行われ、27日に開かれた「やしま」一般公開には約3000人が訪れた。                                      (七管)