CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

«午後5時過ぎ 五管本部の大阪北部地震への対応状況 | Main | 七管本部が海保70周年記念の総合展示訓練»
日本とロシアの海上保安機関が小樽市で合同訓練   [2018年06月26日(Tue)]

1面日露訓練の1.jpg


国境警備艇「コーラル」迎え

両国船の一般公開など交流行事も

 一管本部は6月5〜8日、北海道小樽市で、ロシア連邦保安庁サハリン州国境警備局との合同訓練と、ロシアの国境警備艇の一般公開などの関連行事を行った。

 この合同訓練は2000年に海上保安庁とロシア連邦国境警備庁との間で両長官により署名された「日本国海上保安庁とロシア連邦国境警備庁との間の協力の発展の基盤に関する覚書」に基づき、01年からほぼ毎年、日露両国が相互に訪問して実施しているもの。

 小樽市での開催は今回で6回目。日本側からは岩ア俊一・一管本部長ら一管職員約100人と、小樽「えさん」、留萌「ちとせ」、江差「かむい」の巡視船3隻、小樽「やぐるま」の巡視艇1隻、千歳航空基地のMA724「おおわし」、釧路航空基地のMH904「しまふくろう」が参加した。ロシア側からはサハリン州国境警備局のクドリャショフ局長ら職員約40人と、同局の警備艇「コーラル」(630総d)が参加した。

 6月6日、小樽港沖合海域で実施した合同訓練では、密輸容疑船に対し、日露の海上保安機関が連携して追跡、捕捉し、停船させた容疑船に双方の職員がゴムボートにより移乗、制圧するまでの訓練を行った。
 両機関ともにスムーズに連携・協力をし、双方の警備手法などを確認した。また、訓練後には巡視船「えさん」に同乗していた多数の報道陣による岩ア本部長とクドリャショフ局長に対するインタビューが行われた。
 また、訓練を視察していたガルージン駐日ロシア大使にもマイクが向けられ、新聞・テレビで大きく報道された。
 
 さらに関連行事として6月7日午前、小樽港第3ふ頭で、日本へは初寄港となる警備艇「コーラル」と、巡視船「えさん」の一般公開を行った。オリジナルポスターの掲示や海上保安庁ツイッターなどのSNSを活用した事前の周知活動が功を奏して、会場には平日午前中の2時間という短い時間にも関わらず、約360人の市民らが訪れた。
 岸壁上では国境警備局職員による歌や楽器演奏が披露され、大いに盛り上がった。
 
 さらに、各種レセプションやスポーツ交流(サッカーと野球の的抜きゲーム)、日露双方の乗組員が互いの船を訪問するなどの交流行事を通じて、両国の親睦・理解を深めた。
 
最終日の出港式典では、岩ア本部長とクドリャショフ局長が固い握手を交わした。
 「帽ふれ」により参列した職員が見送る中、警備艇「コーラル」は小樽港を出港し、サハリンへの帰路についた。                      (一管)