CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

«海上保安庁 創設70周年の祝賀会 | Main | 六管本部 広島呉市で6月2日に「海上保安展」»
仙台航空基地の機動救難士 出動300回 [2018年05月25日(Fri)]

仙台300件.JPG 

東日本大震災が発生した年の2011(平成23)年の10月に発足した仙台航空基地の機動救難士。発足から約6年半が経過した18年4月20日、宮城県気仙沼沖で漁船が行方不明との情報が入り、ヘリ(MH968)に同乗した機動救難士が出動し、この出動が発足から出動300件目となった。

 仙台航空基地は東日本大震災で被災し、機動救難士発足当初は震災の爪跡が残るプレハブ庁舎からのスタートだった。
 1件目の出動は、11年11月14日で、奇しくも300件目と同じ気仙沼沖の漁船行方不明対応だった。この事案に出動したのが、発足当初から現在も機動救難士として活躍している秋田雄樹・機動救難士(37)=写真=だ。
 
 秋田官は、兵庫県尼崎市出身で、中学生のころに阪神大震災を経験した。また、東日本大震災の発生時には、巡視船「くりこま」の潜水士として行方不明者の捜索対応にあたった。二つの大きな震災を経験している秋田官の、救助にかける思いは特別のものがある。どんなに厳しい訓練でも率先してこなし、出動の際は心の中で闘志を燃やしつつ、冷静沈着に対応する。

 今年で機動救難士歴7年目の秋田官は、豊富な経験と知識、技術を生かし、新人機動救難士のOJT担当として人材育成にあたっている。
 機動救難士として必要な技術・知識だけではなく、救助隊員としての在り方、「オレンジ服」の重みを伝えてきた。               (仙台基地)

タグ:潜水士
【特救隊、機動救難士の最新記事】