CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

«海上保安庁の「船飯(ふなめし)」が本になりました | Main | 海保 概算要求  漁船対応の巡視艇9隻新造»
船飯 巡視船「たかとり」 アジのなめろう丼 [2016年09月15日(Thu)]

 まだまだ暑い日も多いこのごろ。
 皆様にこそ紹介したい巡視船「たかとり」自慢の船飯は「冷汁ぶっかけアジのなめろう丼」。
 藤浪克明・主計士補(35)の数あるレシピの中でも安くて簡単、家庭で作りたくなる激うまメニューです。

船飯1.jpg
 
 今回の料理は、神奈川県で捕れたアジを使って、「夏バテで食欲のない人が、さらさらと食べられるように」と乗組員に出されたものです。主計科職員は、普段からこのように乗組員の体調を気遣ってくれています。

船飯2補藤浪克明.jpg

 食事中は、さきほどまで疲れた顔をしていた乗組員も「うまい、うまい」と喜んで食べ、元気になります。船内という厳しい環境で勤務をしている乗組員にとって、主計科職員の作る食事が唯一の楽しみなのです。

 最近、海上保安学校を卒業して「たかとり」に配属されたばかりの機関士補は、 筋トレを続けているにもかかわらず、「激うま」な船飯を食べ続け、4`太るというある意味“幸せ太り”を遂げました。

【冷汁ぶっかけアジのなめろう丼】
▼材料(4人前)
・アジ4匹、ご飯、みょうが2個、ナガイモ1/2本、ショウガ1/2個、玉ネギ1/3個、万能ネギ1/5束、カツオブシ、大葉、きざみのり、みそ、白ごま
▼作り方
@みょうがを小口切りにする
Aナガイモをすりおろす
B沸騰させたお湯720ccにカツオブシで出汁を取り、みそ汁を作って冷蔵庫で冷やす
C新鮮なアジを3枚に下ろす
D下ろしたアジ、ショウガ、タマネギをみじん切りにする
E切った具材にみそを混ぜ、たたきにする
F万能ネギを小口切りにする
Gどんぶりにご飯をよそい、大葉、なめろうの順にのせ、万能ネギ、きざみのりを振りかける
H冷えたみそ汁にすりおろしたナガイモを混ぜ、みょうが、白ごまをふりかけ、豪快にご飯へかける

 以上、写真のように盛り付ければ完成です。

 付け合わせは焼きナスとキュウリの漬け物に三浦半島産のスイカ。
 調理のコツは、冷汁はできるだけキンキンに冷やすこと、なめろうはねばりが出るまでしっかりたたくことです。
 また、冷汁を別に盛り付け、なめろう丼を味わってからかけることで2度おいしい食べ方もあります。
 
 今回の「冷汁ぶっかけアジのなめろう丼」は静岡県の郷土料理である「とろろ汁」と、 千葉県の郷土料理である「なめろう丼」を合体させた藤浪主計士補の創作料理です。 みそと薬味のパンチが効いていて、冷やし茶漬けのようにさらさらと食べられる、正に夏にぴったりなメニュー。ぜひお試しあれ。             (巡視船「たかとり」通信士補・中澤誠)

◇         ◇        ◇      ◇

船飯表紙.png

  海上保安庁の巡視船艇の乗組員の活力のもとになっている料理を紹介した「海上保安庁のおいしい船飯」(扶桑社刊)が、全国の書店やネット書店で好評発売中だ。

 海上保安新聞に昨年5月から連載中の「自慢の船飯」のコンセプトを生かして、海上保安庁の全面協力のもと独自に編集されたレシピ集。(公財)海上保安協会が監修している。

 「みんなの大好き!船飯ベスト10」「海保のご自慢!とっておきカレー」「ひと皿で満足!どんぶり&麺」「ご飯がすすむ!和・洋・中のおかず」など、計52品のレシピがカラーの料理写真入りで紹介している。
 B5版80n、本体価格1400円。アマゾンでも購入できます。