CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

«今年の夏のマリンレジャー事故 447人に増加 | Main | 関東・東北の豪雨水害 海上保安庁が出動 107人救助»
火災漁船から船長救助  71歳の男性に感謝状 [2015年09月17日(Thu)]


903 若松 火災漁船からの人命救助に感謝状1.JPG

 若松保安部は9月1日、北九州市若松区洞海湾で火災漁船船長を救助した漁船「昌瑛丸」の末永正吉船長(71)に、藤田義朝保安部長から感謝状を贈呈した=写真。

 末永さんは8月2日、漁のため戸畑船溜まりを出港。
 その後すぐ、響水路入口付近で停船中の漁船の煙突付近から白煙が立ち上っていることを発見。
 すぐに同漁船に接近・接舷し、炎に包まれた船内から船長を救助し、付近船舶に118番通報を依頼した。
 
 末永さんは当時を振り返り、「このような時は、助けるのが当たり前。助ける以外ほかにはない。恐怖心もなかった」と語った。また今後についても「さらに運航前の事前点検をしっかり行い、安全運航に努めたい」と話した。                (若松)