CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

«旧串木野港灯台の照射灯 移設が完了 | Main | 茨城県の海岸にイルカ160頭 鹿島保安署で放流»
巡視船「わかさ」 就役披露 [2015年05月02日(Sat)]

新造巡視船わかさ.JPG

 舞鶴保安部に配属された新造巡視船「わかさ」の就役披露式が3月19日、舞鶴市内のホテルで行われた。
「わかさ」は三井造船玉野事業所(岡山県玉野市)で新造され、2月26日に就役、3月6日に舞鶴港へ初入港していた。

 新しい「わかさ」は、旧巡視船「わかさ」(1月に舞鶴保安部から鹿児島保安部に配属替え)と比べ、速力がアップされ、30_機関砲が装備されるなど警備能力が強化された。
 さらに、救援物資を積み降ろしできる多目的クレーンや、被災者用のスペースが設けられるなど災害対応能力も大きく向上した。式典では満永政幸船長が「新機能を生かし、今後の業務に努める所存である」とあいさつした。

 船内を見学した招待者からは「警備面だけでなく、災害対応能力が向上され、実に頼もしい」との声もあがり、今後の活躍が期待される。(舞鶴)