CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 2013年01月 | Main | 2013年03月»
所在地
《賛助会員募集》
天気予報
カテゴリアーカイブ
最新コメント
美保子
稲刈り日和 (10/25) 宮原
泥棒捕まる! (09/23) 牧田恵理
星六味噌のワークショップ (03/04) ねこぱんち
流し素麺 (07/07) S.K.
今日は大勢! (04/16)
Google

このブログの中から
CANPANの中から
<< 2013年02月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28    
リンク集
さんわーく かぐや

さんわーく かぐやさんの画像
https://blog.canpan.info/kaguya-s/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/kaguya-s/index2_0.xml
月別アーカイブ
蜜ろうのキャンドル [2013年02月12日(Tue)]
IMG_3722.jpgIMG_3730.jpgいつも染めでお世話になっている泉田さんが今日は、天然の蜜ろうを使ってキャンドル作りを一緒に教えていただける事になった。まるでヨーヨーをついているような手つき、たこ糸を蜜ろうにつけて芯を作りその周りに蜜ろうを重ねて行く、思いのほか蜜ろうが硬いのでかなり溶けるまで時間が掛かったが、何とも言えないあま〜い香りが漂って来た。きっとこのロウソクに火を灯したら暗い部屋も一瞬にして暖かい部屋に変わりそう。たまには、部屋の明かりを消してロウソクの灯りだけで楽しむのも良いかも…
だけどどうして蜂蜜からロウが出来るのか不思議…そして畑にまくと良い肥料になるそうです…。育った野菜は、蜂蜜の香りがするのかな?
塩炊き祭り [2013年02月10日(Sun)]
IMG_3693.jpg9.10日の2日間に渡って三浦半島の城ヶ島で塩作りのイベントが行われた。夜通し火を絶やすこと無く煮詰め140ℓの海水から約三パーセントの塩が出来る。汗の味、涙の味、
人間にとって欠かす事の出来ない命の源、特に日本は、海にかこまれその地形を活かして塩を作らない手は無い!
今回は、企画する人、参加する人関係無く皆が出来る事をそれぞれシェアし、自然の恵みに感謝し、正面に見える富士山に感謝し、旧暦では今日が新年にあたるそうなので新しい年明けに感謝し、全てに祈りを捧げ、幕を閉じた。今回のイベントは、とても神聖な雰囲気中行われ、何だか心が浄化されたような不思議な気持になった。
塩たき [2013年02月10日(Sun)]
IMG_3619.jpgIMG_3704.jpg
埋蔵金どころか瓦の山 [2013年02月08日(Fri)]
写真.JPG以前庭として使っていた敷地をかぐやの畑として使う事になったので今日は、土の掘り起こし作業、シャベルを入れると何やら硬いものにぶつかる!
ひょっとしたらなんて思いも一瞬のうちに消え、出るのは欠け落ちた屋根瓦!その量と言ったら半端じゃない!掘れども掘れども屋根瓦…
一年越しの作業 [2013年02月07日(Thu)]
写真.JPG昨年からやり始めた麦の穂の皮むき、
一本一本皮を剥かないと綺麗な藁葺き屋根には、ならないそうなので時間があるとコツコツと地道な作業に精を出す。一体屋根にするには、どの位の量か必要何だろう?だけど出来たら感動だろうな!一本一本にみんなの汗と愛情と苦労がぎっしり詰まって…
昼食の準備 [2013年02月06日(Wed)]
IMG_3571.jpgIMG_3574.jpg今日は、調理実習でもないのに皆がお手伝いしてくれ百個以上の餃子があっと言う間に出来あがり、普段ピョンピョン飛び跳ねているY君も率先して天婦羅をあげ始め衣が無くなると自分で製粉したばかりの小麦粉を足し、庭で採れたフキノトウ、明日葉などが食卓に上り外は雨なのに部屋の中は、暖かい春の香りに包まれお腹も心も満たされたランチタイム…。
凄いな…こちらが何も教えなくても
皆で教えあって…余った餃子の皮で創作料理まで作ってくれて…
お疲れ様〜そしてありがとうハート
節分 [2013年02月04日(Mon)]
IMG_3528.jpgIMG_3541.jpg今日の調理実習は、恵方巻き。口に入れるのも大変なぐらいの大きなのり巻きが何本も出来た。それを南南東に向かっておしゃべりしないで食べよう、
そしたら願い事が叶うよ!なんて事でみんな静かに食べ終わるまで一言も話さず食べ終えた。そして午後は、自分達で作ったお面をかぶり大きな声で「鬼は外!福は内!」と豆をまいていた、そこへ他の施設から見学の方が見えあまりの迫力に「ワァー!」と大きな声をはり上げ帰ってしまった!
「ちよっと迫力あり過ぎたかな?
かぐや恐いと思ってもう来てくれないかな?」なんて申し訳なさそうなMさん…付き添いの方も、申し訳なさそうに「又調子良い時に来ますね」と言って帰って行かれた。
キララ賞受賞 [2013年02月02日(Sat)]
写真.JPG生活クラブ生活協同組合と福祉クラブ生活協同組合さんの主催で地域を生き活きとさせる活動、人と人とのつながりを豊かにする活動、未来を切り拓いていく活動、その活動を評価し贈られるキララ賞、
その賞に副理事長の藤田靖正が受賞し何と副賞として五十万円、他に県知事や市長に会う機会を設けて頂ける、そんな魅力的な賞を頂く事が出来た。
贈呈式もとても心暖まるもので、
10年前に受賞した和太鼓の演奏から始まりその後の交流会は、全て手作り料理、アットホームな雰囲気の中での写真撮影、帰りは、大きな花束を抱え花の甘い香りとともに夢のような現実に酔いしれ、あったか〜い座席に腰掛けウトウト程良い眠りにつき幸せをかみしめ家路に着いた。
全ての方達に感謝です。
ありがとうございました。
かぐや五周年 [2013年02月01日(Fri)]
IMG_3469.jpgIMG_3484.jpg二月一日でかぐやは、五周年目を迎えた。何も特別な事をするわけでもなく午前中は、枝払いや部屋の掃除などいつもと変わらぬかぐやの風景、
今日の昼食作りは、いつも月曜日に来てくれている督子さんが五周年という事で特別腕によりをかけて作ってくれた。こんな優しさがたまらなく嬉しく美味しいお料理にお腹がいっぱい、そして胸もいっぱいになってしまった。
午後からは、写真を見ながら昔の思い出話しに、花が咲きとっても和やかな午後のひと時になりました。