CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 2012年09月 | Main | 2012年11月»
所在地
《賛助会員募集》
天気予報
カテゴリアーカイブ
最新コメント
美保子
稲刈り日和 (10/25) 宮原
泥棒捕まる! (09/23) 牧田恵理
星六味噌のワークショップ (03/04) ねこぱんち
流し素麺 (07/07) S.K.
今日は大勢! (04/16)
Google

このブログの中から
CANPANの中から
<< 2012年10月 >>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
リンク集
さんわーく かぐや

さんわーく かぐやさんの画像
https://blog.canpan.info/kaguya-s/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/kaguya-s/index2_0.xml
月別アーカイブ
新潟遠征記 [2012年10月08日(Mon)]
 どうもこんにちは、無いはずの3階へ行った僕です。
今回遠征というか出張というかで3日から7日までまた鉢集落にお邪魔しました。というのも「絵本と木の実の美術館」で藤沢が誇る3人の若手芸術家とウクレレ作家が作品を展示することになり、そのお手伝いとして駆り出されたからです。

 今回作る作品の構想はずばり「土の階段」。土壁を作る要領で田んぼから運んだ土に藁と砂と水を混ぜるのですがこの配分が難しく、水が少ないと階段の土台にくっ付いてくれず、多いと後で割れてしまうのです。土を運ぶ、練る、投げ付けるというおよそ大人らしからぬ作業風景でしたが、なんとか三日目の午前中にはほぼ完成となりました。

IMGP0226.JPG


 また土曜日には「大カーニバル」と称してどうらくオルガンを囲んでのカレー・飲み物・グッズ屋さん、ワークショップ(竹の笛作り)、音楽の演奏、そして校庭に移って道楽神様炎上というイベントが行われました。征三さんの絵本の朗読の前に雨が強く降って予定より短くなってしまいましたが無事終了。いやー即興で森の熊さんをサックスで吹いてくれたり踊ってくれたり演奏も良かったですね。制作の方も助っ人のおかげで3日目の午後はイベントや他の人の制作を手伝えるぐらいの余裕を持って終えられました。今回藤沢チームとして参加して経験のない美大生の気分を味わえて、また”大人の文化祭”となり楽しめる部分もありましたが当分外泊はいいかな、なんて気もします…。(笑)

 最後に快く迎え入れて頂いた美術館のスタッフの方々、鉢集落の方々、唄と演奏をして頂いた方々、来て頂いたお客さん、今回関わった全ての方へありがとうございました。
 −かぐや・R−

参考リンク
絵本と木の実の美術館
http://www12.ocn.ne.jp/~ehon2009/index.html
ミティラー美術館
http://www.mithila-museum.com/
続きを読む・・・
異次元の世界 [2012年10月08日(Mon)]
写真.JPG昨年の九月、新潟の鉢と言う集落に五人で車で訪れた時の話である。
田島征三さんの「絵本と木の実の美術館」に向う途中から道に迷い始め、一度目に走った時はなかった道が二度目には広い道があったり、大きな穴を掘っていた工事現場が二度目に走った時はなかったりと狐に抓まれた様な感覚で美術館に着いたのだが、又それからがもっと不思議な体験を味わってしまった。三人で各教室を見学しながら、たどり着いたのが三階だったのだが、実はその廃校を使った「絵本と木の実の美術館」は、二階までしかなかったのである。しかし三人が階段を上り各教室を回っているうちに何かがおかしいと気付き、慌てて下に降りて来たらそこは一階で、他の二人が待っていた。
そのことを田島征三さんが信じてくれてそれをテーマに副理事長の藤田靖正を含め四人の作家が制作し、今月の六日から来月いっぱいまで企画展を開催しています。
何だかとても不思議で不思議でたまらなく、今ここに居る事すら別の世界にいる様な感覚におちいる時もある。
| 次へ