CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« お知らせ | Main | いつものかぐや»
所在地
《賛助会員募集》
天気予報
カテゴリアーカイブ
最新コメント
美保子
稲刈り日和 (10/25) 宮原
泥棒捕まる! (09/23) 牧田恵理
星六味噌のワークショップ (03/04) ねこぱんち
流し素麺 (07/07) S.K.
今日は大勢! (04/16)
Google

このブログの中から
CANPANの中から
<< 2020年10月 >>
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
リンク集
さんわーく かぐや

さんわーく かぐやさんの画像
https://blog.canpan.info/kaguya-s/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/kaguya-s/index2_0.xml
月別アーカイブ
田島征三さん [2011年11月15日(Tue)]
本日の午後は、絵本作家の田島征三さん達が訪ねて来て下さいました。
かぐやの竹をみながら、来年の大地の芸術祭の構想を練っております!
かぐやでも協力予定…

今は一緒に焼き芋を食べております。

かぐやの竹加工の道具や、製品をご覧頂きました。参考になる、と言って頂きました、良かった!


見学会 [2011年10月31日(Mon)]
今日は白浜養護学校のお母さま達が大勢見学に来て下さいました。
いつもはご案内するのは職員なのですが、今回はFさんがご案内致します。
少し緊張しながらも、自分の経験を交えながら上手に説明してくれました、
間違えたところは、かぐやメンバーからツッコミが入ります。。

そのあとは各メンバーが、竹細工の実演や畑仕事の話など、みんなの得意なお仕事をお話しています。

短い時間でしたが、みなさんにかぐやの活動を分かって帰っていただく事が出来たかな?
細かい説明よりも、かぐやの雰囲気を感じて帰っていただく事は出来たのではないかと思います。

入れ替わりで、千葉の大学の先生と、先日も美味しいパンを焼いて持ってきて下さった友田さんご夫婦がご見学に来て下さいました。今度は私(藤田靖正)がご案内、かぐやのメンバーは小さな収穫祭の準備です。
今日は、頑張って突いたかぐやのお米をいただきます!!
側では先日収穫した薩摩芋が炭の中で焼かれています。
今回も友田さんが焼かれた天然酵母のパンを焼いて持ってきて下さいました。秋空の下の食事会に心のこもった一品が追加です。
お客様もご一緒にゆったりしたお昼の時間が過ぎてゆきます。



うさぎ繋がり [2011年09月09日(Fri)]
かぐやで生葉の藍染めでお馴染みの泉田さちえさんと

お友達の兎のマークのお店を開いている松原香苗さんが来てくださいました!

ハーブ石鹸作りのワークショップに使われるという兎のまな板のご注文を頂きました!
頑張って作らせて頂きますねウサギ


兎のマークのお話や動物実験に使われる動物達の不幸なお話、素敵な石鹸のお話やハーブのお話聞かせてくださいました。

かぐやでもハーブの栽培を始めようと思っています、色々なアドバイス宜しくお願い致します。


ハーブ畑の予定地は現在草ぼうぼう!!
    こちらも頑張ろう。
パレード練習 [2011年09月04日(Sun)]
おっきいくまさんの試運転です。

ちびっ子は怖がっていますが、、

一週間後のパレードに向け最終調整。


パレードで会いましょう。
本日 [2011年08月23日(Tue)]
湘南台造形教室の方々が
サマーキャンプを行なっております。
お昼はかぐやのメンバーと一緒に流しそうめん。
前回より長さがパワーアップしています!
ティピテントもまたまた登場!!
造形教室の子供達は長い一日、熱射病にならないようにね〜。




鎮魂之貝さん [2011年06月21日(Tue)]
「パオ〜!パオ〜!!」

突然、あたりに汽笛のような音が鳴り響きました。


鎌倉に在住のご住職さんが、法螺貝(ほらがい)を持ってきて

みんなで奏でました。





唇と穴の密着度を確認しながら、

フーと息を吹き込みます。





実は、この貝は東北に流れ着いたもので

何か「鎮魂之貝」という使命を持った何かを感じ、

私も祈りを込めて吹かせていただきました。


体中に鳥肌が立つような響き、心の奥底に染み渡りました。


貝さん、このご縁にありがとうございます。



地震かるた〜いろはにほへと〜 [2011年06月20日(Mon)]
本日は昨年のかぐや祭りで、
素敵なファイアーパフォーマンスをしていただいた
ユニット「緒結火(おむすび)」の兵庫さん、友緒さんが
来てくれました!

実は、友緒さんのおじい様が生前情報収集していた
「地震前に起こる自然現象」を友緒さん達有志でカルタを
自作し、かぐやのみんなでカルタ大会をしよう!というのが
今回の目的でした。


最初は、地震雲やカルタについての説明です。



なあ〜んと48音、一文字ずつに自然現象が書かれているんですね。

たとえば「い」。

「いわしの大群川さかのぼる」


絵もついていて、自然へのアンテナを遊びで学ぶことが出来て、
後世に残すことが出来る素晴らしいものなんですよ!



それではさっそくカルタ大会スタート!

思った以上の俊敏さ!
みんなどんどんカルタをとっていきます。




おお〜!文字が読み上げられるごとにみんなも慣れてきて
どんどんヒートアップ炎





優勝者はRさん。10枚ゲットです!


これらの地震カルタの売り上げは、
東日本大震災の被災地直接支援金として、
活かされていきます。

想いが詰まり、子どもとも気軽に遊びにながら学べる
「地震カルタ」。

ご興味のある方はかぐやまで是非連絡くださいね。

実際に手に取り、遊んでみるとハマリます。



かぐやの見学。 [2011年05月18日(Wed)]
かぐやに二人、見学にきてくれました。


種まき、きぬさやの収穫をしてくれました。


バイクにまたがり、写真を撮ったり

波乗りもする龍さん

音楽活動もして何でも出来るお兄さんです。






二人目はNaokoさん

シンガーで絵描きさん、「癒される〜。」と連呼していました(笑)。




また遊びにきてくださいね〜。


面白い人たちが集うかぐや、

日々、素敵な輪が広がりますキラキラ
いつもと違う散歩コースで見つけた [2011年02月02日(Wed)]


新メンバー [2010年10月05日(Tue)]
 昨日に引き続き、調理実習
ではありませんでしたが、午前中はみんなでコロッケ作り









その横では、、





今月からのちょっと悪戯好きな新メンバー笑顔
かぐやの先輩が、頭を付き合せかぐやのルールをお話してくれています。
頼りになる先輩です!!これからの新メンバーの活躍お楽しみに!




午後は、かぐや祭りの準備です、
毎日がワクワク [2010年02月08日(Mon)]
かぐやには、毎日のようにお客さんが来てくれる。 
先日は、4人の子供さんを連れてわざわざ山梨から来てくれた。
小学4年を頭に3人の子供達が次から次へと玄関の扉を開けて入ってくるととんでもなく多く感じるが、我が家もかつては、こんな感じだったのかな〜と昔をなつかしく思い出してしまった。  
子供たちは、みんな学校へは、通わず自宅で勉強しているそうだが、毎日毎日お母さん一人で勉強を見ながら家事をこなし下の子の相手をしその合間に自然農法での野菜を育てているとの事。
どこからそんなパワーが出てくるのか不思議だが、もっと不思議な事があるらしい、ある日突然ピアノが弾けるようになったらしい、手が勝手に動きだして曲を奏で自分で弾こうと思うと動かなくなるそうだ。
お話を聴いているとどれもこれも驚く事ばかり!長男は、アイヌのお宅にホームステイしていたり、末っ子はインドで生まれたとか、何となくこのご家族の風貌が日本人離れしているのは、ワイルドな生き方から来ているのかなんて納得してしまった。しかしかぐやには、実に
いろんな人が来てくれる、今日もお坊さんをやりながら和楽の演奏活動をしている方が来てくれ今度かぐやで演奏を聴かせてくれるそうだ。かぐやに居ながらにしてこんなに毎日がワクワク出来るなんて、なんて幸せなんだろう・・・。
そして人と人との出会いがこんなに楽しいなんて改めて全ての人に感謝したくなってしまう・・・。

                         ありがとう!

3年目を迎え [2010年02月03日(Wed)]
2月1日はかぐやの、そして娘の誕生日でもある。この日はかぐや2周年を迎えいつもかぐやを支えて下さる方達に来て頂き総勢17名の方がかぐやに集まってくれた。特別おいしい料理をと前の日から準備し、テーブルの上に置ききれない程の絶品の味付けの料理の数々。
流石ペンションをやりたかったんだなんて言うほどお料理が大好きなトクコさん、おいしいね!おいしいね!の連発での食事風景、それをもっとおいしくして頂けたのは、藤門さんのピアノ演奏。昨年のクリスマスの時もピアノの演奏を聴かせてくれた、食事をしながら生演奏をきくなんて個人の家では、めったにあり得ない事、とんでもなく幸せを感じまだまだ2年しか経っていないのに多くの多くの出会い、そしてこんな素敵な人達に支えられながらかぐやも3年目を迎える事ができた。
とっても嬉しい言葉を何人もの人が言ってくれる。
かぐやの玄関に入るだけで流れている空気が違うよ!
かぐやって何だか部屋にいるだけで癒されるね!
かぐやって皆が家族みたいだね!
この日は、涙をこらえるのがやっとだった。