CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
«蝶野○洋か、はたまたキアヌ・リー○スか | Main | 見学会»
所在地
《賛助会員募集》
天気予報
カテゴリアーカイブ
最新コメント
美保子
稲刈り日和 (10/25) 宮原
泥棒捕まる! (09/23) 牧田恵理
星六味噌のワークショップ (03/04) ねこぱんち
流し素麺 (07/07) S.K.
今日は大勢! (04/16)
Google

このブログの中から
CANPANの中から
<< 2020年10月 >>
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
リンク集
さんわーく かぐや

さんわーく かぐやさんの画像
https://blog.canpan.info/kaguya-s/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/kaguya-s/index2_0.xml
月別アーカイブ
My米作りで天手古舞 [2011年10月29日(Sat)]
今日の湘南台ファンタジアのワークショップ「籾摺り道場」、
午前中がたった二人のお客さんで閑散とした雰囲気だったのがうそのように、
午後はたくさんの小学生とそのご家族を中心に大変好評を博し、大人気となりました。
(途中から体験参加は無料にしたのもありますが;笑)

「ぼくもやるー」「わたしもやりた〜い」
まさかこんなに人気が出るとは思いませんでした。
お昼すぎぐらいからずっとおしゃべりしながら楽しく参加してくれていた、
湘南台小学校2年生の女の子二人組みが良い呼び込み役になってくれたようです。
しかしこれだけあれば十分だろうと思っていた
瓶が足りず、棒が足りず、笊が足りず、人手が足りず。。Orz

でも参加してくれた人がみな真剣に、夢中に、そして無心でひたすら籾殻と闘ってくれました。
「疲れた?お母さんが代わろうか?」 「うん」
親子の絆まで深まったようです。。

「おれ、超速でやるもんね!」と威勢の良い声も聞こえました。
これだけ好評だとこちらも嬉しくなってしまいます。
順番待ちで待たせちゃった子、ごめんね!
ちびっ子には新鮮で、年配者には懐かしい。
かぐやのブースは世代を繋ぐ不思議な異空間となっていました。

個人的な反省点は玄米の展示販売をしなかった事と、
籾を瓶ではなくペットボトルに入れて予め用意しておけば、
最後にそのまま手渡せるから良かったな〜と思いました。
お米も200gにして「体験無料・お持ち帰り100円」にするとか。。
あとあまり個別に対応する時間が取れず、
かぐやの活動内容をほとんど紹介できなかった;のは
人手不足のせいもありますかね。
【展示会&ワークショップの最新記事】
トラックバック
ご利用前に必ずご利用規約(別ウィンドウで開きます)をお読みください。
CanpanBlogにトラックバックした時点で本規約を承諾したものとみなします。
この記事へのトラックバックURL
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
トラックバックの受付は終了しました