• もっと見る

日本科学協会が"今"やっていること

お役立ち情報、楽しいイベントやおもしろい出来事などを紹介しています。是非、ご覧ください。


<< 2022年08月 >>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
プロフィール

日本科学協会さんの画像
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
talking to (04/17)
shapex2.net (04/15)
KetoGenic BHB (04/15)
リンク集
https://blog.canpan.info/kagakukyokai/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/kagakukyokai/index2_0.xml
先輩研究者のご紹介(中村 大輝さん) [2022年08月15日(Mon)]
 こんにちは。科学振興チームの豊田です。
 本日は、2020年度に「理科の問題解決における仮説設定の質と深い学びに関する研究」という研究課題で笹川科学研究助成を受けられた、広島大学所属の、中村 大輝さんから助成時から最近の研究について、コメントを頂きました。

<中村さんより>
 さて、皆さんは小・中学生のころ、理科の勉強は好きだったでしょうか?全国的な調査の結果からは、小学生の8割以上が理科好きであるのに対して、中学生では6割程度にとどまるということが明らかになっています。しかし、小学生であっても科学的に考えることが好きというわけではなく、実験をアクティビティとして楽しんでいるに過ぎないという批判もあります。実験に先行して仮説が設定されなければ、実験は目的意識を失ったただの遊びに成り下がってしまいます。それにもかかわらず、義務教育を通して仮説設定の指導に時間が割かれることは少ないという実態があります。
 このような現状を踏まえ、私は笹川科学研究助成を受けて、理科の授業における仮説設定の場面に着目し、仮説設定の指導に時間を割くことの効果について検討しました。方法としては、日本全国で行われている様々な理科授業の指導法とその後の学力のデータを収集し、メタ分析という手法で統合した上で、以下のような指導法ごとの学力向上効果のランキングを作成しました。すると、学習者が主体的に仮説を設定する活動を重視した指導法が学力向上に相対的に高い効果を発揮することが明らかになりました(中村ら,2020)。

画像1.jpg

 その後の研究では、学習者が仮説を設定する中で自然現象に内在する変数に着目するようになり、科学的思考力の向上に貢献することが徐々に明らかになってきています。新しい時代の理科教育を受ける子供たちは、先生や教科書から与えられた実験をただ実施するのではなく、自らが見出した問題に対して仮説を立てた上で、科学的に探究していくことが期待されています。
 私の専門である科学教育・理科教育は、自然科学との関連が深い学問領域でありながら、分類上は人文・社会科学に位置づけられるため、自然科学と比べて利用できる助成金などが限られています。そのような中で、笹川科学研究助成のように人文・社会科学も対象とした助成事業の存在は大変貴重でありがたいものです。申請に際しては、過去の採択された研究課題名や選考総評を参考にして、専門外の方にも研究の魅力を伝えられるよう工夫しました。採択後は、新型コロナウイルスの影響により研究計画や予算の使い方の変更を余儀なくされたものの、日本科学協会の方はこれらの変更の相談に真摯に対応してくださいました。助成事業を通して貴重な機会を与えていただいたことに心から感謝申し上げます。

*文献
中村大輝, 田村智哉, ... & 松浦拓也. (2020). 理科における授業実践の効果に関するメタ分析―教育センターの実践報告を対象として―. 科学教育研究, 44(4), 215-233.
<以上>

 インターネットの発達等により簡単に答えを検索できるようになり、仮説を立てて考えるといったことが疎かになっているように感じます。子供たちの学力向上のためにも、研究を続けていただきたいと思います。
 また、笹川科学研究助成では幅広い分野の研究を募集しております。分野を跨がる研究も、複合系として募集しておりますので、皆様もぜひ申請してみてください。

 日本科学協会では過去助成者の方より、近況や研究成果についてのご報告をお待ちしております。最後までお読みいただき、ありがとうございました。
Posted by 公益財団法人 日本科学協会 at 11:43 | 笹川科学研究助成 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
「身近な天気のサイエンス実験体験」を開催いたしました! [2022年08月15日(Mon)]

 2022年8月8・9日、港区立みなと科学館の実験室で、小学校3年〜中学生を対象に「身近な天気のサイエンス実験体験」イベントを開催いたしました。
(主催:公益財団法人日本科学協会、共催:港区立みなと科学館)

 講師は名越利幸先生(岩手大学名誉教授)で、大学生のアシスタントと共に身近な材料を使って雲を作ったり、雨を降らす実験を行いました。2日間で4回実験教室を開催しましたが、すべて満席で、子どもと保護者が一緒に実験を楽しみ、天気についての知識を深めました。

IMG_9812.jpg
名越利幸先生(岩手大学名誉教授)

IMG_9872.jpg
実験道具は身近なものばかり

 今回共催していただいた、「港区立みなと科学館」は2020年6月、「まちに息づく科学の発見と探究」をコンセプトにできた科学館です。2階には防災についても学ぶことができる気象館、プラネタリウムなどを併設しており、楽しみながら科学を身近に感じることができる科学館です。

IMG_9755.jpg
我が国最初の公立小学校である東京府小学第一校の流れを汲む
旧港区立鞆絵(ともえ)小学校の由緒ある跡地
Posted by 公益財団法人 日本科学協会 at 11:41 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
「第13回サイエンスメンタープログラム研究発表会」を開催しました! [2022年08月12日(Fri)]

 2022年8月7日に第13回サイエンスメンタープログラム研究発表会をオンラインで開催しました。以下の5課題が発表され、現在優秀賞を選考中です。

 当日はサイエンスメンタープログラムを修了したOB・OGがファシリテーターとしてご協力くださいました。

■発表課題、メンティ/メンター■(敬称略)

 1「植物種子抽出液の浄化作用」
  東京都立立川国際中等教育学校 小川 友希/東邦大学 齋藤 敦子・村本 哲哉/大坂 雄一郎

2 「黒星病について」
  青森県立八戸高等学校 野澤 さくら・河原木 茉洋・沢村 紋音/りんご研究所 平山 和幸

3「高齢者ドライバー運転支援アプリの開発」
  兵庫県立小野高等学校 小林 麟太郎/東京理科大学 和田 正義

4「クロマルハナバチ(Bombus ignitus)の雄蜂でみられる倍数化が行動に及ぼす影響」
  安田学園高等学校 青山 庵/大阪公立大学 渕側 太郎

5「Zn金属葉〜成膜のコントロールと構造解明〜」
  茨城県立水戸第二高等学校 臼井 智加・遠藤 理紗/元TDK株式会社 丸山 哲

IMG_9750(川村さん、三井さん、遠田さん).jpg
 ファシリテーターの川村さん、三井さん、遠田さん、ありがとうございました!


 ※サイエンスメンタープログラムは、中学生・高校生(メンティ)が自分自身で研究を進めていく過程で、大学教員などの専門家(メンター)の助言を受けることができるプログラムです。(随時募集中)
詳細→https://www.jss.or.jp/fukyu/mentor/application.html
Posted by 公益財団法人 日本科学協会 at 09:29 | サイエンスメンタープログラム | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
「データ集録・解析ワークショップ」を開催しました! [2022年08月10日(Wed)]
 
 2022年8月6日、中高生を対象として「データ集録・解析ワークショップ」を開催しました。コロナ禍のためオンラインでの開催となりましたが、全国の中高生がオンラインで参加しました。

 講師は、野口尚史先生(同志社大学准教授)、小山志穂里先生(企業研究所研究員)です。 運営協力スタッフとして、サイエンスメンタープログラムを修了した大学生のOBが、参加者からの問い合わせに対応しました。

 ワークショップでは、Raspberry Pi 400で身のまわりの現象を測定することにチャレンジしました。Sense HAT、Jupyter Notebookを使って測定した温度と湿度のデータ、磁場の測定データを解析し、考察しました。

IMG_9732.jpg
Raspberry Pi 400

 9月18日、19日にもRaspberry Pi 3B+を使ったワークショップを開催予定です。(申込は8月23日から)ご興味のある方はお申し込みをお待ちしております。
https://www.jss.or.jp/fukyu/mentor/statistics.html

※本事業は、「こどもゆめ基金助成活動」です。
Posted by 公益財団法人 日本科学協会 at 16:23 | サイエンスメンタープログラム | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
先輩研究者のご紹介(中山 絵美子さん) [2022年08月01日(Mon)]
 こんにちは。科学振興チームの豊田です。
 本日は、2020年度に「超音波画像装置を用いた寝たきり高齢者の尿路感染症の早期発見方法の開発」という研究課題で笹川科学研究助成を受けられた、東京大学大学院医学系研究科所属の、中山 絵美子さんから助成時の研究について、コメントを頂きました。

<中山さんより>
 東京大学大学院医学系研究科老年看護学分野の中山です。大学院では、年を取るのも悪くないと思える社会を目指し、高齢者のための新しいケアの確立に取り組んでいました。
 高齢者が抱える身体的問題は非常に多くありますが、本研究ではQOL低下に直接影響を及ぼす下部尿路症状、そしてそれらの症状に対する排尿ケアに着目しました。臨床での排尿ケアでは非侵襲的なエコーを用いた膀胱内尿量計測が推奨されており、通常患者が仰臥位の状態で実施されます。本研究では、座位と立位におけるエコーを用いた膀胱内尿量推定式の検討を行いました。
 20-70歳代の健常者65名に対して、座位と立位で膀胱エコー観察を実施し、仰臥位時と同様の膀胱内尿量推定式を用いて算出した推定尿量値と真値の関係をみることで、推定式の精度を検討し、座位と立位ともに仰臥位同様の膀胱内尿量推定式を適用できることを明らかにしました。

エコー画像例.png
図 エコー画像例

 私は現在病院で看護師として勤務しており、臨床現場における尿路感染症の有病率の高さ、そして重症化を予防することの重要性を、身をもって実感しています。また、実際に臨床でもエコーを使用して膀胱内尿量を計測する場面は多くあり、自身の研究の意義を改めて感じることができました。
 笹川科学研究助成は、大学院生でも応募可能な研究助成です。新型コロナウイルスの流行に伴い、研究テーマの変更を余儀なくされた際も、研究計画の修正に迅速に対応していただき、安心して研究に専念することができました。
 改めまして、このような研究の機会をくださいました日本科学協会の皆様、並びに研究協力者の皆様に深く感謝申し上げます。
 今後は、本研究の成果を論文や学会発表などで発信していくとともに、本研究から得た知見を臨床現場でも役立てていきたいと思います。
<以上>

 高齢化社会となった日本では、非常に重要な研究だと思います。このような基礎研究の積み重ねが、臨床現場でも役立つ知識となるのだと思います。良い研究成果が出るよう、陰ながら応援させていただきます。

 日本科学協会では過去助成者の方より、近況や研究成果についてのご報告をお待ちしております。最後までお読みいただき、ありがとうございました。
Posted by 公益財団法人 日本科学協会 at 09:12 | 笹川科学研究助成 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)